検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google モバイル管理を利用する場合の設定

Google モバイル管理の利用には、G Suite アカウントが必要です。管理者が EMM プロバイダを Google に設定した後、モバイル端末のユーザーは Google Apps Device Policy アプリをダウンロードし、Android 搭載端末を設定する必要があります。

Google を EMM プロバイダとして設定した場合、管理者はアプリをホワイトリストに登録したり、Google 管理コンソールからリモートでモバイル端末を管理したりできます。また、シングル サインオン(SSO)やセキュア ソケット レイヤー(SSL)などのさまざまな G Suite の機能を使って、Android の使い勝手や安全性を向上させることも可能です。

サードパーティの EMM プロバイダを利用される場合は、サードパーティの EMM プロバイダを利用する場合の設定をご覧ください。

Google を EMM プロバイダとして設定する

  1. 会社のドメインの特権管理者として、admin.google.com から Google 管理コンソールにログインします。
  2. [端末管理] > [セットアップ] > [Android 向けの EMM のバインド] をクリックします。
  3. [Google モバイル管理を Android 端末向けの EMM プロバイダとしてバインド] をクリックします。
  4. アプリをホワイトリストに登録するには、[端末管理] > [アプリの管理] > [Android 端末向けアプリの管理] をクリックします。

EMM プロバイダを変更する場合は、EMM プロバイダの変更をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。