アカウントの重要な変更

  1. G Suite のビジネス用メール アカウントの重要な変更について
  2. G Suite のビジネス用メール アカウントの重要な変更について
  3. G Suite アカウントを管理する
  4. 新しいメール機能を使用する
  5. G Suite のビジネス用メールを解約し、引き続き Gmail アカウントを使用する

ビジネスメールの設定を管理する

  1. G Suite のビジネス用メール アカウントの重要な変更について
  2. ビジネス用メールの設定を管理する
  3. ビジネス用メールのお支払いの概要
  4. ビジネス用メールの登録を管理する
  5. ウェブサイトを作成する
  6. ドメインを管理する
  7. サービスを管理する

G Suite のさまざまな機能を有効にする

  1. お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルを行う前の検討事項
  2. 他のビジネス機能も利用する
  3. ビジネス用メール アカウントのセキュリティとプライバシーの強化
  4. チームのビジネス用メールアドレスを作成する
  5. ビジネス用メール エイリアスを作成する

さらにサポートが必要な場合

  1. ビジネス用メールアドレスと現在使用中のメールアドレスの連携
  2. ビジネス用メールのよくある質問
  3. モバイル デバイスで G Suite のビジネス用メール機能を使用する
  4. 非公開の登録およびドメイン情報を更新する
  5. WHOIS ディレクトリとは
  6. ビジネス用メールをキャンセルする
  7. ビジネス向けメールのサポート

ビジネスメールに申し込む

  1. G Suite のビジネス用メールのお申し込みは終了いたしました
  2. ビジネス用メールアドレスを作成する前に
  3. お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルを行う前の検討事項
  4. G Suite のビジネス用メール
  5. ビジネス用メールの比較

アカウントの重要な変更

  1. G Suite のビジネス用メール アカウントの重要な変更について

    この情報は G Suite のビジネス用メールアドレスをお持ちのお客様のみが対象となります

    2019 年 12 月 31 日以降、現在ご利用になっている G Suite のビジネス用メール アカウントは、自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。

    変更点

    • G Suite Basic に含まれる他の機能をご利用いただけます。メールアドレスは変更されません。

    • 料金が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントは完全にリンクされます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます

      Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが完全にリンクされないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに現在の G Suite のビジネス用メール アカウントを解約して、Gmail アカウントのみを使用する状態に戻します。  

    変更によるアカウントへの影響を確認する

    次の手順で、G Suite のビジネス用メール アカウントと G Suite Basic アカウントのどちらを利用しているのかを確認します。

    1. (モバイル デバイスやタブレットではなく)パソコンで Gmail にアクセスします。
    2. ビジネス用メールアドレス(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。
    3. 右上にある設定アイコン 設定次に [設定] をクリックします。
    4. [ドメインの管理] をクリックします。
    5. 開いたパネルを確認します。

    [ビジネス用メールの管理] パネル
    G Suite のビジネス用メール アカウントを利用しています。 

    Business email hub

    [Google 管理コンソール] パネル
    すでに G Suite Basic を利用しています。
     

    新しい管理コンソール

    警告 変更はご利用中のアカウントに影響します。
    詳しくは、次のセクションをご覧ください。
    お客様が対応すべきことはありません。
    2019 年 12 月 31 日以降、ユーザー アカウントあたりの料金が上がり、G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    G Suite の使用または解約を選択する

    アカウントのオプション、変更点、次のステップをご確認ください。

    方法 1: アカウントを G Suite Basic に更新する

    G Suite Basic アカウントと Gmail アカウントは完全にリンクされます。
    方法 2: Gmail アカウントのみを使用する

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約します。

    G Suite のビジネス用メール アカウントは、2020 年 1 月に自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。

    重要: G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、G Suite アカウントと Gmail アカウントの両方が削除されます。

    > お客様が対応すべきことはありません。

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約し、無料の Gmail アカウントのみを使用する状態に戻します。

    それまでに G Suite アドレス([ユーザー名]@[ドメイン名].com)に送信されたメールを Gmail アカウントに転送することができます。

    > 2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する必要があります。

    方法 1: アカウントを G Suite Basic に更新する

    2019 年 12 月 31 日以降、アカウントは自動的に G Suite Basic に更新され、G Suite アカウントと Gmail アカウントは完全にリンクされます。主にビジネスでアカウントをご利用になっている場合は、この方法をおすすめします。

    • 引き続き G Suite と Gmail の両方のアドレスでメールを送受信できます。

    • G Suite Basic のサブスクリプションには、メールアドレスの追加などの機能が含まれており、追加料金なしでご利用いただけます。詳細

    重要な変更点

    G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、G Suite アカウントと Gmail アカウントの両方が削除されます。

    • G Suite と Gmail のメール、ファイル、写真などのデータも削除されます。サブスクリプションを解約する前に、これらのデータの一部をダウンロードして保存できます。詳細
    • 登録したドメインは、維持することも解約することもできます。

    次のステップ

    お客様が対応すべきことはありません。2020 年 1 月にお使いのアカウントが G Suite Basic に更新されると、通知が届きます。今すぐアカウントを G Suite Basic に更新して、メールアドレスの追加などの機能を利用することもできます。詳細

    方法 2: G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する

    2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約して、Gmail アカウントのみを使用する状態に戻すことができます。主にプライベートでアカウントをご利用になっている場合は、この方法をおすすめします。

    G Suite のビジネス用メールのサブスクリプションを解約すると、次のようになります。

    • Gmail アカウントはそのまま維持されます。アカウントには、Gmail または G Suite のアドレスで作成したほとんどのデータ(メール、ファイル、写真など)が残ります。ただし、一部の G Suite データのダウンロードや保存はできません。詳細
    • 登録したドメインは、維持することも解約することもできます。
    • G Suite のメールアドレスでメールを送受信することはできなくなります。ただし、ドメイン名を保持する場合は、メールの転送設定を無料で行うことができます。
    • 保存容量は 30 GB から 15 GB(Gmail アカウントの標準の容量)に縮小されます。

    次のステップ

    2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する手順を完了します。2019 年 12 月 1 日よりも前に開始することをおすすめします。この手続きには時間がかかることがあります。必要に応じて、Google サポートにお問い合わせください。

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約しない場合、アカウントは 2020 年 1 月に自動的に G Suite Basic に更新されます。

    サポートが必要な場合

     

  2. G Suite のビジネス用メール アカウントの重要な変更について

    この情報は G Suite のビジネス用メールアドレスをお持ちのお客様のみが対象となります

    2019 年 12 月 31 日以降、現在ご利用になっている G Suite のビジネス用メール アカウントは、自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。

    変更点

    • G Suite Basic に含まれる他の機能をご利用いただけます。メールアドレスは変更されません。

    • 料金が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントは完全にリンクされます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます

      Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが完全にリンクされないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに現在の G Suite のビジネス用メール アカウントを解約して、Gmail アカウントのみを使用する状態に戻します。  

    変更によるアカウントへの影響を確認する

    次の手順で、G Suite のビジネス用メール アカウントと G Suite Basic アカウントのどちらを利用しているのかを確認します。

    1. (モバイル デバイスやタブレットではなく)パソコンで Gmail にアクセスします。
    2. ビジネス用メールアドレス(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。
    3. 右上にある設定アイコン 設定次に [設定] をクリックします。
    4. [ドメインの管理] をクリックします。
    5. 開いたパネルを確認します。

    [ビジネス用メールの管理] パネル
    G Suite のビジネス用メール アカウントを利用しています。 

    Business email hub

    [Google 管理コンソール] パネル
    すでに G Suite Basic を利用しています。
     

    新しい管理コンソール

    警告 変更はご利用中のアカウントに影響します。
    詳しくは、次のセクションをご覧ください。
    お客様が対応すべきことはありません。
    2019 年 12 月 31 日以降、ユーザー アカウントあたりの料金が上がり、G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    G Suite の使用または解約を選択する

    アカウントのオプション、変更点、次のステップをご確認ください。

    方法 1: アカウントを G Suite Basic に更新する

    G Suite Basic アカウントと Gmail アカウントは完全にリンクされます。
    方法 2: Gmail アカウントのみを使用する

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約します。

    G Suite のビジネス用メール アカウントは、2020 年 1 月に自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。

    重要: G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、G Suite アカウントと Gmail アカウントの両方が削除されます。

    > お客様が対応すべきことはありません。

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約し、無料の Gmail アカウントのみを使用する状態に戻します。

    それまでに G Suite アドレス([ユーザー名]@[ドメイン名].com)に送信されたメールを Gmail アカウントに転送することができます。

    > 2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する必要があります。

    方法 1: アカウントを G Suite Basic に更新する

    2019 年 12 月 31 日以降、アカウントは自動的に G Suite Basic に更新され、G Suite アカウントと Gmail アカウントは完全にリンクされます。主にビジネスでアカウントをご利用になっている場合は、この方法をおすすめします。

    • 引き続き G Suite と Gmail の両方のアドレスでメールを送受信できます。

    • G Suite Basic のサブスクリプションには、メールアドレスの追加などの機能が含まれており、追加料金なしでご利用いただけます。詳細

    重要な変更点

    G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、G Suite アカウントと Gmail アカウントの両方が削除されます。

    • G Suite と Gmail のメール、ファイル、写真などのデータも削除されます。サブスクリプションを解約する前に、これらのデータの一部をダウンロードして保存できます。詳細
    • 登録したドメインは、維持することも解約することもできます。

    次のステップ

    お客様が対応すべきことはありません。2020 年 1 月にお使いのアカウントが G Suite Basic に更新されると、通知が届きます。今すぐアカウントを G Suite Basic に更新して、メールアドレスの追加などの機能を利用することもできます。詳細

    方法 2: G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する

    2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約して、Gmail アカウントのみを使用する状態に戻すことができます。主にプライベートでアカウントをご利用になっている場合は、この方法をおすすめします。

    G Suite のビジネス用メールのサブスクリプションを解約すると、次のようになります。

    • Gmail アカウントはそのまま維持されます。アカウントには、Gmail または G Suite のアドレスで作成したほとんどのデータ(メール、ファイル、写真など)が残ります。ただし、一部の G Suite データのダウンロードや保存はできません。詳細
    • 登録したドメインは、維持することも解約することもできます。
    • G Suite のメールアドレスでメールを送受信することはできなくなります。ただし、ドメイン名を保持する場合は、メールの転送設定を無料で行うことができます。
    • 保存容量は 30 GB から 15 GB(Gmail アカウントの標準の容量)に縮小されます。

    次のステップ

    2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する手順を完了します。2019 年 12 月 1 日よりも前に開始することをおすすめします。この手続きには時間がかかることがあります。必要に応じて、Google サポートにお問い合わせください。

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約しない場合、アカウントは 2020 年 1 月に自動的に G Suite Basic に更新されます。

    サポートが必要な場合

     

  3. G Suite アカウントを管理する

    G Suite アカウントは管理コンソールから管理できます。

    管理コンソールのホームページにアクセスするには:

    Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 次に [ドメインの管理] をクリックします。

    アカウントの設定を管理する

    管理コンソールのホームページでは次のことができます。

    • 請求とお支払いを管理する
    • ドメインを管理する
    • アカウントのセキュリティを設定する
    • G Suite サポートにお問い合わせる

    請求とお支払いを管理する

    G Suite に加え他に Google 管理コンソールで処理しているサブスクリプションの、請求先アカウントとお支払いを管理できます。請求内容の確認、請求先住所の変更、お支払い方法の管理などの操作が可能です。

    請求とお支払いを管理するには、管理コンソールのホームページで [お支払い] をクリックします。

    詳しくは、請求とお支払いをご覧ください。

    ドメインを管理する

    ドメインの設定の管理では、組織が所有するドメインやドメイン エイリアスを追加、削除することができます。ドメインを他にも購入または所有している場合は、これらのドメインも G Suite アカウントに追加できます。

