ブリッジモード

ブリッジモードが必要になるのは、二重 NAT によって特定の現象が発生している場合のみです。ほとんどの場合、二重 NAT が Wi-Fi のパフォーマンスに影響することはありません。ただし、オンライン ゲームをしたり、IP アドレス割り当て、ポート転送ルール、UPnP を使用したりする場合は、問題になることがあります。

詳しくは、二重 NATブリッジモードが必要になる可能性がある場合についての説明をご覧ください。

Google Nest Wifi と Google Wifi はブリッジモードに対応していますか?

はい、対応しています。ただし、ブリッジモードが機能するのは、利用している Wi-Fi デバイスが 1 台の場合のみです。複数のデバイスからなるメッシュ ネットワークを作成している場合、メイン Wifi ポイントをブリッジモードにすることはできません。

ブリッジモードを有効にするにはどうすればよいですか?

: ブリッジモードを有効にするには、通常どおり Google Home アプリを使用してデバイスを管理している場合でも、Google Wifi アプリを使用する必要があります。Play ストア(Android)または App Store(iOS)からアプリをダウンロードしてください。

利用しているデバイスが 1 台のみで、かつ二重 NAT によって問題が発生している場合は、次の 2 つの方法があります。

ISP によって提供されたルーター機能付きモデムでブリッジモードを有効にする(推奨)

二重 NAT に対する最善の解決法は、ルーター機能付きモデムをブリッジモードにすることです。

ルーターまたはルーター機能付きモデムにログインし、ブリッジモードを有効にする設定を確認します。機種によっては、設定画面にアクセスするにはインターネット ブラウザのアドレスバーにルーターの IP アドレスを入力する必要があります。たとえば、次のように指定します。

操作の詳細は、デバイスによって異なります。詳しくは、ISP やメーカーが提供する操作手順を参照してください。

Google Nest Wifi ルーターまたはメイン Wifi ポイントでブリッジモードを有効にする(非推奨)

注: ブリッジモードが機能するのは、利用している Wi-Fi デバイスが 1 台の場合のみです。複数のデバイスからなるメッシュ ネットワークを作成している場合、メイン Wifi ポイントをブリッジモードにすることはできません。

すべての追加デバイスはデフォルトで常にブリッジモードになりますが、ルーターまたはメイン Wifi ポイントをブリッジモードにすることは推奨していません。これは、ルーターまたはメイン Wifi ポイントは Wi-Fi ネットワーク内で設定と通信を管理する必要があるためです。メイン Wifi ポイントがブリッジモードになっていると、以下の Google Wifi の機能を使用できなくなります。

  • 優先デバイスの設定
  • DNS の編集
  • WAN 設定の編集
  • ゲスト Wi-Fi の設定
  • Wi-Fi の速度により、ネットワーク チェックが行えなくなります(ただし、ダウンロードとアップロードの結果は引き続き使用できます)。

また、ブリッジモードにすると、Google Nest Wifi と Google Wifi のセキュリティ保護の多くが無効になります。これは、上流のルーター(上記の例ではルーター機能付きモデム)が DNS ステアリング、パケット検査、実行可能ファイルへのパッチの適用などのセキュリティ機能を行っているためです。

Google Nest Wifi と Google Wifi の自動セキュリティ アップデートにより、プライバシーとセキュリティは最大限保護されます。セキュリティ アップデートの保護機能が最大の効果を発揮できるのは、すべてのトラフィックがルーターまたは(別のルーターではなく)メイン Wifi ポイントを経由する場合です。それ以外の場合には、効果を発揮できないこともあります。

サードパーティ製ルーターをご利用の場合は、Google Nest ルーターまたはメイン Wifi ポイントをそのルーターに有線接続してから、下流で追加の Wi-Fi デバイスによる「メッシュ」ネットワークを作成することができます。詳しい手順については、こちらをご覧ください。

それでも Nest Wifi ルーターまたはメイン Wifi ポイントをブリッジにする必要がある場合は、次の手順を行ってください。

  1. Google Wifi アプリ を開きます。
  2. [設定と操作] タブ 、[ネットワークおよび全般] の順にタップします。
  3. [ネットワークの詳細設定] 次に [ネットワーク モード] 次に 設定する Wifi 拡張ポイント 次に [ブリッジモード] をタップします。
  4. [保存] をタップします。
WAN IP がパブリック IP アドレスの場合、ルーターまたはメイン Wifi ポイントをブリッジモードにすることはできません。ブリッジモードを有効にするには、モデムとルーターまたはメイン Wifi ポイントの間にルーターがもう 1 台必要です。ルーターまたはメイン Wifi ポイントの WAN ポートにパブリック IP が割り当てられている場合は、モデムに直接接続されていることを意味します。その場合は、アプリでブリッジモードのオプションを選択することができません。
 

その他の質問

ブリッジモードを無効にするにはどうすればよいですか?
  1. Google Wifi アプリ を開きます。
  2. [設定と操作] タブ 、[ネットワークおよび全般] の順にタップします。
  3. [ネットワークの詳細設定] 次に [ネットワーク モード] 次に 設定する Wifi 拡張ポイント 次に [NAT(標準)モード] をタップします。
  4. [保存] をタップします。
どのような場合にブリッジモードが必要ですか?

2 台のルーターを接続すると、自宅の Wi-Fi の受信可能範囲を拡大できます。ただし、それぞれにプライベート Wi-Fi ネットワークを持つルーターが 2 台あると、端末同士の通信が困難になることがあります。このような状況を二重 NAT と呼びます。

たとえば、パソコンから画像をワイヤレスで印刷したいとします。Wi-Fi ネットワークが 2 つあると、印刷元のパソコンとプリンタが別々のネットワークに属していることも考えられます。さらに、両方ともプライベート ネットワークである場合、パソコンからプリンタに画像を印刷するよう指示することができません。

二重 NAT

また、オンラインゲームをしたり、ポート転送ルールや UPnP を使用したりすると、二重 NAT がパフォーマンスの問題を引き起こす可能性もあります。

ブリッジモードは、複数のルーターが 1 つの Wi-Fi ネットワークを共有できるようにすることで、この問題を修正します。図にすると次のようになります。

ブリッジモード

ほとんどの場合、二重 NAT が Wi-Fi パフォーマンスに影響することはありません。ただし、オンライン ゲームをしたり、IP アドレス割り当て、ポート転送ルール、UPnP を使用したりする場合は、問題になることがあります。詳しくは、二重 NAT についての説明をご覧ください

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。