DHCP IP 予約 / クライアント デバイスの静的 IP アドレスの設定

DHCP IP 予約を使用すると、デバイスがネットワークに接続するたびに、Wi-Fi ネットワークからそのデバイスに同じ IP アドレスが割り当てられるようにすることができます。

DHCP IP 予約 / 静的 IP を使用する理由

DHCP は動的 IP アドレスをデバイスに割り当てます。ほとんどのデバイスは、デフォルトで DHCP を使用します。ただし、常に同じ IP アドレスを端末に割り当てたい場合もあります。

たとえば、ワイヤレス プリンタの場合、印刷時に、印刷元のパソコンとプリンタは IP アドレスを使用してお互いを認識します。プリンタの IP アドレスが常に変更されると、印刷元のパソコンでプリンタを認識できなくなる可能性があります。プリンタに静的 IP アドレスを割り当てれば、再起動されても、または DHCP IP のリース期間が過ぎても、静的 IP アドレスは変更されないため、印刷元のパソコンは常にプリンタのアドレスを認識できます。

:

  • デバイスへのポート転送をセットアップするには、DHCP IP 予約(クライアントの静的 IP)が必要になります。
  • 使用するサブネットは、LAN 設定でカスタマイズすることができます(異なるサブネットを使用する場合)。
  • この記事は、ルーターに接続されているローカルのデバイス(ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなど)にのみ当てはまります。これらの端末には、ルーターのみが認識できる静的 IP アドレスを割り当てることができます。外部からはこれらの静的 IP アドレスを認識できません。ただし、ルーターには、インターネット上の他のデバイスが認識できる静的 IP アドレスも割り当てることができます。詳しくは、Wifi ポイントの WAN に使用する静的 IP についての説明をご覧ください

DHCP 設定を変更するには、通常どおり Google Home アプリを使用してデバイスを管理している場合でも、Google Wifi アプリを使用する必要があります。Play ストア(Android)または App Store(iOS)からアプリをダウンロードしてください。

  1. Google Wifi アプリ を開きます。
  2. [設定と操作] タブ 次に [ネットワークおよび全般] をタップします。
  3. [ネットワーク] で、[ネットワークの詳細設定] 次に [DHCP IP 予約] 次に [IP 予約を追加] をタップします。
  4. 静的 IP を割り当てるデバイスを選択し、[次へ] をタップします。
  5. 静的 IP アドレスを入力し、[次へ] をタップします。

注: 予約済みの IP をデバイスに割り当てるには、そのデバイスを Wi-Fi ネットワークから切断してから再接続しなければならない場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。