    • Google Domains でドメイン登録、ウェブサイト、DNS レコードの設定を管理する。
    • 管理コンソールで G Suite アカウントにドメインやドメイン エイリアスを追加する。詳細

    詳しくは、Google Domains へようこそをご覧ください。

    アカウントのセキュリティを設定する

    G Suite アカウントとユーザーを保護するために、パスワードの再設定、2 段階認証プロセスの有効化、安全性の低いアプリへのアクセスの管理、その他のセキュリティ機能の設定を行うことができます。

    セキュリティ設定を調整するには、管理コンソールのホームページで [セキュリティ] をクリックします。

    詳しくは、セキュリティを設定するをご覧ください。

    サポートに問い合わせる

    G Suite サポートへは、電話による依頼、チャットの開始、またはサポート記録の送信といった方法でお問い合わせいただけます。

    詳しくは、G Suite サポートへのお問い合わせをご覧ください。

  4. 新しいメール機能を使用する

    G Suite Basic でユーザー向けに新しいメール機能を設定するには、管理コンソールを使用します。

    Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 次に [ドメインの管理] をクリックします。

    新しいメール機能を設定する

    管理コンソールのホームページでは、メール エイリアスの追加、新しいユーザーの追加、メーリング リストを作成といった操作が可能です。

    メール エイリアスを追加する

    G Suite 管理者は、自身やチーム内のユーザーに予備のメールアドレスを付与して、そのアドレスでメールを受信するようにできます。予備のアドレスを作成するには、Google 管理コンソールでユーザーのアカウントにメール エイリアスを追加します。この機能に追加料金はかかりません。

    詳しくは、メールエイリアスの追加と削除をご覧ください。

    新しいユーザーを追加する

    チームに新たに加わるユーザーには、ユーザー アカウントが必要です。ユーザー アカウントを追加するには、Google 管理コンソールで個別に追加するのが最も簡単です。

    詳細については、ユーザーを個別に追加するをご覧ください。

    メーリング リストを作成する

    G Suite 管理者は、チーム単位でユーザーがメールを送受信できるよう、管理コンソールでメーリング リストを作成できます。

    詳しくは、メーリング リストを作成するをご覧ください。

  5. G Suite のビジネス用メールを解約し、引き続き Gmail アカウントを使用する

    G Suite のビジネス用メール アカウントで他の機能を有効にしていない場合は、次の手順で操作します。

    チームのメール エイリアスやビジネス用メールアドレスの作成などの他の機能を有効にしている場合は、G Suite Basic アカウントの解約をご覧ください。

    他の機能を有効にしているかどうかを確認する

    1. モバイル デバイスやタブレットではなく、パソコンで Gmail にアクセスします。
    2. ビジネス用メールアドレス(末尾が @gmail.com 以外のアドレス)でログインします。
    3. 右上にある設定アイコン 設定 次に [設定] をクリックします。
    4. [このドメインを管理] をクリックします。
    5. 開いたパネルを確認します。

    [ビジネス用メールの管理] パネル

    Business email hub

    Google 管理コンソール

    新しい管理コンソール

    他の機能は有効になっていません下記の手順に沿ってアカウントを解約してください。 他の機能が有効になっています。G Suite Basic アカウントを解約する手順で操作してください。

     

    2019 年 12 月 30 日までは、G Suite のビジネス用メール アカウントを解約して、Gmail アカウントのみを使用する状態に戻すことができます。2019 年 12 月 30 日までに解約しない場合: G Suite のビジネス用メール アカウントは G Suite Basic アカウントに自動的に更新されます。詳しくは、アカウントの変更点をご覧ください。

    G Suite のビジネス用メール アカウントについてご不明な点がございましたら、Google サポートまでお問い合わせください。

    1. Gmail アカウントで右上にあるアイコン 設定 をクリックし、[ドメインの管理] を選択します。
    2. 下にスクロールして [サポートに問い合わせる] をクリックします。

    G Suite のビジネス用アカウントを解約して、引き続き Gmail アカウントを使用する

    すべての手順を開く | すべての手順を閉じる

    G Suite のビジネス用メールを解約した場合の変更点

    詳しくは、お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルを行う前の検討事項をご覧ください。

    サービス 変更点
    ビジネス用メールアドレス ビジネス用メールアドレス(例: [ユーザー名]@[会社名].com)でのメールの送受信はできなくなります。
    Gmail アドレス 無償版のベーシックな Gmail に戻ります。Gmail アドレスと現在のパスワードでのみログインできます。
    ドメイン
    (ビジネス用メールのお申し込み時に購入)
    現在の登録期間が終了するまではお客様がドメインの所有者です。domains.google.com でドメインの登録やその他の設定を管理できます。
    データ Gmail アカウントのメール、ドライブ内のファイル、連絡先情報はそのまま残ります。
    ストレージ Google ドライブ ストレージの割り当てが 30 GB から 15 GB に減ります。
    Google Play Google Play ストアで購入したアプリは Gmail アカウントとともに残ります。ただし、Google 以外の販売者からお求めになったアプリ内購入の一部は利用できなくなる可能性があります。
    グループ ドメインで作成されたグループは削除されます。
    サイト ドメインで作成されたサイトは削除されます。
    アカウントのサポート G Suite サポートをご利用いただけなくなります。
    1. 使用している保存容量を確認する

    G Suite を解約すると、アカウントの保存容量(写真、ファイル、メール用)が 30 GB から 15 GB に減ります。  

    保存容量を確認するには、Gmail アカウントにログインして https://drive.google.com/settings/storage にアクセスします。

    15 GB を超える容量を使用している場合は、今すぐ不要なファイルを削除するか、G Suite アカウントの解約直後にストレージを追加購入してください。詳細

    追加ストレージのサブスクリプション: G Suite にお申し込みいただくよりも前にドライブ ストレージを追加購入していただいた場合は、これまでどおりストレージのサブスクリプションをご利用いただけます。G Suite アカウントで購入したストレージのサブスクリプションは自動的に解約されます。ストレージの詳細を確認する

    2. Gmail アカウントに保存されているデータと保存できるデータを確認する

    ご不明な点がございましたら、アカウントを解約する前Google サポートまでお問い合わせください。

    • G Suite または Gmail のアドレスで作成したメール、連絡先、ドキュメント、ファイルは、Gmail アカウントに残ります。
    • G Suite のメールアドレスは削除されます。G Suite アドレスのみで共有されていたファイルにはアクセスできなくなります。ファイルのオーナーに連絡して、ご使用になっている Gmail アドレスとファイルを共有するように依頼してください。  
    おすすめ: 解約する前に、データのコピーをダウンロードして保存してください。

    G Suite アカウントで作成したデータやコンテンツ、または G Suite アカウントにリンクされたデータやコンテンツの中には、Gmail アカウントへのダウンロードや転送ができないものがあります。該当するものは次のとおりです。

    サービス 解約した場合
    Google Play Google Play ストアで購入したアプリは、アカウントとともに残ります。ただし、Google 以外の販売者からお求めになったアプリ内購入の一部は利用できなくなる可能性があります。
    Google サイト G Suite ドメインで作成したサイト(sites.google.com/[ドメイン名].com など)は削除されます。
    Google+ Google+ は G Suite アカウントでのみご利用いただけます。解約する前に Google+ のデータをダウンロードできます。  
    Google グループ

    ドメインで作成したグループは削除されます。グループのオーナー権限を譲渡できる場合があります。

    3. G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する
    ご不明な点がございましたら、アカウントを解約する前Google サポートまでお問い合わせください。
    ビジネス用メール アカウントを解約するには
    1. Gmail アカウントから、設定アイコン 設定 をクリックして [ドメインの管理] を選択します。
    2. [サブスクリプション] の [ビジネス用メールを解約] をクリックします。
    3. 解約した場合の影響についての説明を読み、理解したことを確認するためにチェックボックスをオンにします。
    4. [ビジネス用メールをキャンセル] をクリックします。
    5. (省略可)Gmail アカウントで使用している容量が 15 GB を超える場合は、ストレージを追加購入できます。

    G Suite のビジネス用メールのサブスクリプションは解約日までが請求対象となり、翌月の初めに最後の請求書がメールで届きます。

    4. ドメイン登録を維持または終了する

    G Suite を解約すると、その年の更新日にドメイン登録が自動的に期限切れになり、請求は行われなくなります。 詳細 

    lightbulb icon ドメイン登録を維持する場合: 以前の G Suite メールアドレスに送信されたメールを Gmail アカウントに転送できます。

    ドメイン登録を維持するには

    1. ドメインの更新設定を変更します。
    2. 連絡先情報を確認して、以前の G Suite アドレスを参照する情報をすべて更新します。

    ご不明な点がございましたら、Google Domains のサポートまでお問い合わせください。

    5. 以前の G Suite のアドレスからメールを転送、送信する(省略可)

    以前の G Suite のアドレス([ユーザー名]@[ドメイン名].com など)から Gmail アカウントにメールを自動転送できます。

    要件: ご利用のドメインが Google Domains や別のドメインホストに登録されている必要があります。

    1. Google Domains でドメインがホストされている場合: ドメイン名を使用したメール エイリアスを作成し、Gmail アカウントにメールを転送します。ドメインには、最大 100 個のメール エイリアス(例: [ユーザー名]@[ドメイン名].com 、info@[ドメイン名].com )を無料で追加できます。詳細

      ドメインを別のドメインホストに移行した場合: メールの転送については、ご利用のドメインホストにお問い合わせください。  
       
    2. メール エイリアスを作成したら、メール エイリアスからメールが送信されるように Gmail アカウントを設定します。詳細

    ご不明な点がございましたら、Google Domains のサポートまでお問い合わせください。

ビジネスメールの設定を管理する

  1. G Suite のビジネス用メール アカウントの重要な変更について

    この情報は G Suite のビジネス用メールアドレスをお持ちのお客様のみが対象となります

    2019 年 12 月 31 日以降、現在ご利用になっている G Suite のビジネス用メール アカウントは、自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。

    変更点

    • G Suite Basic に含まれる他の機能をご利用いただけます。メールアドレスは変更されません。

    • 料金が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントは完全にリンクされます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます

      Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが完全にリンクされないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに現在の G Suite のビジネス用メール アカウントを解約して、Gmail アカウントのみを使用する状態に戻します。  

    変更によるアカウントへの影響を確認する

    次の手順で、G Suite のビジネス用メール アカウントと G Suite Basic アカウントのどちらを利用しているのかを確認します。

    1. (モバイル デバイスやタブレットではなく)パソコンで Gmail にアクセスします。
    2. ビジネス用メールアドレス(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。
    3. 右上にある設定アイコン 設定次に [設定] をクリックします。
    4. [ドメインの管理] をクリックします。
    5. 開いたパネルを確認します。

    [ビジネス用メールの管理] パネル
    G Suite のビジネス用メール アカウントを利用しています。 

    Business email hub

    [Google 管理コンソール] パネル
    すでに G Suite Basic を利用しています。
     

    新しい管理コンソール

    警告 変更はご利用中のアカウントに影響します。
    詳しくは、次のセクションをご覧ください。
    お客様が対応すべきことはありません。
    2019 年 12 月 31 日以降、ユーザー アカウントあたりの料金が上がり、G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    G Suite の使用または解約を選択する

    アカウントのオプション、変更点、次のステップをご確認ください。

    方法 1: アカウントを G Suite Basic に更新する

    G Suite Basic アカウントと Gmail アカウントは完全にリンクされます。
    方法 2: Gmail アカウントのみを使用する

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約します。

    G Suite のビジネス用メール アカウントは、2020 年 1 月に自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。

    重要: G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、G Suite アカウントと Gmail アカウントの両方が削除されます。

    > お客様が対応すべきことはありません。

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約し、無料の Gmail アカウントのみを使用する状態に戻します。

    それまでに G Suite アドレス([ユーザー名]@[ドメイン名].com)に送信されたメールを Gmail アカウントに転送することができます。

    > 2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する必要があります。

    方法 1: アカウントを G Suite Basic に更新する

    2019 年 12 月 31 日以降、アカウントは自動的に G Suite Basic に更新され、G Suite アカウントと Gmail アカウントは完全にリンクされます。主にビジネスでアカウントをご利用になっている場合は、この方法をおすすめします。

    • 引き続き G Suite と Gmail の両方のアドレスでメールを送受信できます。

    • G Suite Basic のサブスクリプションには、メールアドレスの追加などの機能が含まれており、追加料金なしでご利用いただけます。詳細

    重要な変更点

    G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、G Suite アカウントと Gmail アカウントの両方が削除されます。

    • G Suite と Gmail のメール、ファイル、写真などのデータも削除されます。サブスクリプションを解約する前に、これらのデータの一部をダウンロードして保存できます。詳細
    • 登録したドメインは、維持することも解約することもできます。

    次のステップ

    お客様が対応すべきことはありません。2020 年 1 月にお使いのアカウントが G Suite Basic に更新されると、通知が届きます。今すぐアカウントを G Suite Basic に更新して、メールアドレスの追加などの機能を利用することもできます。詳細

    方法 2: G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する

    2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約して、Gmail アカウントのみを使用する状態に戻すことができます。主にプライベートでアカウントをご利用になっている場合は、この方法をおすすめします。

    G Suite のビジネス用メールのサブスクリプションを解約すると、次のようになります。

    • Gmail アカウントはそのまま維持されます。アカウントには、Gmail または G Suite のアドレスで作成したほとんどのデータ(メール、ファイル、写真など)が残ります。ただし、一部の G Suite データのダウンロードや保存はできません。詳細
    • 登録したドメインは、維持することも解約することもできます。
    • G Suite のメールアドレスでメールを送受信することはできなくなります。ただし、ドメイン名を保持する場合は、メールの転送設定を無料で行うことができます。
    • 保存容量は 30 GB から 15 GB(Gmail アカウントの標準の容量)に縮小されます。

    次のステップ

    2019 年 12 月 31 日までに G Suite のビジネス用メール アカウントを解約する手順を完了します。2019 年 12 月 1 日よりも前に開始することをおすすめします。この手続きには時間がかかることがあります。必要に応じて、Google サポートにお問い合わせください。

    G Suite のビジネス用メール アカウントを解約しない場合、アカウントは 2020 年 1 月に自動的に G Suite Basic に更新されます。

    サポートが必要な場合

     

  2. ビジネス用メールの設定を管理する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    新しいビジネス用メールアドレスで業務を開始できるようになったら、必要に応じてパスワードの再設定やメールの署名の作成などアカウントの設定を変更したり、チーム全体の専用メールアドレスの作成などその他のビジネス機能を追加したりすることができます。

    開始するにはビジネス用メールの設定を開きます。

    Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 次に [ドメインの管理] をクリックします。

    ビジネス用メールの設定と利用可能な追加機能について詳しくは、以下をクリックしてください。

    アカウント設定

    名前を変更する

    ビジネス用メール アカウントに関連付けられた名前(たとえば、joe@cupcakebakery.com と関連付けられた名前 Joe Bloggs)を変更するには、ここで再設定します。新しい名前は、ご利用のすべての Google サービスに反映されます。

    • 名前を変更するには、名前をクリックして名前編集ツールを開きます。
    • 新しい姓と名を入力し、[保存] をクリックします。

    詳しくは、Google アカウントの名前とその他の情報の変更をご覧ください。

    パスワードの変更

    パスワードを忘れたため再設定する場合やセキュリティ上の理由からパスワードを変更する場合は、他のアカウントで使用されていない安全なパスワードを使用して再設定します。

    • パスワードを変更するには、[パスワード] をクリックします。

    詳しくは、パスワードを変更または再設定するをご覧ください。

    再設定用の電話番号を追加または編集する

    アカウントを短時間で簡単かつ安全に復旧できるようにするには、再設定用の電話番号を設定します。パスワードを忘れたりアカウントにアクセスできなくなったりした場合にアカウントへのアクセスを復旧するのが簡単になるため、再設定用の電話番号を必ず追加してください。

    • 再設定用の電話番号を設定するには、[再開オプション] をクリックします。

    詳しくは、再設定用の電話番号またはメールアドレスを設定するをご覧ください。

    2 段階認証プロセスによるセキュリティを追加する

    2 段階認証プロセスと呼ばれるセキュリティ層を追加することによって、アカウント内の個人情報が盗まれるリスクを減らせます。ログインしてパスワードを入力するときに、スマートフォンで生成されたコードまたはセキュリティ キーも入力します。

    2 段階認証プロセスを追加するには:

    1. [2 段階認証プロセス] をクリックします。Google アカウントのログインとセキュリティのページが開きます。
    2. [Google へのログイン] まで下にスクロールします。
    3. [2 段階認証プロセス] をクリックします。2 段階認証プロセス ウィザードが開きます。
    4. [開始] をクリックし、ウィザードの手順に従います。
    セキュリティ対策やプライバシー対策を追加する

    セキュリティとプライバシーの設定には、データ処理の修正条項と EU モデル契約条項の修正条項が含まれています。これらの修正条項を確認し、欧州議会および欧州連合(EU)理事会が提示するデータ保護指令の安全基準を満たすための企業のコンプライアンス要件にどちらかの修正条項が該当する場合は条項に同意してください。

    [追加のセキュリティのロック解除] をクリックして、以下を追加します。

    重要: 追加機能を有効にすると、G Suite アカウントと Gmail アカウントが完全にリンクされます。G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、元の Gmail アカウントもキャンセルされます

    詳しくは、G Suite の追加機能を有効にする前の注意事項についてのページをご覧ください。

    メール設定

    送信元のメールアドレスを選択する

    メールを送信するときに、Gmail アドレスを使用するか、ビジネス用メールアドレスを使用するかを選択できます。メールに返信するときも使用するアドレスを変更できます。[From] アドレスを設定するには、Gmail の [名前] 機能を使用します。また、すべての送信メールに表示される名前もここで変更できます。

    詳しくは、別のアドレスからメールを送信する方法についてのページをご覧ください。

    メールの署名を作成する

    メールに連絡先やビジネス情報を追加するには、テキストや画像(省略可)を追加した署名を作成します。

    詳しくは、署名についてのページをご覧ください。

    お知らせメールやニュースレターに登録して最新情報を入手する

    G Suite のビジネス用メールに申し込むと、おすすめの方法やアドバイス、G Suite のキャンペーン特典、フィードバック、テスト プログラムなど、Google の最新情報や機能拡張についてのお知らせを受け取ることができます。[希望する連絡方法] をクリックして、G Suite からの受信を希望するメールを選択してください。

    • 受信を希望するメールのチェックボックスをオンにして、[変更を保存] をクリックします。

    その他のビジネス機能

    チームのアドレスを作成する

    G Suite 登録の追加機能を有効にすることによって、社内のユーザー向けのカスタム メールアドレスを作成できます。追加のアカウントの料金は、1 ユーザーあたり月額 600 円です。チーム内の新しいユーザーは Gmail およびドライブ、ドキュメント、フォーム、ハングアウトなどのその他の Google サービスを利用できるようになります。

    詳しくは、チームのビジネス用メールアドレスを作成するをご覧ください。

    重要: 追加機能を有効にすると、G Suite アカウントと Gmail アカウントが完全にリンクされます。G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、元の Gmail アカウントもキャンセルされます

    詳しくは、G Suite の追加機能を有効にする前の注意事項についてのページをご覧ください。

    エイリアスを作成する

    ビジネス用メール アカウントは、アカウントへのログインとメールの受信に使用するメインのアドレスです。メールを受信するために別のアドレスを追加する場合は、G Suite 登録の追加機能を無料で有効にしてメール エイリアスを作成できます。

    詳しくは、ビジネス用メール エイリアスを作成するをご覧ください。

    重要: 追加機能を有効にすると、G Suite アカウントと Gmail アカウントが完全にリンクされます。G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、元の Gmail アカウントもキャンセルされます

    詳しくは、G Suite の追加機能を有効にする前の注意事項についてのページをご覧ください。

    ウェブサイトを作成する

    ビジネス用メールアドレスを取得したら、必要に応じてドメインのウェブサイトを追加できます。訪問者がブラウザにドメインのアドレスを入力したときに表示されるホームページを作成し、情報や画像を含む他のページを追加できます。

    Google Domains 経由でウェブサイトを開始する方法について詳しくは、ウェブ プレゼンスをご覧ください。

    登録

    メールの登録

    ビジネス用メールに申し込むと、アカウントの有料登録が開始されます。ビジネス用メールの料金は月単位、ドメイン登録の料金は年単位で請求されます。G Suite のお支払いプランでは、取引内容を記録したり、クレジット カード情報などのお支払い設定を変更したり、お支払いプロファイルを編集したりすることができます。

    詳しくは、ビジネス用メールの登録を管理するをご覧ください。

    ドメインを管理する

    お申し込み時にドメインを購入された場合は、Google Domains でドメイン登録を変更できます。

    ドメイン設定の編集について詳しくは、ドメインを管理するをご覧ください。

    既に所有しているドメインを申し込み時に使用された場合は、ドメインホストから直接登録を変更して、ドメインの設定を変更します。

    ビジネス用メールをキャンセルする

    ビジネス用メールをキャンセルするの手順を踏んでください。

    サポートへのお問い合わせ

    ビジネス用メール アカウントをご利用のお客様には、24 時間 365 日体制で提供している電話とメールによるサポートをご利用いただけます。電話でのサポートをご利用の場合は、認証と確認のためにサポート PIN をお知らせください。

    詳しくは、ビジネス向けメールのサポートをご覧ください。

  3. ビジネス用メールのお支払いの概要

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    ビジネス用メール アカウントを取得するには、G Suite の有料登録を開始する必要があります。ここでは、G Suite のお支払いに関する概要を説明します。

    G Suite のお支払いに関する重要事項

    クレジット カードでのお支払い

    ビジネス用メールの登録のお支払いには、毎月の自動支払いプランを設定し、クレジット カードを使用できます。Google では Visa®、MasterCard®、American Express® でのお支払いを受け付けています。

    毎月の自動支払い

    G Suite のお支払いを設定する際に、ご利用料金のお支払い方法を指定します。前月に使用したサービスに対して、指定したお支払い方法で毎月請求を受けます。お支払い方法はいつでも変更できますが、サービスが中断しないようにするには、有効なお支払い方法が常にアカウントに関連付けられている必要があります。

    料金

    月間請求額には、ユーザー 1 人あたり 6 米ドルのユーザー アカウント費用が含まれます。1 年に一度、年間ドメイン登録の更新料が月間請求額と一緒に請求されます。ドメイン登録の料金 をご覧ください(G Suite が提供するビジネス用メールアドレスをお申し込みいただいた際にドメインを購入された場合)。

    アカウントの停止

    自動支払いを完了できなかった場合、30 日以内にお支払い情報を修正しなければ G Suite サービスが停止されます。サービスの停止を避けるには、常に最新の情報をメインのお支払い方法として登録しておくようにしてください。サービスが停止された場合は、お支払い方法を修正し、残高を精算することで停止を解除できます。

    1. メールまたは予備のメールでメールを確認します。メールにアクセスできない場合は、admin.google.com でビジネス用メール アカウントにアクセスします。

      アカウントが停止された場合、お支払いが完了しなかった原因が記載されたメールが届くことがあります。たとえば、クレジット カードの有効期限が切れている場合や、カードに課金された日に与信限度額に達した場合などが考えられます。

    2. メインのお支払い方法を復元するには:
      1. G Suite にログインします。
      2. 設定アイコン Gear icon をクリックし、[このドメインを管理] を選択します。
      3. [登録] までスクロールし、[支払い情報] をクリックします。
      4. [お支払い方法の管理] をクリックします。
      5. [ご利用可能なお支払い方法] までスクロールします。
        • 不承認となったお支払い方法を修正するには、[修正] をクリックします。
        • 有効期限の切れたクレジット カード情報を更新するには、[編集] をクリックして有効期限を変更します。
        • 新しいクレジット カードを追加するには、[お支払い方法を追加] をクリックしてカード情報を入力し、[このお支払い方法をメインに設定する] チェックボックスをオンにして、このカードをメインのお支払い方法に設定します。
    3. 残高を支払います

    サブスクリプションの解約

    ビジネス用メールが不要になった場合は、いつでも G Suite の有料サブスクリプションを解約できます。解約すると次のようになります。

    • ビジネス用メールアドレスと関連付けられているデータやビジネス用メールアドレスで作成されたデータの一部にアクセスできなくなります。
    • 追加機能有効にしていない場合: 使用するアカウントが元の Gmail アカウント(例: [ユーザー名]@gmail.com)に戻ります。
    • 追加機能有効にした場合: G Suite で提供されるビジネス用メールを解約すると、元の Gmail アカウントも解約されます。

    詳しくは、お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルの前の検討事項をご覧ください。

    1. Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 をクリックし、[このドメインを管理] を選択します。
    2. [ビジネス用メールをキャンセルします] をクリックします。

    登録をキャンセルすると、最後のご請求対象は、支払いサイクルに基づく直近の 30 日間のサービス料金になります。アカウントに未払い残高がある場合は、登録のキャンセル後 31 日以内にメインのお支払い方法で自動的に請求されます。最終の請求には、キャンセル前に発生していた未払い料金のほか、キャンセル後に発生する料金が含まれることがあります。

  4. ビジネス用メールの登録を管理する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    ビジネス用メールアドレスを申し込むと、G Suite の有料登録が開始されます。G Suite のお支払いプランでは、毎月の自動支払い方法としてクレジット カードを設定できるため、容易にアカウントを有効かつ最新の状態に保てます。お支払い方法はいつでも変更でき、すべてのお支払い履歴の確認や請求先の連絡先情報の変更も可能です。

    開始するにはビジネス用メールの設定を開きます。
    1. Gmail のアカウントで、設定アイコン 設定 をクリックし、[ドメインの管理] を選択します。
    2. [登録] までスクロールし、[支払い情報] をクリックします。
    3. [トランザクション履歴] を管理し、[お支払いの設定] と [ペイメント プロファイル] を更新する方法については、下記をクリックしてください。
    ご利用履歴を確認する

    トランザクション履歴を開く

    [トランザクション履歴] ページでは、G Suite ペイメント アカウントに関連する費用、お支払い、その他のトランザクションの詳細を確認できます。

    1. [お支払い] ページの [取引を表示する] をクリックします。
    2. 請求先アカウントで行われたすべてのトランザクションを見るには、表をスクロールします。ご利用履歴は月単位でまとめられ、次の項目を確認できます。
      • 開始残高 - 各月 1 日の残高です。
      • 料金 - 特定の日に関するすべてのユーザーの合計費用。
      • クレジット - お支払い額と、アカウントに適用された調整額(ある場合)。
      • 差引残高 - 発生した料金とお支払い額との差額。[料金] 列の金額は残高にプラスされ(お支払い額の増加を意味します)、[クレジット] 列の金額は残高からマイナスされます(お支払い額の減少を意味します)。残高は差額を表します。

    ご利用履歴の詳細を表示する

    [トランザクション履歴] ページは、デフォルトでは [詳細] ビューに設定されています。請求アクティビティが発生した日ごとの項目があります。

    [内容] 列には、状況に応じて次の項目が表示されます。

    • 登録数の更新 - 当日に追加または削除されたユーザーの数。リンクをクリックすると詳細が表示されます。
    • スケジュール設定済みの自動支払い - 銀行口座からの自動支払いが数日以内に行われます。このステータスが表示されるのは、メインのお支払い方法が口座振替になっている場合のみです。
    • 処理中 - 料金、お支払い、または調整の処理が行われています。
    • お支払い - 管理コンソールで行った手動支払いがアカウントに適用されました。
    • 自動支払い - 自動支払いがアカウントに適用されました。
    • 支払いの不承認 - 管理コンソールで行った手動支払いの手続きが処理されませんでした。
    • 承認されなかった自動支払い - 自動支払いの手続きが処理されませんでした。
    • サービス調整額 - プロモーション クレジットや Google の担当者によるサービス クレジットです。

    トランザクションを種類別にまとめる

    必要に応じて [トランザクション履歴] のビューを変更し、毎月のトランザクションの概要を種類別に確認することもできます。プルダウン メニューで [詳細] から [概要表示] に切り替えます。

    概要表示では、[お支払い] や [費用] などのトランザクション別の合計額を、月ごとに一目で確認できます。

    期間や種類でトランザクションを絞り込む

    特定のトランザクションを簡単に見つけるには、リスト上部の別のプルダウン メニューの項目を選択することで、リストを絞り込むことができます。次の項目があります。

    • 期間 - 表の右上で、期間を選択します。日、数か月、四半期、年単位で表示したり、具体的な期間を指定したりできます。
    • ご利用履歴の種類 - [すべて] プルダウン メニューから項目を選択して、次の種類別にご利用履歴を絞り込みます。
      • すべて - 以下のすべてのご利用履歴の種類。
      • 費用 - サービスの利用料金。
      • お支払い - Google で受領済みのお支払い。
      • 調整額 - アカウントに適用した調整額。
      • 税金 - 登録費用に追加された税金。
    お支払い方法を更新する

    G Suite アカウントにクレジット カードの情報を追加した後でも、[お支払い] ページからクレジット カードの名義や請求先の住所などを変更することができます。ただし、カード番号や CVC 番号を変更するには、そのカードを新しいお支払い方法として追加する必要があります。詳しくは下記をご覧ください。

    クレジット カードの名義、CVC コード、有効期限を更新する

    1. [お支払い] ページで [お支払い方法の管理] をクリックします。
    2. 更新するクレジット カードまでスクロールし、[編集] をクリックします。
    3. 名前の横にある編集アイコン 編集 をクリックして名義を更新するか、有効期限を変更します。有効期限と CVC コードは、各欄で直接編集できます。
    4. [保存] をクリックします。

    請求先の住所を追加または変更する

    1. [お支払い] ページで [お支払い方法の管理] をクリックします。
    2. 更新するクレジット カードまでスクロールし、[編集] をクリックします。
    3. 請求先住所の横にある編集アイコン 編集 をクリックします。
      • 別の住所(アカウントに複数の請求先住所を関連付けていた場合)を選択し、変更を保存します。
      • [新しい住所を追加](このリンクを表示するにはスクロールが必要な場合があります)をクリックし、新しい住所を追加して保存します。

    クレジット カード番号を更新する

    1. [お支払い] ページで [お支払い方法の管理] をクリックします。
    2. [設定内容] までスクロールし、[お支払い方法を追加] をクリックします。
    3. [クレジット カードまたはデビッドカード] を選択し、カード番号やその他の情報を入力します。
    4. [このお支払い方法をメインに設定する] チェックボックスをオンまたはオフにして、カードをメインまたは予備に設定します。
    5. [保存] をクリックします。
    6. 請求先アカウントから古いカードを削除します。
    お支払いアカウントのプロファイルを更新する

    ビジネス用メールの利用料金のお支払いについて Google からお客様にご連絡できるように、ペイメント プロファイルは常に最新の状態にしてください。ペイメント プロファイルには、請求書や領収書に記載される会社の住所、お支払いに関する重要な通知の送信先メールアドレスが登録されています。

    ビジネス拠点の住所を更新する

    1. [お支払い] ページの下部にある [設定を管理する] をクリックします。
    2. [お支払いプロファイル] で、[会社名と住所] の横にある編集アイコン 編集 をクリックします。
    3. ビジネス拠点の住所を更新して [保存] をクリックします。

    請求先メールアドレスを確認する

    1. メールを開き、Google Domains からの「重要なお知らせ: メールアドレスをご確認ください」という件名のメールを探します。
    2. メールに記載されているリンクをクリックして、アドレスを確認および承認します。

    これで請求とお支払いに関する情報がこのアドレスに送信されるようになります。

    確認用のリンクの有効期限が切れている場合

    アドレス確認の依頼メールを Google から受け取っていたが、メールに記載されているリンクの有効期限が切れてしまった場合は、自分で別の確認メールを送信します。

    1. [お支払い] ページの下部にある [設定] をクリックします。
    2. [お支払い担当者] までスクロールします。
    3. 確認するメールアドレスの横にある [確認メールの再送信] をクリックします。

    請求先の連絡先情報を追加または変更する

    1. [お支払い] ページの下部にある [設定を管理する] をクリックします。
    2. [お支払い担当者] までスクロールし、次のいずれかの操作を行います。
      • 連絡先を追加する - [新しい連絡先を追加] をクリックし、新しい連絡先情報を入力します。
      • 連絡先を変更する - 連絡先の横にある編集アイコン 編集 をクリックして変更します。
      • 連絡先を削除する(追加済みの連絡先でのみ使用できます) - 連絡先の下部にある [削除] をクリックします。
    3. 連絡先を追加または変更する場合は、[メール設定] でその連絡先に送信するメールの種類を選択します。
      • お支払いに関するすべてのメール(メインの連絡先では必須)
      • お支払いに関する重要なメールのみ - お支払いが完了しなかった場合などの重要な通知を受け取ります。
      • お支払いに関するメールを配信しない(電話連絡のみ)
    4. [保存] をクリックします。

    メールアドレスを追加または変更する場合は、上記の「請求先メールアドレスを確認する」手順でアドレスをご確認いただく必要があります。メールアドレスが確認されるまでは、そのアドレスの横に「確認待ち」というメッセージが表示されます。

    ビジネス用メールの登録をキャンセルする

    ビジネス用メールをキャンセルするの手順で操作してください。

  5. ウェブサイトを作成する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    ビジネス用メールの登録時にドメインをご購入いただくと、Google Domains 経由でウェブサイトを作成できるという利点があります。

    Google Domains 経由でビジネス用のウェブサイトを作成するには:

    1. Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 をクリックして [ドメインの管理] を選択します。
    2. [ウェブサイトを作成します] をクリックします。

    Google Domains 経由でウェブサイトを構築する方法について詳しくは、ウェブ プレゼンスをご覧ください。

  6. ドメインを管理する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    ビジネス用メールをご利用で、お申し込み時にドメインを購入されたお客様のみが Google Domains からドメインを管理できます。ドメインを別途購入された場合の登録管理や設定変更は、ご利用のドメインホストで直接行ってください。

    新しいビジネス用メールとドメイン名(例: [ユーザー名]@[会社名].com)があれば、ウェブサイトを作成し、ドメイン設定を使用してドメインの管理ができます。

    ウェブサイトを作成、管理する

    ウェブサイトの運営は、新しい会社名を宣伝する効果的な方法の 1 つです。ウェブサイトを作成、管理するにはさまざまな方法があります。詳しくはウェブ プレゼンスを管理する方法についてのページをご覧ください。

    ご利用のドメインは G Suite によって管理され、毎年自動更新するように設定されています。そのため、有効期限が近づくとお知らせが届きますが、特にお客様側で設定などを行っていただく必要はありません。お支払いが完了するとドメインが更新されて、次の 1 年間も利用できるようになります。

