動画の年齢制限に対する再審査請求

YouTube コミュニティ ガイドラインでは、YouTube への投稿が認められているコンテンツと認められていないコンテンツについて説明されています。これらの規則はいわば「交通ルール」であり、すべての動画で遵守する必要があります。これらのガイドラインに違反している動画は削除されます。YouTube のポリシーに違反していなくても、すべてのユーザーにふさわしいとはいえない動画もあります。そのような動画には年齢制限が設けられます。コンテンツに年齢制限を設けるかどうかを判断する際、YouTube では、暴力、不快な描写、ヌード、性的なニュアンスを含むコンテンツ、危険な行為や不正な行為などが動画に含まれていないかどうかを検討します。

動画に年齢制限が設けられている場合、動画を再生する前に警告画面が表示されます。このようなコンテンツを見ることができるのは、18 歳以上のユーザーのみです。こうした動画をユーザーが偶然見つけることのないようにするため、年齢制限が設けられた動画は YouTube の特定のセクションには表示されません。

動画の年齢制限に対する再審査請求

YouTube ユーザーは年齢制限に対して再審査請求を行うことができます。お客様の動画が年齢制限の対象となった場合は、アカウントの [動画の管理] ページで年齢制限の対象となった動画の横にある [申し立て] リンクをクリックすることで、再審査を請求できます。YouTube チームで再審査請求の内容を検討し、必要に応じて適切な措置をとらせていただきます。なお、動画の年齢制限について再審査を請求できるのは 1 回のみです。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。