@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

年齢制限のある動画を視聴する

YouTube で年齢に適したコンテンツを提供するために、18 歳未満の視聴者にふさわしくないコンテンツには年齢制限を設けています。

視聴者の年齢制限について

次のような視聴者は、年齢制限付きの動画を視聴できません。

オーストラリア、欧州連合(EU)、欧州経済領域(EEA)、スイス、英国では、年齢制限のある動画を視聴する際に年齢確認を求められることがあります。

EU、EEA、スイス、英国にお住まいの場合

視聴覚メディア サービス指令 (AVMSD)に基づき、年齢制限のある動画を視聴する際には生年月日の提示を求められることがあります。AVMSD は、動画共有プラットフォームを含むすべての視聴覚メディアに適用されます。

画面に表示される指示に従い、有効な身分証明書またはクレジット カードの画像を送信してください。詳しくは、年齢確認の仕組みをご覧ください。

オーストラリアにお住まいの場合

年齢制限のある動画を視聴する際には、生年月日の提示を求められることがあります。この手順が追加された背景には、オーストラリア オンライン安全法に基づくアクセス制限システムの宣言があります。この宣言により、コンテンツが 18 歳未満の視聴者にとって不適切な可能性がある場合、そのようなコンテンツにアクセスしようとしているユーザーに対して年齢確認を行うための合理的な措置を講じることが、プラットフォームに対して義務付けられました。

画面の指示に沿って、有効な運転免許証、年齢証明カード、パスポートのいずれかの画像を提出してください。詳しくは、年齢確認の仕組みをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false
false