@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

RTMPS を使用して配信を暗号化する

YouTube ライブは、RTMPS(一般的な RTMP 動画配信プロトコルの安全な拡張仕様)を使用して配信できます。RTMPS を使用すると、データは常に暗号化されて Google サーバーを通過するため、サービスとの通信が傍受されなくなります。

RTMPS を使用して YouTube ライブを配信するには、互換性のあるエンコーダを使用する必要があります。

エンコーダを設定する方法

1. YouTube への RTMPS 取り込み向けプリセットを確認する

エンコーダを最新バージョンに更新し、YouTube の RTMPS 向け設定が含まれているかを確認します。

エンコーダに YouTube の RTMPS 向けプリセットがない場合は、手順 2 の「取り込み URL を設定する」に進みます。

2. 取り込み URL を設定する

YouTube で RTMP と RTMPS に使用される URL は非常によく似ています。RTMP の URL を RTMPS の URL に変更するには、2 つの文字を追加するだけです。

  • RTMP: rtmp://a.rtmp.youtube.com/live2
  • RTMPS: rtmps://a.rtmps.youtube.com/live2

2 つの取り込みストリームの場合でも変更箇所は同じです。「rtmp://」を「rtmps://」、サーバー名の「rtmp」を「rtmps」に変更します。

RTMPS でのストリームキーは、RTMP の場合とまったく同じです。ストリームキーを取得するには、YouTube ライブ管理画面(http://youtube.com/livestreaming)にアクセスします。ライブ管理画面では、デフォルトで通常の RTMP URL が表示されますが、RTMPS URL を使用するようにしてください。

3. RTMPS 設定を終了する

以下を使用します。

  • プロトコル: RTMPS
  • サーバー: a.rtmps.youtube.com
  • アプリ: live2
  • ポート: 443(これは RTMPS 用のデフォルトのポートですが、必ずしもすべてのエンコーダが使用しているわけではありません)

配信の 2 つ目のコピー(バックアップ コピー)を送信する場合は同じ設定を使用しますが、サーバーを「b.rtmps.youtube.com」に設定し、アプリを「live2?backup=1」に変更してください。

トラブルシューティング

SSL エラー

「RTMP サーバーが無効な SSL 証明書を送信しました」といったエラーが表示される場合、以下の手順をお試しください。

1. サーバー URL が正しいことを確認する

その後、エンコーダが以下に接続されていることを確認します。

rtmps://a.rtmps.youtube.com/live2

プロトコルとサーバーが、rtmp ではなく rtmps であることを確認してください。

2. ポート番号を指定する

SSL エラーが発生しているが、URL は正しいと思われる場合、お使いのエンコーダでは RTMPS を使用する際にポート番号の指定が必要になることがあります。その場合は、この URL を使用してみてください。

rtmps://a.rtmps.youtube.com:443/live2

または、エンコーダの設定オプションでポート番号を指定できる場合は 443 と入力します。

エンコーダで別のポート番号が必要な場合は、フィードバックでお知らせください。

接続がタイムアウトした

「サーバーに接続できませんでした。接続がタイムアウトしました」といったエラーが表示された場合は、以下の手順をお試しください。

1. サーバー URL が正しいことを確認する

その後、エンコーダが以下に接続されていることを確認します。

rtmps://a.rtmps.youtube.com/live2

プロトコルとサーバーが、rtmp ではなく rtmps であることを確認してください。

2. エンコーダが RTMPS に対応しているかを確認する

引き続き問題が発生する場合、エンコーダが RTMPS に対応していない可能性があります。お使いのエンコーダのドキュメントを再確認してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false