年齢制限のある動画の視聴

YouTube にアクセスしたユーザーに、年齢に適したエクスペリエンスを提供できるよう、年齢制限されるコンテンツについてのポリシーが規定されています。18 歳未満の視聴者にとってふさわしくないコンテンツには年齢制限が設定されます。

視聴者への影響

次のような視聴者は、年齢制限付きの動画を視聴できません。

欧州連合(EU)、欧州経済領域(EEA)、スイス、または英国のユーザーの場合

視聴覚メディア サービス指令(AVMSD)は、従来のテレビ放送とオンデマンド サービスの両方の映像と音声のメディアに関して各国の法律制定を求める EU 全体の取り組みです。最近、AVMSD が改定され、特定の規則の対象が動画共有プラットフォーム(VSP)にも拡張されました。

AVMSD に従い、年齢制限が設定された動画の視聴時に、生年月日を再確認することが求められる場合があります。画面に表示される指示に従い、有効な身分証明書またはクレジット カードの画像を送信してください。身分証明書やクレジット カードの取り扱いの詳細については、こちらをご覧ください。

AVMSD の詳細については、こちらのウェブサイトをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。