通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

YouTube アプリに関するプライバシーの基礎を理解する

インターネットにおけるユーザーの安全確保は YouTube の最重要事項です。YouTube が使用するデータについて明確にすると同時に、ユーザー自身でデータの選択や管理が行えるように取り組んでいます

Google と YouTube にご提供いただくデータは、ご自身がサービスを利用する際のユーザー エクスペリエンスの向上のために使用されます。YouTube のプライバシー設定は、[YouTube でのデータ] または Google アカウントから、ユーザーご自身で管理していただけます。

アカウントにリンクされたデータの使用目的

YouTube は、過去に視聴した動画をリマインドしたり、ユーザーの好みに合ったおすすめや検索結果を表示したりするなど、ユーザーにとっての利便性を高めるためにデータを使用しています。また、ユーザーのアクティビティや情報は、YouTube やその他の Google サービスにおいて広告をカスタマイズするためにも使用されます。アクティビティ データは、[YouTube でのデータ] で管理したり、オフにしたりできます。

集計データの使用目的

継続的にサービスを改善するために、匿名化された集計済みの YouTube データを使用して、すべてのユーザーにとっての利便性向上に取り組んでいます。例として、診断を利用した YouTube アプリの健全性の把握、バグの修正、スピードやパフォーマンスの向上が挙げられます。

ユーザーによるプライバシーおよびセキュリティの管理をサポートするための機能

プロアクティブなツールで設定を管理できるようにしたり、Google サービスで簡単に設定を使えるようにしたりするなど、ユーザー自身で YouTube のプライバシーとセキュリティを管理できるようにする取り組みに、継続して力を入れています。たとえば、自動削除などのデータ最小化ツールを提供して、一定時間が経過したら自動的にデータが削除されるよう選択できるようにしています。アクティビティ データは、[YouTube でのデータ] で管理できます。

検索履歴と再生履歴の使用目的およびユーザーが自分で管理する方法

YouTube は、ユーザーの視聴体験向上の目的で検索履歴と再生履歴を使用しています。視聴体験の向上とは、たとえば最近視聴した動画を簡単に見つけられるようにしたり、おすすめの動画の精度を上げたりすることです。また、ユーザーに関連性の高い、有用な広告を表示するためにも、検索履歴と再生履歴を使用します。[YouTube でのデータ] で検索履歴と再生履歴の確認や削除を行うことで、おすすめや広告の関連性をより高めることができます。再生履歴があまりない場合、再生履歴に基づく YouTube のおすすめ機能(YouTube トップページのおすすめなど)は無効になります。
[YouTube でのデータ] にアクセスすると、Google アカウントに保存されているアクティビティ データを管理することができます。また、YouTube でのアクティビティを確認、削除することもできます。

位置情報の使用目的

YouTube は、現在地に関連するおすすめや検索結果を表示するために、IP アドレスから推定したユーザーのおおよその現在地などの位置情報を使用することがあります。たとえば、YouTube でニュースや天気を検索すると、おおよその現在地で話題になっているニュースや天気が検索結果に含まれるようになっています。また、動画をアップロードする場合、動画をアップロードする際のおおよその現在地や、動画にタグ付けした場所などの位置情報も、コンテンツを現地のユーザーにおすすめするために使用されることがあります。

おおよその地域は約 2.6 平方キロメートル以上の広さで、1,000 人以上のユーザーがいるため、個人が特定されることはありません。むしろ、おおよその地域はプライバシーの保護に役立ちます。また、郊外であれば約 2.6 平方キロメートルよりもはるかに広くなります。

ロケーション履歴の表示、消去、無効化、または自動削除の選択は [YouTube でのデータ] で行えます。

YouTube でより有益な広告が表示されるようにするなど、Google 全体で位置情報が使用される仕組みについて、詳細をご確認ください。

検索に地名を追加して付近のコンテンツを見つける

特定の情報を探しても関連する検索結果が表示されない場合は、「東京の天気」など、地名を追加してみてください。

広告のカスタマイズに使用するデータとアクティビティを管理する

Google アプリを使用する際は、広告のカスタマイズに使用できるデータやアクティビティを管理したり、広告のカスタマイズを完全に無効にしたりできます。広告のカスタマイズに使用するデータは、広告設定で簡単に管理できます。このデータには、アクティビティから推測されるユーザーの興味や関心、Google で広告を配信する他の広告主に対してユーザーが以前に行った操作、Google アカウントに追加した情報などが含まれます。

Google アカウントにログインすれば、広告設定を使用して、広告をどのようにカスタマイズするかを管理できます。また、カスタマイズされた広告を完全に無効にすることもできます。

Google 広告とデータについて詳しくは、セーフティ センターをご覧ください。

個人情報の使用目的

個人情報には、名前や写真などの情報が含まれます。Google アカウントの個人情報管理機能を使用して、Google の全サービスで公開する個人情報の内容を選択できます。広告によっては、メールアドレスや電話番号などの追加情報を入力するフォームが表示されることもありますが、これは任意であり、YouTube の利用を続けるうえで必須のものではありません。

YouTube がユーザーの個人情報を販売することはありません。

Google がユーザーの個人情報を他者に販売することはありません。YouTube は、YouTube のサービスをユーザーに合わせてカスタマイズするために、収集した情報を使用します。たとえば、おすすめ情報を表示する、検索結果をカスタマイズする、関連性の高い広告を表示するなどの目的で使用します。このような広告から得た利益は、Google がサービスを開発し、それを無料で提供するために役立てられています。ユーザーの個人情報を販売目的で収集しているわけではありません。

ユーザーがアップロードするコンテンツ(動画や写真など)の使用目的

ユーザーがアップロードを選択したコンテンツのみ YouTube で保存され、YouTube チャンネルにリンクされます。このコンテンツを誰が視聴できるかは、動画をアップロードする際に選択するプライバシー設定に基づいて決まります。動画のプライバシー設定に基づいて、アップロードしたコンテンツが他の視聴者に表示されたり、おすすめされたりします。動画のプライバシー設定を変更する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。パソコンまたはモバイル デバイスの YouTube Studio でコンテンツを管理および編集する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

ユーザーが動画を削除した後のコンテンツや関連データの取り扱い

YouTube から動画を削除すると、その動画は完全に削除されます。削除した動画は後から復元できず、YouTube 内で検索できなくなります。動画に関連するデータ(総再生時間など)は引き続き集計レポートに含まれます。パソコンまたはモバイル デバイスの YouTube Studio でコンテンツを管理および編集する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。動画の削除や置き換え方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

YouTube チャンネルを削除した場合

ユーザーはいつでも自分の YouTube チャンネルを閉鎖または削除できます。自分のチャンネルを閉鎖または削除すると、すべての動画、コメント、メッセージ、再生リストなどのコンテンツが完全に削除されます。また、コメントの投稿やコンテンツの公開はできなくなります。

YouTube および Google でのデータの取り扱い方法について詳しくは、プライバシー ポリシーをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー