Google Home アプリでスクリーン リーダーを使用する

Google Home アプリは、Android デバイスの TalkBack や iOS デバイスの VoiceOver といったユーザー補助機能に対応しています。TalkBack と VoiceOver はいずれも、タップしたアイテムや、選択したアイテム、アクティブ化したアイテムを読み上げるスクリーン リーダーです。タッチガイドやジェスチャーを使用することで、目で見なくてもデバイスを操作できるようになります。

詳しくは、Android のユーザー補助機能についての記事をご覧ください。

Android で TalkBack を有効にする

TalkBack は、Android デバイスに組み込まれている Google スクリーン リーダー サービスです。お使いのデバイスに TalkBack がインストールされていない場合は、Google Play からダウンロードできます。

  1. デバイスの設定アプリ 設定 を開きます。
  2. [ユーザー補助機能] 次に [インストール済みのサービス] をタップして 次に [TalkBack] を有効にします。
  3. 確認ダイアログで、[OK] をタップします。

TalkBack を有効にすると、すぐに音声フィードバックが始まります。デバイスを操作している間、TalkBack が音声で操作について説明してくれたり、通知を知らせてくれたりします。

詳しくは、TalkBack ジェスチャーを使用してデバイスを操作する方法をご覧ください。

TalkBack の使用例

Google Home アプリ内で Wi-Fi ネットワーク名を変更するには:

  1. TalkBack をオンにした状態で、Google Home アプリを選択して、ダブルタップして開きます。
  2. 右にスワイプすると、すべてのアイテムが画面に表示されます。
  3. Wi-Fi アイコン を選択して、ダブルタップして開きます。
  4. 設定アイコン を選択して、ダブルタップして開きます。
  5. ネットワーク名を選択して、ダブルタップしてキーボードを開きます。
  6. 新しいネットワーク名を入力します。
  7. ネットワーク名を変更したら、[保存] を選択してダブルタップします。

詳しくは、TalkBack の使用方法をご覧ください。

iOS で VoiceOver を有効にする

VoiceOver は、iOS デバイスに組み込まれているスクリーン リーダーです。オンにする手順は以下のとおりです。

  1. iPhone または iPad の設定アプリを開きます。
  2. [ユーザー補助] 次に [VoiceOver] をタップします。
  3. [VoiceOver] を有効にします。

VoiceOver の場合、1 回タップするとアイテムをハイライト表示して読み上げます。アイテムを選択するには、1 回タップしてハイライト表示してからダブルタップします。2 本指で上下いずれかにスワイプすると、すべてのアイテムが画面に表示されます。

VoiceOver の使用例

Google Home アプリ内で Wi-Fi ネットワーク名を変更するには:

  1. Google Home アプリをダブルタップして開きます。
  2. VoiceOver が自動的に、画面上にある最初のアイテム(ナビゲーション ボタン)を読み上げます。Wi-Fi アイコン に到達するまで、右にスワイプします。ダブルタップして開きます。
  3. 設定アイコン を選択して、ダブルタップして開きます。
  4. ネットワーク名を選択して、ダブルタップしてキーボードを開きます。
  5. 新しいネットワーク名を入力します。
  6. ネットワーク名を変更したら、[保存] を選択してダブルタップします。

詳しくは、VoiceOver の使用方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。