    ドメイン設定を管理する

    Google Domains の設定を使用して、ドメインを最大限に活用できます。たとえば、ドメイン宛のトラフィックを直接既存のウェブサイトに転送できるなど、多くの機能が提供されています。

    Google Domains ページからドメイン設定を管理するには:

    1. Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 をクリックし、[ドメインの管理] を選択します。
    2. [登録] の [ドメインを管理します] をクリックします。

    ブラウザから domains.google.com/registrar にアクセスして、Google Domains に移動することもできます。

    Google Domains のページで、利用できるオプションから選択します。詳細

    • Google Domains 内の別のアカウント、または別の登録事業者にドメインを移管します。
    • ドメインを削除して、ドメイン登録を即時終了します。ドメインを削除すると、ビジネス用メールとウェブサイトは機能しなくなります。

    重要: この操作を選択する前に、ドメインを削除した場合のあらゆる影響を必ずよく読んで理解してください。

  7. サービスを管理する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    [他のサービスの設定] ページでは、ビジネスに利用できる他のサービスをオンまたはオフにできます。サービスの設定は新しく作成したユーザーにも適用されます。

    サービスを管理するには:

    利用できるサービスとそのステータス(オンまたはオフ)が一覧表示されています。

    1. Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 をクリックして [ドメインの管理] を選択します。
    2. [アカウント設定] セクションで [その他のアカウント設定] をクリックします。
    3. [オン] または [オフ] をクリックしてサービスをオンまたはオフにします。
    4. [保存] をクリックします。

G Suite のさまざまな機能を有効にする

  1. お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルを行う前の検討事項

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    G Suite とドメインの登録により提供されるビジネス用メールアドレスにお申し込みになる前に、こちらの内容をご精読ください。すべての機能を理解し、現在ご利用中の Google サービスとその使用状況に与える可能性のある影響をご確認ください。

    お申し込み後、アカウントの変更が有効になるまでには数時間程度かかる場合があります。

    ビジネス用メールに関する考慮事項

    お申し込み前の注意事項

     

    サービス お申し込み後は...
    ビジネス用メールアドレス

    現在の Gmail アドレスがビジネス用メールアドレスに置き換えられたり、表示されなくなったりすることはありません。両方のアドレスを引き続き使用することができます。Google サービスのコンテンツに関連付けられている一方または両方のアドレスは、サービス内で自分および他のユーザーに表示されます。ビジネス用メールアドレスを既存の Gmail アドレスと関連付けたくない場合は、新しい Gmail アドレスを作成することをおすすめします。

    Gmail

    既存の Gmail アドレスを保持して、引き続きメールを送受信できます。

    メールはビジネス用メールアドレスでも送受信でき、その場合はビジネス用アドレスがメインのメールアドレスになります。

    Gmail フィルタ

    新しいビジネス用メールアドレスを含めるには、ご利用の @gmail.com アドレスを使用する Gmail フィルタの更新が必要な場合があります。詳細

    Google Play

    Google Play ストアで購入したアプリを、新しいビジネス用メールアドレスでご利用いただけます。ただし、Google 以外の販売者からお求めになったアプリ内購入の一部は、お申し込み後に利用できなくなる可能性があります。

    カレンダー

    既存の Gmail アドレス([XXX]@gmail.com)宛てに送信されたカレンダーの招待は、新しいビジネス用メールアドレスで受信されます。招待者には新しいビジネス用メールアドレスが表示されます。

    一般公開カレンダーの予定は、空き時間情報の表示に切り替えられます。お申し込み後にカレンダーのエントリを確認し、一般公開のエントリがそのままでよいのか(意図的に一般公開であるのか)を確かめ、必要な場合は更新してください。

    有料のドライブ ストレージ

    Google アカウントで Google ドライブの追加の保存容量を購入された場合は、お申し込み後も保存容量のサブスクリプションを保持して管理できます。購入された保存容量は、ビジネス用メールアドレスに付随する保存容量に加算されます。

    コンタクト コンタクトのプレビュー(コンタクトの新しいインターフェース)は、現在のところ G Suite では利用できません。詳細
    Google チャット

    Google チャット ユーザーであれば、ハングアウトを使用していなくてもハングアウトにアップグレードされます。G Suite の追加機能を有効にするか G Suite サブスクリプションをキャンセルしない限り、Google チャットに戻すことはできません。

    Google チャット ユーザーから新しいビジネス用メールアドレスに送信された招待は、既存の Gmail アドレス([XXX]@gmail.com)とともに表示されます。Google チャット ユーザーには、既存の Gmail アドレスと新しいビジネス用メールアドレスの両方がお客様の連絡先情報として表示されます。

    ハングアウト ユーザーへの影響はありません。

    Google サイト

    作成済みの一般公開サイトには、引き続きアクセスできます。新規作成したサイトは、ドメインで作成されます。G Suite アカウントで提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、ドメインで作成されたサイトは保持されません。

    詳しくは、以下のキャンセルする前にをご覧ください。

    Google Now Google Now の機能は制限されます。フライト、ホテル、レンタルカードなどの一部の Now カードは、G Suiteではまだサポートされていません。
    フォトとドライブの統合 フォトとドライブの統合は G Suite ではまだサポートされていません。
    G Suite の追加機能を有効にする前に

    G Suite のビジネス用メールとドメインの登録に対して追加機能を有効にする前に、この操作が他のサービスに及ぼす影響についてご確認ください。

    その他の機能:

    : 特に記載されていない限り、追加機能の有効化にはすべてのお申し込みに関する考慮事項が適用されます。

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     

     

    サブスクリプションをキャンセルする前に、Google データ エクスポートを通じて一部のデータをダウンロードしたり、ドメインの所有権を別のアカウントに譲渡したりすることもできます。詳しくは、アカウントのデータビジネス用メールデータのダウンロードについてのページをご覧ください。

    サービス 追加機能を有効にした場合...
    Gmail 元の Gmail アドレスは、G Suite のビジネス用メールアドレスと完全に紐付けられます。
    G Suite 元の Gmail アカウントは引き続き使用できます。
    ただし、G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、元の Gmail アカウントもキャンセルされます。追加機能を有効にすると、G Suite アカウントと Gmail アカウントが完全にリンクされます。
    Google Play

    Gmail アカウントを使った Google Play での購入は、G Suite アカウントと無期限に関連付けられます。

    ビジネス用メールの管理

    [ビジネス用メールの管理] パネルにはアクセスできなくなります。Google 管理コンソールを使用して、G Suite サブスクリプションを管理します。詳細

    キャンセルする前に

    月々のビジネス用メールサービスおよびドメイン登録はいつでもキャンセルできます。

    • ビジネス用メールをキャンセルした時点で G Suite の追加機能を有効化していなければ、元の Gmail アドレスを再び使用することができます。
    • 追加機能(別のユーザーのメールアドレスやメール エイリアスの追加など)を有効にした場合:
      G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、元の Gmail アカウントもキャンセルされます。追加機能を有効にすると、G Suite アカウントと Gmail アカウントが完全にリンクされます。
    • サブスクリプションをキャンセルする前に、Google データ エクスポートを通じて一部のデータをダウンロードしたり、ドメインの所有権を別のアカウントに譲渡したりすることもできます。詳しくは、アカウントのデータビジネス用メールデータのダウンロードについてのページをご覧ください。

    キャンセルした場合、キャンセル日までの G Suite ご利用料金が請求されます。次月の初めに最終的な請求書をメールでお送りします。

    キャンセルするとドメイン登録はどうなりますか?

    • お申し込み時にドメインを購入された場合、現在の登録期間が終了するまではお客様がドメインの所有者です。ドメインの設定は domains.google.com で管理します。
    • G Suite の追加機能を有効にした場合: ドメインの設定を管理するには、キャンセルする前にドメイン登録を別のユーザー アカウントに移管します。

      詳しくは、ドメイン登録の移管削除についてのページをご覧ください。

    • お申し込みの前からドメインを所有していた場合、ご利用のドメインホストでの現在の登録サブスクリプションが終了して登録が期限切れになるまで、お客様がドメインの所有者です。サブスクリプションのキャンセルおよび更新を行うには、ドメインホストのウェブサイトをご覧ください。

    アカウント情報のデータはどうなりますか?

    追加機能を有効化した場合

    • G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、G Suite のビジネス用メール アカウントと元の Gmail アカウントが削除されます。
    • サブスクリプションをキャンセルする前に、Google データ エクスポートを通じて一部のデータをダウンロードすることができます。詳しくは、アカウントのデータビジネス用メールデータのダウンロードについてのページをご覧ください。

    G Suite の追加機能を有効化しなかった場合:

    キャンセルする前に、以下の表でサービスデータへの変更をすべて確認してください。キャンセルしても、メール、連絡先、プライマリカレンダーの個々のエントリ、ドキュメント、すべての消費者データは、ご利用のアカウントに残ります。ドメインに関連付けられた一部のデータは、Google データ エクスポートでダウンロードできる場合があります。詳しくは、データのダウンロードを提供するサービスについてご覧ください。

    キャンセルした後、アカウントの変更が有効になるまでには数時間かかる場合があります。

    サービス キャンセルした場合...
    Google Domains ドメインは引き続き所有できますが、ドメインの自動更新は無効になります。ドメインの管理には Google Domains 管理コンソールを使用します。
    ドライブ ストレージ ドライブ ストレージの上限は、一般向けメールからビジネス用メールにアップグレードする前の購入時のレベルに縮小されます。容量が以前の保存容量の上限内に収まるまで、ドライブ内でファイルを作成できなくなります。詳細
    Google Play

    Google Play ストアで購入されたアプリは、キャンセル後もアカウントとともに残ります。ただし、Google 以外の販売者からお求めになったアプリ内購入の一部は利用できなくなる可能性があります。

    カレンダー

    G Suite ドメインでのみ共有される予備カレンダーは削除されます。

    Google グループ G Suite ドメインで作成されたグループ(@[会社名].com 上のグループ)は削除されます。
    Google サイト

    ドメインと関連付けられていないサイトは残ります。ドメインと関連付けられているサイトは削除されます。

    Google+ 一般公開および限定公開の Google+ の投稿、無制限のコミュニティ、一般公開のコレクションは残ります。ドメイン限定の投稿やコミュニティ、ドメインのコレクション、カスタム コレクション、非公開のコレクションは削除されます。
    ビジネス用メールの管理 [ビジネス用メールの管理] パネルにはアクセスできなくなります。
    アプリ パスワード アプリ パスワードを生成している場合(iOS デバイスで Gmail やハングアウトを使用する場合など)、ビジネス用メールのサブスクリプションをキャンセルする前に 2 段階認証プロセスを無効にしてください。無効にするとアプリ パスワードが削除され、これらを使ってログインしたアプリと端末からログアウトします。2 段階認証プロセスを有効のままにすると、パスワードは引き続き機能します。詳細
  2. 他のビジネス機能も利用する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

     

    G Suite のビジネス用メール アカウントをご利用いただいているお客様には、チームメンバー用のメールアドレスの作成、ドメインのディスカッション グループの設定など、G Suite のさまざまな機能をご利用いただけます。簡単な操作を行うだけで、これらの機能をご利用いただけるようになります。

    追加機能を有効にする

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     

     

    アカウントのロックを解除すると、以下の追加機能をご利用いただけます。

  3. ビジネス用メール アカウントのセキュリティとプライバシーの強化

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

     

    ご使用のビジネス用メール アカウントについて、セキュリティとプライバシーの追加規約をご確認のうえ同意していただくことができます。また、アカウントのロックを解除することで、より多くのセキュリティ機能を追加することもできます。

