@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

RTMPS を使用して配信を暗号化する

YouTube ライブは、RTMPS(一般的な RTMP 動画配信プロトコルの安全な拡張仕様)を使用して配信できます。Transport Layer Security(TLS / SSL)を介した RTMP 接続であり、暗号化が行われます。

ご利用の前に

お使いのエンコーダが RTMPS に対応しているかを確認します。また、YouTube のライブ配信の基本を把握しておく必要があります。

1. YouTube の RTMPS プリセットを確認する

エンコーダを最新バージョンに更新し、YouTube の RTMPS 向け設定が含まれているかを確認します。

YouTube の RTMPS プリセットが表示される場合は選択します。ライブ管理画面からストリームキーの入力が必要になる場合もあります。これで配信する準備が整いました。

エンコーダに YouTube の RTMPS プリセットがない場合は、「サーバー URL を設定する」に移動します。

2. サーバー URL を設定する

RTMPS URL はライブ管理画面で確認できます。デフォルトで通常の RTMP URL が表示されますが、RTMPS URL を使用するようにしてください。

  1. YouTube ライブ管理画面を開きます。
  2. [エンコーダ配信] タブをクリックするか、新しい配信のスケジュールを設定します。
  3. [ライブ配信の設定] で [ストリーム URL] の項目の鍵アイコンをクリックし、RTMPS URL を表示します。
  4. [ストリーム URL] をコピーします。
  5. URL をエンコーダに入力します。
  6. ライブ管理画面から YouTube のストリームキーをコピーし、お使いのエンコーダに貼り付けます。

トラブルシューティング

SSL エラー

「RTMP サーバーが無効な SSL 証明書を送信しました」といったエラーが表示される場合、以下の手順をお試しください。

 

1. サーバー URL が正しいことを確認する

サーバー URL を設定する」の手順に沿ってサーバー URL が正しいことを確認します。プロトコルとサーバーはどちらも、rtmp ではなく rtmps でなければなりません。

 

2. ポート番号を指定する

SSL エラーが発生しているが、URL は正しいと思われる場合、URL にポート 443 を指定してみてください。ライブ管理画面で確認したサーバー URL を、次の例のように更新する必要があります。

rtmps://exampleYouTubeServer.com:443/stream

 

または、エンコーダの設定オプションでポート番号を指定できる場合は 443 と入力します。

接続がタイムアウトした

「サーバーに接続できませんでした。接続がタイムアウトしました」といったエラーが表示された場合は、以下の手順をお試しください。

 

1. サーバー URL が正しいことを確認する

サーバー URL を設定する」の手順に沿ってサーバー URL が正しいことを確認します。

 

プロトコルとサーバーはどちらも、rtmp ではなく rtmps でなければなりません。

 

2. エンコーダが RTMPS に対応しているかを確認する

引き続き問題が発生する場合、エンコーダが RTMPS に対応していない可能性があります。お使いのエンコーダのドキュメントを再確認してください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false
false