@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

YouTube で HDR 動画を配信する

YouTube で HDR 動画を配信する

YouTube ライブでは、ハイ ダイナミック レンジ(HDR)動画を配信できます。HDR で配信すると、徐々に増加している HDR 対応デバイスの視聴者に対して、より鮮やかでリアルな色の映像を提供できます。

YouTube ライブで HDR を配信するには、対応する HDR コンテンツを制作し、互換性のあるエンコーダを使用する必要があります。

HDR ゲーム コンテンツのライブ配信

HDR ゲーム コンテンツをライブ配信するには、以下を行う必要があります。

  • HDR 出力に対応するゲームをプレイする。
  • ゲームの設定で HDR を有効にする。
  • HDR 対応のモニターまたはテレビを使用する。
  • 互換性のあるエンコーダを使用する。

他の HDR 動画コンテンツのライブ配信

他の HDR 動画コンテンツをライブ配信するには、以下を行う必要があります。

  • 互換性のあるエンコーダを使用する。
  • PQ 方式または HLG 方式のいずれかの HDR 動画に対応するカメラを使用する。これらの方式に対応しているかどうかについては、お使いのカメラの説明書でご確認ください。

互換性のあるソフトウェア エンコーダ

Mirillis Action!

Mirillis Action! で HDR をエンコードするには、バージョン 4.12.2 以降を使用し、また以下のいずれかの互換性のあるグラフィック カードを使用します。

  • NVIDIA GeForce GTX 10 シリーズ以降。
  • AMD Radeon RX 5700 以降。
  • Intel 第 10 世代以降のグラフィックス。

Mirillis Action! を設定して YouTube ライブ HDR と連携させるには:

  1. Action! から YouTube アカウントにログインしていることを確認します。
  2. Action! の録画タブに移動します。
  3. [Hardware acceleration(ハードウェア アクセラレーション)] で [HDR10] を選択します。
  4. [Live Streaming(ライブ ストリーミング)] タブで YouTube をストリーミング サービスとして選択します。
  5. 配信を開始すると、Action! によってブロードキャストが自動で作成されます。

また、ライブ管理画面でブロードキャストを作成して管理することもできます。

  1. ライブ管理画面に移動します。
  2. ライブ配信の作成または管理を行います。
  3. ストリームキーが [可変ビットレート](デフォルト)に設定されていることを確認します。
  4. ストリームキーをコピーします。
  5. Action! でカスタム ストリーミング サービスを選択します。
  6. [Server / URL(サーバー / URL)] で以下の URL を入力し、「STREAMKEY」を自分の YouTube ストリームキーに置き換えます。
    https://a.upload.youtube.com/http_upload_hls?cid=STREAMKEY&copy=0&file=
  7. 個別の [Stream key(ストリームキー)] 設定は空白のままにします。

: Action! は、一部の古い HDR ゲームに対応していない可能性があります。

: エンコードできるのは、デバイスが対応しているフォーマットのみです

互換性のあるハードウェア エンコーダ

一般的なエンコーダ設定要件

YouTube ライブ HDR では、HLS 出力を使用する必要があります。デバイスのエンコーダ設定に関する一般的な要件は次のとおりです。

HDR 設定:

  • 動画コーデック: HEVC(エンコードできるのは、デバイスが対応するフォーマットのみ)。
  • ビット深度: 10 ビット
  • 色域: BT.2020(ソースと互換性があること)
  • 色の伝達特性: ST 2084 PQ または HLG のいずれか(ソースが生成する方式によって異なる)
  • カラー マトリックス係数: BT.2020 非定輝度(ソースと互換性があること)

HLS 出力:

  • セグメントの長さ: 1~4 秒間。
  • セグメントの形式: TS(トランスポート ストリーム)であること。
  • バイト範囲には非対応。
  • 未取得のセグメントが 5 つ以下のローリング プレイリストを使用していること。
  • HTTPS POST/PUT を使用していること。
  • HTTPS 以外の暗号化には非対応。
  • URL: 以下の URL を入力し、「STREAMKEY」を自分の YouTube ストリームキーに置き換えます。HDR の場合、ライブ管理画面の可変ビットレート(デフォルト)に設定されているストリームキーを使用する必要があります。https://a.upload.youtube.com/http_upload_hls?cid=STREAMKEY&copy=0&file=
  • バックアップの取り込みを使用する場合、URL は次のとおりです。https://b.upload.youtube.com/http_upload_hls?cid=STREAMKEY&copy=1&file=
Cobalt

HEVC HDR に対応する Cobalt エンコーダは、YouTube ライブ HDR と互換性があります。HEVC HDR に対応しているかどうかについては、お使いの Cobalt モデルの製品説明書をご覧ください。