    ビジネス用メールのセキュリティとプライバシーの設定を開く

    1. Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 次に [ドメインの管理] をクリックします。
    2. [セキュリティとプライバシー] をクリックして、追加のセキュリティ オプションを開きます。

    セキュリティとプライバシーの規約

    ビジネス拠点が欧州連合(EU)加盟国にある場合は、EU のセキュリティ要件に準拠するために、データ処理の修正条項と EU モデル契約条項をご確認のうえこれらに同意していただく必要があります。

    Security and privacy page

    セキュリティ オプションを追加する

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     

     

    [追加のセキュリティのロック解除] をクリックして、次のような G Suite のセキュリティ機能を有効にします。

  4. チームのビジネス用メールアドレスを作成する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    G Suite サブスクリプションで追加機能を有効にすると、新しいユーザー アカウントを作成したり、追加のセキュリティ設定を管理したり、使用状況に関するレポートを表示したりすることができます。チームメンバーは Gmail に加えて、ドライブ、ドキュメント、フォーム、ハングアウトなどの Google サービスも利用できます。

    チームメンバーがビジネス用メールを利用するには、管理者がそのユーザーのアカウントを作成する必要があります。

    料金

    追加アカウントの料金は、1 ユーザーあたり月額 5 米ドルです。詳しくは、お支払いとご請求の管理をご覧ください。

    手順 1: G Suite の追加機能を有効にする

    チームのビジネス用メール アカウントを作成するには、まず G Suite の追加機能を有効にします。

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     
    1. Gmail アカウントで設定アイコン 設定 をクリックして [ドメインの管理] を選択します。
    2. [チーム向けにアドレスを作成します] をクリックします。
    3. [同意] チェックボックスをオンにして [追加機能を有効化] をクリックする前に、制限事項などの詳細情報を確認します。
    4. 管理コンソールのダッシュボードが開きます。必要に応じて、主要な機能のガイドを確認します。チームのメールアドレスを設定する方法については、下記の手順をご覧ください。

    手順 2: チームメンバーのビジネス用メールを作成する

    次の手順で、チームメンバーのアカウントを作成します。

    各チームメンバーのビジネス用メール アカウントを作成するには:

    1. 管理コンソールのホームページで [ユーザー] をクリックします。
    2. 追加アイコン 追加 にカーソルを合わせて、新しいユーザーの追加アイコン Add user をクリックします。
    3. チームメンバーの []、[名]、[メインのメールアドレス] を入力します。
    4. (省略可)チームメンバーの初期パスワードを設定します。

      管理コンソールでチームメンバーの仮のパスワードが生成されます(記号、大文字、小文字、数字の混在するパターンが使用されます)。パスワードの長さは、最小の長さ(8 文字)以上、またはドメインの設定で指定したパスワードの最小の長さ以上です。別の初期パスワードを設定するには、[パスワードの設定] をクリックし、新しいパスワードを 2 回入力します。安全なパスワードを作成するためのヒントについては、安全なパスワードを作成してアカウントのセキュリティを強化するをご覧ください。

    5. (省略可)[詳細] をクリックして、連絡先情報(チームメンバーの携帯電話番号や勤務先住所など)やその他の従業員の詳細をプロフィールに追加します。

      この情報は、管理コンソールおよび Gmail の連絡先に表示されます。

    6. [作成] をクリックします。
    7. [手順をメールで送信] または [手順を印刷] をクリックして新しいユーザーにアカウント情報を提供します。

      手順をメールで送信する場合は、新しいメールアドレスではなく、ユーザーがこれまで使用しているメールアドレスに送信します。

    8. [完了] をクリックします。
    9. (省略可)追加のユーザー設定を編集します。

      他のユーザー設定(グループへの新しいユーザーの追加、G Suite ディレクトリからのユーザー情報削除など)を行うには、[ユーザー] ページのリストで対象のユーザー名をクリックします。詳しい手順については、ユーザー アカウントの管理をご覧ください。

    連絡先内の検索可能な G Suite ディレクトリに新しいアカウントが表示されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。共有オプションを変更して、G Suite ディレクトリでチームメンバーを非表示にすることもできます。

    複数のユーザーをまとめて追加したり、メールでユーザーを招待したりする手順については、ユーザーの追加方法をご覧ください。

  5. ビジネス用メール エイリアスを作成する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

     

    独自のドメイン名の入ったビジネス用メール アカウントを作成したら、必要に応じてメール エイリアスを作成します。G Suite の追加機能を有効にすると、チーム内のユーザーごとに最多で 30 個のメール エイリアスを無料で追加できます。

    メール エイリアスとは

    ビジネス用メール アカウントは、ログインとメールの受信に使用するメインのアドレスです。メールを受信するのに予備のアドレスが必要な場合は、メール エイリアスを作成することができます。

    メール エイリアスは、ビジネス用メール アカウントに紐付いた予備のアドレスです。メインのアドレス(ビジネス用メール アカウントの作成に使用したアドレス)宛てに送信されたメールと、追加したメール エイリアス宛てに送信されたメールはすべて、ビジネス用メールの受信トレイに表示されます。

    たとえば、joe@cupcakebakery.com で sales@cupcakebakery.com 宛てのメールも受信する場合は、sales@cupcakebakery.com というエイリアスを作成します。どちらのアドレスに送信しても、メールは Joe の受信トレイに届きます。

    ビジネス用メール エイリアスを作成するには、まず以下の手順に従って G Suite の追加機能を有効にする必要があります。追加機能を有効にしたら、Google 管理コンソール経由で管理者とチームのビジネス用メールを管理できます。新しいチームメンバーの追加やパスワードの再設定など、チームのビジネス用メールの管理は管理者が管理コンソールから行います。

    手順 1: G Suite の追加機能を有効にする

    ビジネス用メール エイリアスを作成するには、最初に G Suite の追加機能を有効にします。

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     
    1. Gmail のアカウントで、設定アイコン 設定 をクリックし、[ドメインの管理] を選択します。
    2. [エイリアスを作成します] をクリックします。
    3. [同意] チェックボックスをオンにして [追加機能を有効化] をクリックする前に、制限事項などの詳細情報を確認します。
    4. 管理コンソールのダッシュボードが開きます。必要に応じて、主要な機能のガイドを確認します。ビジネス用メールのメール エイリアスを作成する方法については、以下の手順をご覧ください。

     

    手順 2 ビジネス用メール エイリアスを作成する

    ビジネス用メール エイリアスを作成する次の手順として、エイリアスをアカウントに追加します。

    1. 管理コンソールのダッシュボードから [ユーザー] をクリックします。
    2. ユーザーのリストで、名前をクリックしてアカウントのページを開きます。
    3. ユーザー アカウント ページで [アカウント] をクリックします。
    4. [エイリアス] セクションで [エイリアスを追加] をクリックします。
    5. [エイリアスを追加] テキスト ボックスにユーザー名を入力します(この名前は、ユーザーのメールアドレスの @ マークの前に表示される部分です)。

      注: 他のメールアドレスと同様に、すでに他のユーザーに割り当てられているエイリアスを、メインのアドレスまたは予備のアドレスとして再利用することはできません。

    6. [保存] をクリックします。

    エイリアスが使用できるようになるまで、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

    詳しくは、G Suite ユーザーのメール エイリアスの追加と削除をご覧ください。

     

さらにサポートが必要な場合

  1. ビジネス用メールアドレスと現在使用中のメールアドレスの連携

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    G Suite で新しいビジネス用メールアドレスを作成すると、そのアドレスは既存の Gmail アカウントの追加のアドレスとなり、メールの送受信に利用することができます。既存のメールと連絡先もすべてそのまま使用できます。

    元の Gmail アドレスに送られるメールと新しいビジネス用のアドレスに送られるメールの両方を受信することができます。

    Gmail and business email work together

    新しいビジネス用のメールを使い始めるには、既存の Gmail アドレスとパスワードか、新しいビジネス用のアドレスと既存のパスワードでログインします。メールを作成する際に、新しいビジネス用のアドレスから送信するか、元の Gmail のアドレスから送信するかを選択することができます。

     

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     

     

  2. ビジネス用メールのよくある質問

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    スマートフォンでビジネス用メールを使用するにはどうすればよいですか?

    Apple® iOS® 版または Android 版の Gmail アプリをダウンロードするか、スマートフォン内蔵のメールアプリでメールを設定できます。設定手順については、モバイル デバイスでビジネス用メールを使用するをご覧ください。

    お支払い情報を変更するにはどうすればよいですか?

    お支払い情報を変更する必要がある場合は、ビジネス用メールの登録を管理するをご覧ください。

    メールの送信時に表示される名前を変更するにはどうすればよいですか?

    ビジネス用の送信メールに、送信者の姓名ではなく次のようなビジネス用の名前を表示することができます。

    From: 鈴木さんの会社名

    詳しくは、ビジネス用メールの設定を管理するをご覧ください。

    アカウント名を変更するにはどうすればよいですか?

    ビジネス用メール アカウントに関連付けられた名前を変更し、ご利用の Google サービス全体に新しい名前を反映させることができます。

    詳しくは、ビジネス用メールの設定を管理するをご覧ください。

    メールの署名を新たに作成するにはどうすればよいですか?

    テキストおよび画像を使って作成した署名を、連絡先やビジネス情報としてメールに追加することができます。

    詳しくは、Gmail での署名の作成をご覧ください。

    [info など用途を示す名称]@[ビジネス名].com のようなエイリアスを作成するにはどうすればよいですか?

    メール エイリアスを作成するには、G Suite の追加機能を有効にする必要があります。追加機能を有効にすると、チームメンバー 1 人につき最多で 30 個のメール エイリアス無料で追加できます。詳しくは、ビジネス用メール エイリアスを作成するをご覧ください。

    ビジネス用メール アカウントのセキュリティを強化するにはどうすればよいですか?

    アカウントのセキュリティを強化するには 2 通りの方法があります。1 つ目は 2 段階認証プロセスの利用、2 つ目はアカウントのロック解除による機能の有効化(シングル サインオン、パスワード管理、API 権限、データ保護オフィサーの追加)です。詳しくは、ビジネス用メール アカウントのセキュリティとプライバシーの強化をご覧ください。

    自分のドメインでチームのビジネス用メールアドレスを取得するにはどうすればよいですか?

    独自のドメイン名でビジネス用メールアドレスを作成したら、社内のユーザー向けのビジネス用メールアドレスと Google アカウントを簡単に作成できます。詳しくは、チームのビジネス用メールを作成するをご覧ください。

    ビジネス用メールアドレスの申し込み時に、任意のドメインを購入することはできますか?

    現在 G Suite でご利用いただけるドメインは、.biz、.com、.info、.net、.org です。.edu、.ny、.us などのプレミアム ドメイン、アフターマーケット ドメイン、特別な要件のあるドメイン、プライバシーのないドメインは提供されていません。

    取得したドメインで独自のウェブサイトを作成するにはどうすればよいですか?

    ビジネス用メールのお申し込み時に新しいドメインを購入された場合、ブラウザにドメインを入力すると表示されるウェブサイトを作成できます。Google Domains 経由でウェブサイトを作成する方法やドメインを URL に転送する方法については、ウェブ プレゼンスをご覧ください。

    お支払い情報の画面に「お支払いに関するメインのご連絡先に重要な通知が送信されません」と表示されるのはなぜですか?

    ご利用の @gmail アドレス以外のメールアドレスがお支払いアカウントに設定されているためです。請求先メールアドレスの確認または変更の手順に沿ってご対応ください。

    使っている G Suite サービスにいくつか変更があるようなのですが、これはどうしてですか?

