@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

動画の年齢制限に対する再審査請求

YouTube コミュニティ ガイドラインでは、YouTube への投稿が認められているコンテンツと認められていないコンテンツについて説明されています。これらの規則はいわば「交通ルール」であり、すべての動画で遵守する必要があります。これらのガイドラインに違反している動画は削除されます。YouTube のポリシーに違反していない動画であっても、18 歳未満の視聴者にとってふさわしいとはいえない場合があります。そのような動画には年齢制限が設けられます。コンテンツに年齢制限を設けるかどうかを判断する際は、以下の点が考慮されます。

  • 暴力
  • 不快感を与える映像
  • 性的内容を示唆するコンテンツ
  • ヌード
  • 危険な行為や不正な行為

動画に年齢制限が設けられている場合、動画を再生する前に警告画面が表示されます。このようなコンテンツを見ることができるのは、18 歳以上のユーザーのみです。こうした動画を視聴者が偶然見つける可能性を低くするため、年齢制限が設けられた動画は YouTube の特定のセクションには表示されません。年齢制限が設定された動画は、YouTube 外の一般的なウェブサイトでは視聴できません。それらの動画を再生しようとすると、視聴者は YouTube にリダイレクトされます。

動画の年齢制限に対する再審査請求

クリエイターは年齢制限に対して異議を申し立てることができます。動画に年齢制限が設定された場合は、アカウントの動画ページでこの制限に異議を申し立てることができます。年齢制限の対象となった動画の横にある [申し立て] リンクをクリックしてください。YouTube チームで再審査請求の内容を検討し、必要に応じて適切な措置をとらせていただきます。なお、動画の年齢制限について再審査を請求できるのは 1 回のみです。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false