@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

更新された利用規約に関するよくある質問

最新の利用規約に含まれる更新は、顔認識データ、YouTube の収益化に関する権利、米国の納税義務です。米国では 2020 年 11 月より、米国以外では 2021 年 6 月 1 日よりこれらの利用規約が有効になります。

利用規約を更新したのはなぜですか?

YouTube は、明確でわかりやすく、YouTube のパートナー、広告主、視聴者のニーズを満たす利用規約を常に提示するため、利用規約を定期的に更新しています。

今回の更新では、顔認識データの収集に関する制限を明確にしています。また、YouTube がプラットフォームのさまざまな場所で広告を掲載する権利について透明性の確保に努めています。たとえば、動画、トップページのマストヘッド、およびさまざまな検索結果ページで広告を掲載します。またこの更新では、YouTube による収益の支払いが米国の税務上の観点からロイヤリティと見なされることや、法律上義務付けられている場合に Google がこれらの支払いから源泉徴収を行うことについても明記しました。

主な変更点は何ですか?

変更内容の概要は次のとおりです。

  • 顔認識に関する制限。利用規約では、個人を特定する可能性がある情報を許可なく収集できない旨についてすでに記載されていました。この規定は顔認識の情報に対しても適用されていましたが、新しい利用規約ではこの点について明確にしています。 
     
  • YouTube の収益化に関する権利。YouTube パートナー プログラムに参加していないチャンネルまたは収益化に関する契約を締結していないチャンネルを対象として、ブランド イメージを損なわない一部の動画への広告の掲載を徐々に開始します。これらの広告から収益分配は発生しませんが、クリエイターが参加資格(変更はありません)を満たせば、引き続き YouTube パートナー プログラムに申し込みできます。
     
  • ロイヤリティの支払いと源泉徴収。YouTube との間の他の契約(YouTube パートナー プログラムなど)によりクリエイターの方が YouTube から支払いを受け取る資格を有する場合、2021 年 6 月 1 日より、そのような支払いのすべてがロイヤリティとして扱われるようになります。法律に基づき、Google はそのような支払いから源泉徴収を行います。

YouTube パートナー プログラムの収益化にはどのような影響がありますか?

この利用規約の更新に伴う変更により、YouTube パートナー プログラム(YPP)の収益化の設定が影響を受けることはありません。

お支払いが米国の源泉徴収の対象となるかどうかを判断するため、米国以外にお住まいのパートナーは、できるだけ早急に AdSense で所定の税務情報を提出していただく必要がございます。米国の源泉徴収の対象となる場合、お支払いにかかる源泉所得税の徴収が 2021 年 7 月のお支払い(6 月分の収益)より開始される可能性があります。詳しくは、ヘルプセンターで YouTube での収益に関する米国の税務要件の概要をご覧ください。

今回の更新は、欧州連合による著作権に関する指令や GDPR に関連していますか?

欧州連合による著作権に関する指令や GDPR との関連はありません。

プライバシーやデータへの影響はありますか?

お客様の情報の取り扱い方法に変更はありません。YouTube のプライバシーへの取り組みについては、Google プライバシー ポリシーYouTube Kids のプライバシーに関するお知らせでご確認いただけます。なお、プライバシー設定の確認やデータとカスタマイズの管理は、いつでもご自身の Google アカウントで行うことができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false