IFTTT

IFTTT(「If this, then that」の略語)とは、異なるウェブサイト、アプリ、インターネットに接続中の端末にアクセスできるウェブサービスのことです。これらの接続は「アプレット」と呼ばれ、特定の条件を使用して簡単な操作(アクション)を行います。IFTTT を利用して次のようなことができます。

  • 帰宅したときに Google Wifi に自分のスマートフォンを優先するよう指示する。
  • 娘が帰宅したときに自分宛てにメールやテキスト メッセージを送信したり、電話をかけたりするように指示する。
  • ベビーシッターが帰るときに自分宛てにテキスト メッセージを送信する。
  • 帰宅したときに Hue のライトをつける。

「ときに」の前の部分がトリガーで、後の部分がアクションになります。

  • トリガー + アクション = アプレット

IFTTT はアシスタントのようなもので、基本的な操作を自動で行ってくれます。

帰宅したことを検知する方法
IFTTT は指定した個人用端末(スマートフォン、ノートパソコン、タブレットなど)のいずれかが Wi-Fi ネットワークに接続したり、接続を解除したときに作動するとても便利な機能です。

はじめに: Google Wifi を IFTTT に接続する

Google Wifi で IFTTT を利用できるのは Google Wifi ネットワークの所有者のみです。また、IFTTT アカウントが必要です。

  1. IFTTT.com にアクセスします。
  2. IFTTT アカウントでログインします。
  3. Google Wifi チャンネルに移動します。
  4. [Connect(接続)] を選択します。
  5. Google アカウントにログインします(IFTTT を利用できるのは Google Wifi ネットワークの所有者のみです)。

IFTTT アプレットを作成、選択する

Google Wifi チャンネルにある人気アプレットのリストから選択するか、オリジナルのアプレットを作成します。アプレットの作成方法は次のとおりです。

手順 1: トリガーを作成する

トリガーとはアプレットを作動させる条件のことです。

1. IFTTT ウェブサイトの画面右上にあるユーザー名をクリックし、[New Applet(新しいアプレット)] を選択します。

2. [this] をクリックすると、トリガー チャンネルを選択できます。Google Wifi チャンネルを見つけて選択します。

3. トリガーを選択します。Wi-Fi ネットワークに端末が接続したとき、または接続を解除したときにアプレットを起動できます。

4. プルダウン メニューからトリガーとなる端末を選択します(ここで指定した端末がネットワークに接続または接続を解除したときに、IFTTT がアクションを実行します)。

メニューの上部にお使いの Wi-Fi ネットワークが表示され、その下に接続中の端末がすべて表示されます。

トリガーを選択したら、[Create trigger(トリガーを作成)] をクリックします。

手順 2: アクションを作成する

アクションとは、トリガーが発生した後に起きることです。

1. [that] をクリックしてアクションを実行するアプリに接続します。

2. チャンネルを選択して [Connect(接続)] をクリックします。

たとえば、スマートフォンを優先させたいときは Google Wifi チャンネルを選択します。IFTTT からメールを送信したい場合は Gmail チャンネルを選択します。

初めて使用するときは、アカウントにログインしてください。

3. アクションを選択します。必要に応じて情報を入力したり編集したりします。

4. 準備が完了したら [Create Action(アクションを作成)]、[Create applet(アプレットを作成)] の順にクリックします。

これで、IFTTT アプレットができました。

いろいろなチャンネルを活用して、オリジナルのアプレットを作ってみましょう。


よくある質問

Google アカウントから IFTTT を削除するにはどうすればよいですか?
  1. アカウントのセキュリティ設定ページの [アプリを管理] を開きます。Google アカウントにログインしていない場合は、ログインしてください。
  2. [IFTTT]、[削除] の順に選択します。

注: アカウントに接続しているすべての IFTTT チャンネルでこの操作が必要になります。

ゲスト Wi-Fi に接続している端末でも IFTTT を利用できますか?

残念ですが、ゲスト Wi-Fi ではご利用いただけません。現在、メインの Wi-Fi ネットワークに接続している端末でのみ IFTTT にアクセスできます。

Google Wifi と IFTTT が共有するのはどのような情報ですか?

アプレットを実行するために、IFTTT は Google Wifi ネットワークの基本的な情報を必要とします。作成するアプレットによって異なりますが、IFTTT ができることは次のとおりです。

  • メールアドレスの閲覧
  • Google Wifi ネットワークに接続している端末の優先設定
  • Google Wifi ネットワークに接続しているすべての端末の閲覧(カスタマイズした名前も含む)
  • 端末が Google Wifi ネットワークへいつ接続、接続解除するかの確認
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。