Wifi ポイントと他のデバイスとの有線接続

Google Wifi が優れているのは、メッシュ ワイヤレス テクノロジーで動作するため、Wifi ポイント同士をイーサネット ケーブルで物理的に接続する必要がないという点です。一方、イーサネット ケーブルを使用しても、以下のように設定することで正しく動作します。

注: セットアップ中に、どのデバイス(パソコンやスイッチ、別の Wifi ポイントなど)も Wifi ポイントに接続しないでください。詳細

動作する Google Wifi の設定

Google Wifi ポイントと OnHub デバイス(またはどちらか)の使用

注: 次の例の「」はイーサネット ケーブルによる接続を表します。

)モデム → メイン Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント

  1. モデムの LAN ポートとメイン Wifi ポイントの WAN ポート をイーサネット ケーブルで接続する
  2. メイン Wifi ポイントの LAN ポートと任意のメッシュ Wifi ポイントの WAN または LAN ポートをイーサネット ケーブルで接続する

複数のメッシュ Wifi ポイントをイーサネット ケーブルでチェーン状に接続できます。

)モデム → メイン Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント → 以降同様に接続

メイン Wifi ポイントの下流にスイッチを接続する

注: 次の例の「」はイーサネット ケーブルによる接続を表します。

)モデム → メイン Wifi ポイント→ スイッチ → メッシュ Wifi ポイント

  1. モデムの LAN ポートとメイン Wifi ポイントの WAN ポート をイーサネット ケーブルで接続する
  2. メイン Wifi ポイントの LAN ポートとスイッチの WAN ポートまたはアップリンク ポートをイーサネット ケーブルで接続する
  3. スイッチの LAN ポートと任意のメッシュ Wifi ポイントの WAN ポートをイーサネット ケーブルで接続する

スイッチとメッシュ Wifi ポイントは、メイン Wifi ポイントの下流にある限り、任意の順序で接続することができます。また、これらのデバイスは、イーサネット ケーブルを使用して複数接続することができます。

)モデム → メイン Wifi ポイント → スイッチ → メッシュ Wifi ポイント

                                                                              → メッシュ Wifi ポイント

)モデム → メイン Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント → スイッチ → メッシュ Wifi ポイント

                                                            → メッシュ Wifi ポイント                   → メッシュ Wifi ポイント

メイン Wifi ポイントの上流にサードパーティ製ルーターを接続する
 注: 以下の例の「」はイーサネット ケーブルによる接続を表します。

)モデム → サードパーティ製ルーター → メイン Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント

  1. モデムの LAN ポートとサードパーティ製ルーターの WAN ポートをイーサネット ケーブルで接続する
  2. サードパーティ製ルーターの LAN ポートとメイン Wifi ポイントの WAN ポートをイーサネット ケーブルで接続する
  3. イーサネット ケーブル(または上記のスイッチ)を使用して、メイン Wifi ポイントの LAN ポートを任意のメッシュ Wifi ポイントのポートに接続する
この設定では、二重 NAT が発生する可能性がありますが、必ずしも問題になるとは限りません。問題になる場合は、サードパーティ製のルーターをブリッジモードに設定することをおすすめします。ブリッジモードに設定すると、サードパーティ製ルーターの Wi-Fi をオフにするかどうかを選択できます。

禁止事項

メイン Wifi ポイントとメッシュ Wifi ポイントを同じスイッチに有線接続する

注: 次の例の「」はイーサネット ケーブルによる接続を表します。

X)モデム → スイッチ → メイン Wifi ポイント

                                       → メッシュ Wifi ポイント

X)モデム → サードパーティ製ルーター → スイッチ → メイン Wifi ポイント

                                                                         → メッシュ Wifi ポイント

  1. モデムの LAN ポートとスイッチの WAN ポートまたはアップリンク ポートをイーサネット ケーブルで接続する
  2. スイッチの LAN ポートとメイン Wifi ポイントの WAN ポート、およびスイッチの LAN ポートとメッシュ Wifi ポイントの WAN ポートをそれぞれイーサネット ケーブルで接続する

このように接続すると、メッシュ Wifi ポイントはメイン Wifi ポイントと同じネットワーク サブネット上にないため、Wi-Fi ネットワークに接続しているデバイスが互いに認識できなくなり、Google Wifi アプリで不正確なデータが生成される可能性が高くなります。正常な動作のためには、すべてのメッシュ Wifi ポイント(およびプリンタのような有線接続された他の装置)をメイン Wifi ポイントの「下流」に有線接続する必要があります。

この例では、メイン Wifi ポイントをモデムとスイッチの間に接続するか、メッシュ Wifi ポイントをメイン Wifi ポイントの下流に接続する必要があります。

)モデム → メイン Wifi ポイント → スイッチ → メッシュ Wifi ポイント

)モデム → スイッチ → メイン Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント

メイン Wifi ポイントとメッシュ Wifi ポイントを同じサードパーティ製ルーターに有線接続する

注: 次の例の「」はイーサネット ケーブルによる接続を表します。

X)モデム → サードパーティ製ルーター → メイン Wifi ポイント

                                                       → メッシュ Wifi ポイント

  1. イーサネット ケーブルを使用して、モデムの LAN ポートをサードパーティ製ルーターの WAN ポートに接続する

  2. サードパーティ製ルーターの LAN ポートとメイン Wifi ポイントの WAN ポート、およびサードパーティ製ルーターの LAN ポートとメッシュ Wifi ポイントの WAN ポートをそれぞれイーサネット ケーブルで接続する

これは、上記のスイッチの例と同様の構成です。この例では、メッシュ Wifi ポイントをメイン Wifi ポイントの下流に接続する必要があります。

)モデム → サードパーティ製ルーター → メイン Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント

メイン Wifi ポイントの上流にサードパーティ製ルーターを有線接続する

注: 以下の例の「」はイーサネット ケーブルによる接続を表します。

X)モデム → メイン Wifi ポイント → サードパーティ製ルーター → メッシュ Wifi ポイント

  1. イーサネット ケーブルを使用して、モデムの LAN ポートをメイン Wifi ポイントの WAN ポートに接続する
  2. メイン Wifi ポイントの LAN ポートとサードパーティ製ルーターの WAN ポートをイーサネット ケーブルで接続する
  3. サードパーティ製ルーターの LAN ポートとメッシュ Wifi ポイントの WAN ポートをイーサネット ケーブルで接続する

このように接続すると、サードパーティ製ルーターがブリッジモード(スイッチとしてのみ動作するモード)に設定されていない場合、有線または無線のクライアント(メッシュ Wifi ポイントを含む)がメイン Wifi ポイントと通信できない可能性があります。

希望どおりに動作させるには、サードパーティ製ルーターをブリッジモードに設定するか、スイッチで置き換えるか、システムから取り外す必要があります。

)モデム → メイン Wifi ポイント → メッシュ Wifi ポイント

)モデム → メイン Wifi ポイント → スイッチ → メッシュ Wifi ポイント

 

 
 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。