検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

コメントの管理と確認

動画へのコメントを有効にすると、コメントを管理するためのツールを使用できるようになります。詳しくはコメントを有効にする方法をご覧ください。

非公開の動画にはコメントを入力できません。一般公開しない動画でコメントを入力できるようにしたい場合は、動画を非公開ではなく限定公開に設定してください。

コメントの削除、報告、非表示

誰かが動画にコメントするとお知らせが届きます。コメントを管理するには、右上のメニューアイコン その他のメニュー をクリックします。

  • 削除: コメントと返信を YouTube から削除します。
  • スパムや不正行為を報告: スパムや不正行為と思われるコメントを YouTube チームに報告します。
  • チャンネルに表示しない: チャンネルの動画への該当ユーザーによるコメント投稿をブロックします。ブロックを解除したい場合は、[コミュニティの設定] の非表示のユーザーリストからそのユーザーを削除することもできます。

コメントを承認待ちにして確認する

すべてのコメントを承認待ちにする

すべての新しいコメントについて、承認するまで動画またはチャンネルに投稿されないように設定することができます。

  1. [動画の管理] で目的の動画を探します。
  2. 動画の下の [編集] をクリックします。
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. [コメントを許可] で [承認制] を選択します。
不適切な可能性があるコメントを保留して確認する
この機能は現在ベータ版で、一部の YouTube チャンネルでのみご利用いただけます。

不適切な可能性があるコメントは、確認のために保留することができます。この機能を有効にすると、YouTube のアルゴリズムにより識別されたコメントが [確認のために保留中] キューに表示されます。保留されたコメントを承認する、非表示にする、報告するなどの判断をクリエイター自身で行うことができるため、チャンネルで簡単にコメントを管理できるようになります。

確認のためにコメントを保留にするには、動画に対してこの機能を有効にする必要があります。

既存の動画のコメントを有効にする

  1. YouTube アカウントにログインします。
  2. 動画に移動し、[詳細設定] タブを選択します。
  3. [コメントを許可] セクションで、プルダウン メニューから [不適切な可能性があるコメントを除くすべて] を選択します。

新しい動画やチャンネルのコメントを有効にする

  1. YouTube アカウントにログインします。
  2. アカウント アイコン > [クリエイター ツール] をクリックします。
  3. 左側のメニューで [コミュニティ] > [コミュニティの設定] を選択します。
  4. [デフォルト設定] セクションまで下にスクロールします。
  5. 動画やチャンネルに対して [不適切な可能性があるコメントを保留して確認] を選択します。
スパムとしてフィルタリングされたコメントを確認する

スパムと思われるコメントが投稿された場合は、確認してから承認または削除できます。

  1. [クリエイター ツール] を開きます。
  2. 左側のメニューで [コミュニティ] > [コメント] を選択して [コメント] に移動します。
  3. [スパム] タブをクリックします。
確認待ちのコメントを確認する
  1. 左側のメニューで [コミュニティ] > [コメント] を選択して、チャンネルの [コメント] タブに移動します。
  2. [確認のために保留中] タブを選択します。
  3. [自動的に保留] のタグが付けられた、保留中のコメントの全一覧が表示されます。
  4. 各コメントについて、承認、非表示、または報告を選択します。

保留中のコメントを確認して操作を選択すると、そのフィードバックがシステムによって自動的に考慮され、確認のために保留するコメントのタイプを識別する精度が高くなります。時間が経つにつれ、コミュニティのコメントを確認するのに必要な労力は少なくなります。

コメントのモデレーターを招待する

YouTube チャンネルを所有している他のユーザーをコメントのモデレーターとして招待することができます。詳しくは、チャンネルに投稿されたコメントのモデレーターを追加する方法をご覧ください。

コメントを積極的に管理するうえで役立つその他のフィルタリング ツールの使用方法をご確認ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。