Wi-Fi が遅い

Wi-Fi が遅いというのは最も避けたい問題です。直ちに期待する速度に戻す対策を取りましょう。

Wi-Fi が遅くなる理由にはいくつかあります。

Wifi ポイントからの距離が遠すぎる

最も重要なのは距離です。端末が Wi-Fi ポイントに近いほど、Wi-Fi のパフォーマンスは向上します。

詳しくは、Wifi ポイントの配置場所に関する記事をご覧ください。

端末が多すぎる

端末は Wi-Fi ネットワークに接続するときに、必ず帯域幅(インターネット接続の速度)を他の端末と奪い合います。Netflix でのテレビ番組のストリーミング、ノートパソコンでのダウンロード、Xbox Live のゲーミング セッションは、すべて最速の接続を必要とします。しかし、帯域幅は限られています。限られた帯域幅を複数の端末で少しずつ分け合うことになるので、接続スピードが低下します。

解決策

  • 使用していない端末はすべてオフにし、大容量のダウンロードに帯域幅を浪費しない
  • 優先端末を設定し、選択した端末に帯域幅を集中する
  • インターネット サービス プロバイダに連絡して、プランをアップグレードして帯域幅を増やす
モデムに関する問題

モデムを再起動すると、インターネット接続の問題を解決したり、パフォーマンスの低下を改善したり、一般的な無線接続の問題を解決したりできることがあります。モデムが正常に機能しているように見えても、安定した接続を確立するためにモデムの再起動が必要な場合があります。モデムに関する問題から解決を図るのは、良い方法です。

モデムを再起動する方法は次のとおりです。

  1. モデムから電源ケーブルを取り外します。
  2. 2 分ほど待ちます。
  3. モデムに電源ケーブルを再接続します。
  4. モデムが再起動し、インターネット接続を示すライトが緑色になるまで待ってから、インターネット接続の速度が改善されたかどうかを確認します。
近くにある別のルーターが干渉を引き起こしている

Wifi ポイントのそばで、1 つまたは複数のワイヤレス ルーターが Wi-Fi をブロードキャストしている場合、干渉を引き起こす可能性があります。その結果、Wi-Fi のパフォーマンスが低下する可能性があります。

お使いの Wifi ポイントと、近くにある別のルーターが同じ Wi-Fi ネットワーク名をブロードキャストしていると、問題が悪化する可能性があります。お使いの Wifi ポイントと別のルーターとの間で、端末が接続を切り替えることができれば、問題は最小限に抑えられますが、最悪の場合は接続できなくなる可能性があります。

ただし、この問題にも解決策があります。下記をご覧ください。

Google Wifi 以外のルーターで Wi-Fi をオフにする

(Wifi ポイントではない)別のルーターで Wi-Fi をオフにしても、問題が解決する場合があります。別のルーターの前面にあるライトを確認します。ほとんどのルーターには、ワイヤレス通信がアクティブか非アクティブかを示すランプがあります。ライトのアイコンは次のようになっています。

Wi-Fi を無効にするには、ルーターの設定画面に入り、ワイヤレス オプションをオフにします。機種によっては、設定画面にアクセスするにはインターネット ブラウザを開いて、Google Wifi 以外のルーターに接続する必要があります。そのためにはインターネット ブラウザのアドレスバーにルーターの IP アドレスを入力します。この場合、次のように指定します。

操作の詳細は、デバイスによって異なります。ISP から提供されたルーターの場合は、Wi-Fi をオフにする方法について ISP に問い合わせることもできます。詳しくは、ISP やメーカーが提供する操作手順を参照してください。

ルーター間の距離を広げる

Google Wifi と別のルーターの両方を使用して Wi-Fi の全体的な受信可能範囲を広げる場合は、一定の間隔を空けてルーターを配置します。実際には、大きく距離を広げる必要があります(1 メートル以内ですと、受信可能範囲は広がりません)。ルーター同士は有線接続する必要があるため、距離を広げるのは工夫がいります。この場合は、長いイーサネット ケーブルや電力線ネットワーク アダプターを使用すると、この問題を回避できます。

次の点にも注意してください。

  • どちらかのルーターがブリッジモードでないと、2 つの独立したネットワークが家庭内に作成されます(つまり、一方のネットワーク上の端末は、他のネットワーク上の端末と通信できなくなります)。
  • ネットワーク名が両方のルーターで同じ場合、パスワードも同じにする必要があります。そうでない場合は、端末(ノートパソコンやスマートフォンなど)が使用するネットワークによっては、端末が接続されないことがあります。ほとんどの端末ではネットワーク名ごとに 1 つのパスワードしか許可されないため、パスワードが保存されていないとそのネットワークには接続できなくなります。

 

Wifi ポイントの問題

まれに、Wifi ポイントを再起動すると接続の問題が解決することがあります。この操作を行っても、データが削除されることはありません。設定はすべて残されます。Wifi ポイントを再起動するには、電源ケーブルを取り外してからもう一度接続するか、Google Wifi アプリを使用して再起動します。

1. Google Wifi アプリを開きます。

2. タブ、[ネットワークおよび全般] の順にタップします。

3. [ネットワーク] で Wifi ポイントの名前をタップします。

4. [ネットワークの再起動] をタップし、確認します。

Wifi ポイントが再起動するまで数分間かかります。インターネット接続は一時的に中断されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。