    G Suite のビジネス用メールをお申し込みされると、G Suite のサービス利用に影響する可能性のある変更点がアカウントに加えられます。詳しくは、お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルの前の検討事項をご覧ください。

  3. モバイル デバイスで G Suite のビジネス用メール機能を使用する

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

     

    ビジネス用メールや Gmail、カレンダー、ドキュメント、ドライブといった Google のアプリを Android と Apple® iOS® デバイスで使用できます。Gmail モバイルアプリをダウンロードすると、次のことができます。

    • 使いやすくてシンプルな Gmail を、ビジネス用メールとしてどこからでも利用できます。
    • Android または iOS モバイル端末でビジネス用メールと Google のアプリを利用できます。
    • メッセージを優先度順に整理して簡単に確認できます。
    • すべてのメールを検索して必要な情報を見つけることができます。

    Android スマートフォンやタブレットに Google アカウントを設定すると、Gmail アプリをすぐに利用できます。詳しくは、Gmail の設定を変更する(Android)をご覧ください。

    Gmail モバイルアプリを iPhone または iPad で使用する

    iPhone および iPad でメールを簡単に受信する方法として、Gmail モバイルアプリをおすすめします。Gmail モバイルアプリでリアルタイムの通知を受け取ったり受信トレイ全体を検索したりするなど、Gmail のすべての機能を利用できます。

    Gmail モバイルアプリの詳細やダウンロードについては Gmail アプリの概要(iPhone と iPad)をご覧ください。

    IMAP を使用するサードパーティ クライアントを設定する

    IMAP を使用する他の(Android と iOS 以外の)モバイル デバイスにも Gmail を設定できます。詳しくは、IMAP または POP メール クライアントを使用するをご覧ください。サポートされる機能やその他の詳細については、ご利用のモバイル端末向け IMAP クライアントのドキュメントをご覧ください。

    使用するメールアドレスを選択する

    メールを送信するときに、Gmail アドレスを使用するか、ビジネス用メールアドレスを使用するか選択できます。メールの返信に使用するアドレスを変更することもできます。[From] アドレスを設定するには、Gmail の [名前] 機能を使用します。この機能を使用すると、すべての送信メールに表示される名前を変更できます。詳しくは、別のアドレスやエイリアスからメールを送信するをご覧ください。

    トラブルシューティングのヒント

    変更を加えたときに、その変更内容がモバイル端末アプリ(Gmail、カレンダーなど)に早く反映されるようにする、おすすめの方法をご紹介します。

    Android 端末

    端末が新しいビジネス用メールアドレスに更新されるまでしばらく時間がかかる場合があります。早く更新されるようにするには、次のトラブルシューティングのヒントをお試しください。

    端末を再起動します。再起動しても端末が更新されない場合は、次の操作を行います。

    1. [設定] > [アカウント] > [アカウントを追加] をタップします。
    2. ビジネス用メールアドレスの新規アカウントを追加します。
    3. 古い Gmail アカウントを削除します。

    iOS 端末

    内蔵の iOS メール アプリケーションを使用している場合は、新しいビジネス用メールを使用するようプロフィールを更新して、ログインし直す必要があります。

    プロフィールを更新するには:

    1. [設定] > [メール / 連絡先 / カレンダー] をタップします。
    2. 既存の Gmail アカウントを選択して [アカウント] をタップします。
    3. メールアドレスを編集して新しいビジネス用メールアドレスを指定します。
    4. [完了] をクリックします。

    既存のアドレス プロフィールを削除する

    iOS 用 Gmail アプリケーションを使用している場合は、既存の @gmail アドレス プロフィールを削除することができます。

    1. iOS 用 Gmail アプリケーションを起動します。
    2. [編集] を選択します。
    3. 古い @gmail アドレスを削除します。

    新しいビジネス用メールアドレスのプロフィールを追加する

    1. [アカウントを追加] をタップします。
    2. ビジネス用メールアドレスとパスワードでログインします(パスワードは @gmail.com アカウントと同じです)。
    3. [完了] をクリックします。

    IMAP クライアント(Google 以外のクライアント)

    他の種類の端末で IMAP クライアントを使用している場合:

    別の方法として、スマートフォンから既存の Gmail アドレスを削除してから、新しいビジネス用メールアドレスを追加します。

    その他の参考情報

    1. Google(Gmail)アカウントからログアウトします。
    2. 新しいビジネス用メールアドレスを使用するようプロフィールを更新します。
    3. 新しいビジネス用メールアドレスでログインします。
    4. ご利用のモバイル メール クライアントでビジネス用メールを使用中に問題が発生する場合は、こちらのトラブルシューティングのヒントをご覧ください。
  4. 非公開の登録およびドメイン情報を更新する

    Google Domains では、ドメインの非公開の登録連絡先情報を管理できます。

     

  5. WHOIS ディレクトリとは

    WHOIS ディレクトリは、ドメイン名と各ドメイン名に関連付けられた個人または団体の連絡先情報の公開リストです。WHOIS ディレクトリはドメイン名の所有者を調べるためのものです。たとえば、ドメイン <your company>.com を登録すると、入力した連絡先情報が WHOIS ディレクトリ内の <your company>.com のリストに掲載されます。誰でも WHOIS ディレクトリにアクセスして、ある特定のドメインの所有者を確認することができます。

    詳しくは、WHOIS ディレクトリについてのページをご覧ください。

    非公開の登録

    非公開の登録を使用すると、サードパーティの非公開登録プロバイダの名前と連絡先情報のみが表示されます。

    詳しくは、非公開の登録についてのページをご覧ください。

  6. ビジネス用メールをキャンセルする

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    アカウントをキャンセルする

    キャンセルする前に、キャンセルを行う前の検討事項に関する項目をご覧ください。

    1. (モバイル デバイスまたはタブレットではなく)パソコンで Gmail にアクセスします。
    2. ビジネス用メールアドレス(末尾が @gmail.com 以外のアドレス)でログインします。
    3. 右上にある設定アイコン 設定次に [設定] をクリックします。
    4. [このドメインを管理] をクリックします。
    5. 開いたパネルを確認します。
    [ビジネス用メールの管理] パネル [Google 管理コンソール] パネル

    > G Suite のビジネス用メールをキャンセルする手順に沿って操作します。


    Business email hub

    > 追加機能を有効にしました。G Suite Basic をキャンセルする手順に沿って操作します。

    新しい管理コンソール

  7. ビジネス向けメールのサポート

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    G Suite が提供するビジネス向けメールをご利用の場合は、アカウントで 24 時間年中無休の電話サポートとメールサポートをご利用いただけます。

    G Suite のビジネス向けメールの場合

    1. Gmail アカウントで、設定アイコン 設定 をクリックし、[このドメインを管理] を選択します。
    2. 下にスクロールして [サポートに問い合わせる] をクリックします。

    G Suite Basic の場合

    アカウントを G Suite Basic にアップグレードした場合は、G Suite サポートにお問い合わせください。

    Google Domains の場合

    ヘルプセンターにアクセスするか、Google Domains サポートにお問い合わせください。

ビジネスメールに申し込む

  1. G Suite のビジネス用メールのお申し込みは終了いたしました

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規登録は終了いたしました。G Suite のビジネス用メールをご購入いただいたお客様へのサポートは、引き続きご提供いたします。

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

  2. ビジネス用メールアドレスを作成する前に

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    ビジネス用メールのご利用に関する制限事項は以下のとおりです。なお、この制限事項は現時点でのものであり、今後変更される可能性があります。

    Gmail アカウントが必要です

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     
    • 複数の Gmail アドレスをお持ちの場合は、新しいビジネス用メールアドレスと関連付けるアカウントを 1 つだけ選択してください。追加機能を有効にすることで、ドメインに別のアカウントを追加できます。
    • [ユーザー名]@[会社名].com のようなビジネス用メールアドレスが必要な場合には、ドメインをご購入いただくか、すでにお持ちのドメインをお使いいただく必要があります。お申し込み時に次の操作を行います。
      • ドメインを購入される場合は、ビジネス用メールアドレスに使うドメイン名(「@[会社名].com」の部分)を選択できます。
      • 既にドメインをお持ちの場合は、そのドメインの所有権の確認手続きを行いメールの設定を変更することで、ドメインで使うメールアドレスでの送受信処理を Google で行えるようにする必要があります。ドメインの所有権確認の手順は、お申し込み手続きの中でご案内します。
    • すでにドメインをお持ちでメールの受信にエイリアスをご利用の場合は、そのエイリアスを使ってビジネス用メールのドメインのメインのアカウントにメールを転送することはできなくなります。詳しくはメール エイリアスの転送の未対応についてのページをご覧ください。新しいドメインを購入される場合は、追加機能を有効にすることでビジネス用メールの新しいエイリアスを作成することができます。
    • Gmail アカウントをビジネス用メールアドレスに関連付けられるのは、そのアカウントの登録が G Suite Basic を利用可能な国(南極大陸とブーヴェ島を除く)で行われたものである場合のみです。
    • Gmail アカウントでは第一言語として英語を指定する必要があります。
    • Gmail アカウントで予備のカレンダーGoogle サイトなどのサービスをお使いの場合、またはご利用の Gmail アカウントに対して Gmail の委任を設定されている場合は、現在のところビジネス用メールをお申し込みいただけません。詳細とその他の制限について詳しくは、お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルの際の検討事項をご覧ください。
    • Gmail アカウントをお持ちで、新しいサービスである Inbox の利用をご希望の場合は、G Suite の設定で追加設定を有効にする必要があります。
  3. お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルを行う前の検討事項

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    G Suite とドメインの登録により提供されるビジネス用メールアドレスにお申し込みになる前に、こちらの内容をご精読ください。すべての機能を理解し、現在ご利用中の Google サービスとその使用状況に与える可能性のある影響をご確認ください。

    お申し込み後、アカウントの変更が有効になるまでには数時間程度かかる場合があります。

    ビジネス用メールに関する考慮事項

    お申し込み前の注意事項

     

    サービス お申し込み後は...
    ビジネス用メールアドレス

    現在の Gmail アドレスがビジネス用メールアドレスに置き換えられたり、表示されなくなったりすることはありません。両方のアドレスを引き続き使用することができます。Google サービスのコンテンツに関連付けられている一方または両方のアドレスは、サービス内で自分および他のユーザーに表示されます。ビジネス用メールアドレスを既存の Gmail アドレスと関連付けたくない場合は、新しい Gmail アドレスを作成することをおすすめします。

    Gmail

    既存の Gmail アドレスを保持して、引き続きメールを送受信できます。

    メールはビジネス用メールアドレスでも送受信でき、その場合はビジネス用アドレスがメインのメールアドレスになります。

    Gmail フィルタ

    新しいビジネス用メールアドレスを含めるには、ご利用の @gmail.com アドレスを使用する Gmail フィルタの更新が必要な場合があります。詳細

    Google Play

    Google Play ストアで購入したアプリを、新しいビジネス用メールアドレスでご利用いただけます。ただし、Google 以外の販売者からお求めになったアプリ内購入の一部は、お申し込み後に利用できなくなる可能性があります。

    カレンダー

    既存の Gmail アドレス([XXX]@gmail.com)宛てに送信されたカレンダーの招待は、新しいビジネス用メールアドレスで受信されます。招待者には新しいビジネス用メールアドレスが表示されます。

    一般公開カレンダーの予定は、空き時間情報の表示に切り替えられます。お申し込み後にカレンダーのエントリを確認し、一般公開のエントリがそのままでよいのか(意図的に一般公開であるのか)を確かめ、必要な場合は更新してください。

    有料のドライブ ストレージ

    Google アカウントで Google ドライブの追加の保存容量を購入された場合は、お申し込み後も保存容量のサブスクリプションを保持して管理できます。購入された保存容量は、ビジネス用メールアドレスに付随する保存容量に加算されます。

    コンタクト コンタクトのプレビュー(コンタクトの新しいインターフェース)は、現在のところ G Suite では利用できません。詳細
    Google チャット

