仕事用プロファイルでのアプリ(電話、SMS)の使用と連絡先

仕事用プロファイルで電話アプリや SMS アプリを使用できます。また、管理者が許可している場合は、Android 7.0 Nougat 以降を搭載した端末で、個人用の連絡先アプリや電話アプリから仕事用の連絡先を検索できます。

この動作を管理するポリシーは、[端末管理] -> [Android の設定] -> [アプリとデータ共有] -> [他のプロファイルへの共有] の、[仕事用プロファイルから個人用スペースへのコンテンツ共有を許可する(仕事用プロファイルのみ)] です。

電話の発着信

管理者は、ユーザーが Android 7.0 以降の端末の仕事用プロファイルで使用する電話アプリを指定できます。指定した場合、電話アプリには仕事用の通話履歴のみが保存されます。また、電話アプリから仕事用の連絡先を参照できます。指定しなかった場合、端末での発着信はすべて、個人用プロファイルのデフォルトの電話アプリで行われます。

管理者が指定した仕事用プロファイルの電話アプリ

仕事用プロファイルの電話アプリを使用して電話をかけると、仕事用プロファイルの通話履歴に記録され、個人用プロファイルの通話履歴には記録されません。同様に、仕事用の電話アカウントで着信した電話は、仕事用プロファイルの通話履歴のみに記録されます。仕事の電話に応答できなかった場合は、不在着信の通知にある [コールバック] をタップし、仕事用の電話アプリから電話を折り返すことができます。複数の電話に応答できなかった場合は、その合計件数が表示されます。仕事用の不在着信には仕事用プロファイルのアイコンがバッジとして表示されるため、すぐに識別できます。個人用の不在着信の通知は、別に表示されます。

デフォルトの電話アプリ

仕事用プロファイルの連絡先に電話をかけると、「仕事用プロファイルの外部でこのアプリを使用しています」という警告が表示されます。発信は、端末の個人用プロファイルのデフォルトの電話アプリから行われます。仕事用プロファイルの連絡先アプリに登録されている人から着信があると、その人の名前と電話番号が画面に表示されます。管理者が許可している場合、発信者の名前は個人用プロファイルの通話履歴に記録されます。許可していない場合は、電話番号のみが表示されます。
: 仕事用プロファイルでは、連絡先アプリのディレクトリの連絡先はご利用になれません。

テキスト メッセージの送受信

すべてのテキスト メッセージは、個人用プロファイルのデフォルトの SMS アプリ(ハングアウトなど)で送受信されます。

仕事用プロファイルの連絡先にテキスト メッセージを送信する際、「仕事用プロファイルの外部でこのアプリを使用しています」という警告が表示されます。テキスト メッセージは、端末の個人用プロファイルのデフォルトの SMS アプリから送信されます。相手から返信があると、テキスト メッセージの返信の内容が個人用プロファイルに表示されます。仕事用プロファイルの連絡先とのやりとりは、個人用プロファイル内の履歴に個人用チャットと一緒に保存されます。送信者の電話番号のみが表示され、その他の詳細情報は表示されません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。