HEVC HDR 用に Cobalt を設定する

  1. 以下の設定を Cobalt エンコーダに入力します。
    1. Encoder mode(エンコーダ モード): HEVC(エンコードできるのは、デバイスが対応しているフォーマットのみ)。
    2. Bit Depth(ビット深度): 10 ビット
    3. Chroma mode(クロマモード): 4:2:0

  1. [Advanced(詳細設定)] ページで、お使いの HDR カメラまたは他の HDR キャプチャ デバイスと同じタイプの HDR を動画のシグナルタイプに設定します。YouTube ライブ HDR が対応しているのは、以下の設定のみです。Cobalt の設定と互換性があるかどうかについては、お使いの HDR カメラの説明書または設定をご確認ください。
    1. Enable Video Signal Type(動画のシグナルタイプの有効化): オン
    2. Video Full Range(動画のフルレンジ): ソースがフルレンジの動画を生成する場合のみ有効にする。
    3. Color Primaries(色域): BT.2020 に設定する(ソースと互換性があること)。
    4. Transfer Characteristics(色の伝達特性): ST 2084 PQ または HLG のいずれかに設定する(ソースが生成する方式によって異なる)。
    5. Matrix Coefficients(カラー マトリックス係数): BT.2020 非定輝度に設定する(ソースと互換性があること)。

  1. 次に YouTube への HLS 出力を設定します。[Output(出力)] タブに移動して以下の設定を入力します。
    1. Output Protocol(出力プロトコル):「HLS」
    2. Server Location(サーバーの場所): Remote(リモート)
    3. Transfer Protocol(転送プロトコル): HTTP/S
    4. Upload URL(アップロード URL): https://a.upload.youtube.com/http_upload_hls?cid=STREAMKEY&copy=0&file=

上記の URL の「STREAMKEY」を自分の YouTube ストリームキーに置き換えます。HDR の場合、ライブ管理画面の可変ビットレート(デフォルト)に設定されているストリームキーを使用する必要があります。

  1. Enable Host Header(Host ヘッダーの有効化): オフ
  2. Base File Name(ベースファイル名): 「live」
  3. Segment (sec)(セグメント(秒)): 1~4 のいずれかの数字
  4. Number of Segments(セグメント数): オプションから選択する
  5. Program Name(プログラム名): そのままにする

Telestream

Telestream の Lightspeed Live Stream エンコーダは、YouTube ライブ HDR と互換性があります。

エンコーダのユーザーガイドの手順に沿って HLS チャネルを次のように設定します。

  • Segment Duration(セグメントの長さ): 1~4 秒間。
  • Segment Format(セグメントの形式): TS(トランスポート ストリーム)であること
  • Enable Byte Range(バイト範囲の有効化): False(フォールス)
  • Playlist Type(プレイリスト タイプ): Rolling(ローリング)
  • Elements(要素): 5
  • Encryption(暗号化): none(なし)
  • Output Location(出力場所): CDN にプッシュ
  • Publishing Point(パブリッシュ ポイント): https://a.upload.youtube.com/http_upload_hls?cid=STREAMKEY&copy=0&file=

上記の URL の「STREAMKEY」を自分の YouTube ストリームキーに置き換えます。HDR の場合、ライブ管理画面の可変ビットレート(デフォルト)に設定されているストリームキーを使用する必要があります。

  • HTTP Method(HTTP メソッド): HTTP メソッドを有効にして POST を選択する

HDR 設定を行うには、デバイスのエンコーダ セクションの HEVC 設定を次のようにする必要があります。

  1. 10 ビットを有効にして HDR メタデータを有効にする。
  2. 色域: BT.2020 に設定する(ソースと互換性があること)。
  3. 色の伝達特性: SMPTE-ST-2084(PQ)または ARIB-STD-B67(HLG)のいずれかに設定する(ソースが生成する方式によって異なる)。
  4. カラー マトリックス係数: BT2020NC に設定する(ソースと互換性があること)

HDR ライブ配信の視聴

対応デバイスの視聴者には、自動的に配信が HDR で表示されます。他のデバイスの視聴者には、配信がスタンダード ダイナミック レンジで表示されます。対応の HDR デバイスは以下のとおりです。

  • HDR テレビの YouTube アプリ。
  • HDR テレビに接続された Chromecast Ultra デバイスへのキャスト。
  • HDR ディスプレイの Android 搭載モバイル デバイス。
  • HDR グラフィックス対応かつ HDR ディスプレイの Windows および Mac のパソコン。視聴者がパソコンの設定で HDR を有効にしている場合、配信が HDR で表示されます。

: ライブ管理画面のプレビューで HDR カラーは表示されません。

HDR で視聴しているかどうかを確認する方法

HDR 配信では、動画の画質設定メニュー(通常、画面の右下にあります)に「HDR」と表示されます。お使いのデバイスが HDR に対応していない場合、HDR バッジは表示されず、SDR で配信が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false