    Google チャット ユーザーであれば、ハングアウトを使用していなくてもハングアウトにアップグレードされます。G Suite の追加機能を有効にするか G Suite サブスクリプションをキャンセルしない限り、Google チャットに戻すことはできません。

    Google チャット ユーザーから新しいビジネス用メールアドレスに送信された招待は、既存の Gmail アドレス([XXX]@gmail.com)とともに表示されます。Google チャット ユーザーには、既存の Gmail アドレスと新しいビジネス用メールアドレスの両方がお客様の連絡先情報として表示されます。

    ハングアウト ユーザーへの影響はありません。

    Google サイト

    作成済みの一般公開サイトには、引き続きアクセスできます。新規作成したサイトは、ドメインで作成されます。G Suite アカウントで提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、ドメインで作成されたサイトは保持されません。

    詳しくは、以下のキャンセルする前にをご覧ください。

    Google Now Google Now の機能は制限されます。フライト、ホテル、レンタルカードなどの一部の Now カードは、G Suiteではまだサポートされていません。
    フォトとドライブの統合 フォトとドライブの統合は G Suite ではまだサポートされていません。
    G Suite の追加機能を有効にする前に

    G Suite のビジネス用メールとドメインの登録に対して追加機能を有効にする前に、この操作が他のサービスに及ぼす影響についてご確認ください。

    その他の機能:

    : 特に記載されていない限り、追加機能の有効化にはすべてのお申し込みに関する考慮事項が適用されます。

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     

     

    サブスクリプションをキャンセルする前に、Google データ エクスポートを通じて一部のデータをダウンロードしたり、ドメインの所有権を別のアカウントに譲渡したりすることもできます。詳しくは、アカウントのデータビジネス用メールデータのダウンロードについてのページをご覧ください。

    サービス 追加機能を有効にした場合...
    Gmail 元の Gmail アドレスは、G Suite のビジネス用メールアドレスと完全に紐付けられます。
    G Suite 元の Gmail アカウントは引き続き使用できます。
    ただし、G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、元の Gmail アカウントもキャンセルされます。追加機能を有効にすると、G Suite アカウントと Gmail アカウントが完全にリンクされます。
    Google Play

    Gmail アカウントを使った Google Play での購入は、G Suite アカウントと無期限に関連付けられます。

    ビジネス用メールの管理

    [ビジネス用メールの管理] パネルにはアクセスできなくなります。Google 管理コンソールを使用して、G Suite サブスクリプションを管理します。詳細

    キャンセルする前に

    月々のビジネス用メールサービスおよびドメイン登録はいつでもキャンセルできます。

    • ビジネス用メールをキャンセルした時点で G Suite の追加機能を有効化していなければ、元の Gmail アドレスを再び使用することができます。
    • 追加機能(別のユーザーのメールアドレスやメール エイリアスの追加など)を有効にした場合:
      G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、元の Gmail アカウントもキャンセルされます。追加機能を有効にすると、G Suite アカウントと Gmail アカウントが完全にリンクされます。
    • サブスクリプションをキャンセルする前に、Google データ エクスポートを通じて一部のデータをダウンロードしたり、ドメインの所有権を別のアカウントに譲渡したりすることもできます。詳しくは、アカウントのデータビジネス用メールデータのダウンロードについてのページをご覧ください。

    キャンセルした場合、キャンセル日までの G Suite ご利用料金が請求されます。次月の初めに最終的な請求書をメールでお送りします。

    キャンセルするとドメイン登録はどうなりますか?

    • お申し込み時にドメインを購入された場合、現在の登録期間が終了するまではお客様がドメインの所有者です。ドメインの設定は domains.google.com で管理します。
    • G Suite の追加機能を有効にした場合: ドメインの設定を管理するには、キャンセルする前にドメイン登録を別のユーザー アカウントに移管します。

      詳しくは、ドメイン登録の移管削除についてのページをご覧ください。

    • お申し込みの前からドメインを所有していた場合、ご利用のドメインホストでの現在の登録サブスクリプションが終了して登録が期限切れになるまで、お客様がドメインの所有者です。サブスクリプションのキャンセルおよび更新を行うには、ドメインホストのウェブサイトをご覧ください。

    アカウント情報のデータはどうなりますか?

    追加機能を有効化した場合

    • G Suite で提供されるビジネス用メールをキャンセルすると、G Suite のビジネス用メール アカウントと元の Gmail アカウントが削除されます。
    • サブスクリプションをキャンセルする前に、Google データ エクスポートを通じて一部のデータをダウンロードすることができます。詳しくは、アカウントのデータビジネス用メールデータのダウンロードについてのページをご覧ください。

    G Suite の追加機能を有効化しなかった場合:

    キャンセルする前に、以下の表でサービスデータへの変更をすべて確認してください。キャンセルしても、メール、連絡先、プライマリカレンダーの個々のエントリ、ドキュメント、すべての消費者データは、ご利用のアカウントに残ります。ドメインに関連付けられた一部のデータは、Google データ エクスポートでダウンロードできる場合があります。詳しくは、データのダウンロードを提供するサービスについてご覧ください。

    キャンセルした後、アカウントの変更が有効になるまでには数時間かかる場合があります。

    サービス キャンセルした場合...
    Google Domains ドメインは引き続き所有できますが、ドメインの自動更新は無効になります。ドメインの管理には Google Domains 管理コンソールを使用します。
    ドライブ ストレージ ドライブ ストレージの上限は、一般向けメールからビジネス用メールにアップグレードする前の購入時のレベルに縮小されます。容量が以前の保存容量の上限内に収まるまで、ドライブ内でファイルを作成できなくなります。詳細
    Google Play

    Google Play ストアで購入されたアプリは、キャンセル後もアカウントとともに残ります。ただし、Google 以外の販売者からお求めになったアプリ内購入の一部は利用できなくなる可能性があります。

    カレンダー

    G Suite ドメインでのみ共有される予備カレンダーは削除されます。

    Google グループ G Suite ドメインで作成されたグループ(@[会社名].com 上のグループ)は削除されます。
    Google サイト

    ドメインと関連付けられていないサイトは残ります。ドメインと関連付けられているサイトは削除されます。

    Google+ 一般公開および限定公開の Google+ の投稿、無制限のコミュニティ、一般公開のコレクションは残ります。ドメイン限定の投稿やコミュニティ、ドメインのコレクション、カスタム コレクション、非公開のコレクションは削除されます。
    ビジネス用メールの管理 [ビジネス用メールの管理] パネルにはアクセスできなくなります。
    アプリ パスワード アプリ パスワードを生成している場合(iOS デバイスで Gmail やハングアウトを使用する場合など)、ビジネス用メールのサブスクリプションをキャンセルする前に 2 段階認証プロセスを無効にしてください。無効にするとアプリ パスワードが削除され、これらを使ってログインしたアプリと端末からログアウトします。2 段階認証プロセスを有効のままにすると、パスワードは引き続き機能します。詳細
  4. G Suite のビジネス用メール

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    [ユーザー名]@[会社名].com のようなメールアドレスを使えば、信頼性が高まるのでビジネスに最適です。現在ビジネスで Gmail をご利用の場合には、既存の Gmail アカウントを使ってよりビジネスに適したメールアドレスを作成し、使用することができます。現在ご利用の Gmail の機能は、新しいメールアドレスでもすべてそのままお使いいただけます。

    ビジネス用メールに含まれるもの

    • カスタム ビジネス メールアドレス
    • カスタム メールアドレスに使用する Google ドメイン
    • より大きな Google ドライブ ストレージ(30 GB)
    • G Suite のセキュリティと相互運用性
    • 99.9% の稼働率保証
    • 24 時間 365 日体制のテクニカル サポート(電話とメール)

    ビジネス用メールアドレスを作成したら

    • 同じユーザー名とパスワードを使って Gmail へのログインができます
    • 既存のすべてのメールと連絡先をそのまま保持できます
    • ビジネス用メールアドレスと元の Gmail アドレスの両方でメールの送受信を続けられます

    料金

    ビジネス用のメールアドレスを作成すると、最初の月の請求書には以下のご利用料金が含まれます。

    1. G Suite のビジネス用メール(ユーザー アカウントごとに 5 米ドル)
    2. Google Domains を通じて購入されたドメイン料金について詳しくは Google Domains の料金体系についてのページをご覧ください。

    その後の毎月の請求書には G Suite でのビジネス用メールのご利用料金のみが含まれ、年に一度ドメインの更新料が請求されます。

    月々のビジネス用メールサービスおよびドメイン登録はいつでもキャンセルできます。キャンセルする際は、キャンセル前の検討事項についてのページをご覧ください。

    チームメンバー全員のビジネス用メールアドレスを取得する

    チームのメンバー全員にビジネス用メールアドレスを用意する場合は、G Suite の追加機能を有効にすることで、1 ユーザーあたり月額 5 米ドルで G Suite サブスクリプションにユーザーを追加できます。

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     

    ビジネス用メールアドレス / ドメインをキャンセルする

    月々のビジネス用メールサービスおよびドメイン登録はいつでもキャンセルできます。キャンセルする際は、キャンセル前の検討事項についてのページをご覧ください。また、メールサービスを中断なくご利用いただくために、ドメイン契約は最長で次のお支払い日の 1 か月前に更新される場合があります。

  5. ビジネス用メールの比較

    アカウントの重要な変更
    2019 年 12 月 31 日以降、G Suite Business のメール アカウントが自動的に G Suite Basic アカウントに更新されます。
    • Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントが恒久的に紐づけられます。つまり、G Suite Basic のサブスクリプションを解約すると、Gmail アカウントと G Suite Basic アカウントの両方が削除されます
    • 価格が変わります。G Suite Basic フレキシブル プランの料金が請求されます(リージョン割引が適用されます)。

    両アカウントが恒久的に紐づけられないようにするには: 2019 年 12 月 31 日までに G Suite Business のメール アカウントを削除すると、Gmail アカウントのみを使用するように戻すことができます。


     

    2019 年 3 月 4 日をもって、G Suite のビジネス用メールの新規お申し込みの受付は終了しました。

    どのビジネス用メールサービスにお申し込みになるかをご検討中の場合や、より豊富な機能を備えたメール ソリューションへのアップグレードをお考えの場合に、このページをご参照ください。各ビジネス用メールサービスの機能の違いは以下のとおりです。

    Important: When you unlock additional G Suite features, your G Suite and Gmail accounts become permanently linked. If you cancel business email powered by G Suite, your original Gmail account will also be cancelled.
     
    機能

    Gmail

    G Suite のビジネス用メール

    G Suite Basic

    カスタムのビジネス用メールアドレス
    ([ユーザー名]@[会社名].com
    ? ? ?
    アカウントごとの最大ユーザー数 1 人 1 人* 無制限*
    ユーザーあたりの Google ドライブのストレージ容量 15 GB 30 GB 30 GB
    電話とメールによる 24 時間 365 日の技術サポート ? ? ?
    1 つのアカウントから複数のアプリ(ドライブ、ドキュメント、ハングアウトなど)へのアクセス(詳しくは、アプリについてのページをご覧ください) ? ? ?
    管理機能 ? 基本機能 高度な機能
    ドメインでのユーザーとサービス(ハングアウト、ドライブ)の追加と管理 ? ? ?
    高度なセキュリティ管理(セキュリティとビジネス向け管理機能についてのページをご覧ください) ? ? ?
    使用状況のレポートの取得(詳細 ? ? ?
    Marketplace アプリのインストール ? ? ?
    99.9% の稼働率保証 ? ? ?

    *追加アカウントに対しては、ユーザーあたりの月額料金が発生します。

    重要: お申し込み、追加機能の有効化、キャンセルを行う前の検討事項をご確認ください。

    **ユーザー数が 5 人未満の場合、ユーザー 1 人あたり 1 TB