パソコンでの広告に関する問題

以下に、調査の結果を踏まえて、サイトへの訪問者が不快に感じるおそれがあるパソコンの広告について規定します。こうした広告を避けることは、訪問者を維持し、広告ブロッカーがインストールされる可能性を減らすために必要です。

サイト上のコンテンツはすべて Google で審査されます。そのサイトに自社のドメインから配信されているかどうかは関係ありません。たとえば、サイト上の iframe や動画プレーヤーに読み込まれるコンテンツも、サイトの一部とみなされます。

Google が広告に関する問題を審査する際は、Better Ads Standards の解釈に基づいて判断します。

ポップアップ広告

ポップアップ広告は、ページのメイン コンテンツを隠すようにページの前面に突然表示される、インタースティシャル広告の一種です。ページのコンテンツの読み込みが開始された後に表示されます。

ポップアップ広告には、画面の一部を占めるものや画面全体を占めるものなど、さまざまな種類があります。

この定義の解釈に含まれるもの

  • 動画が一時停止している場合にのみ表示される広告。

例外

  • インタラクティブなコンテンツ(動画やゲーム)の場合: プレーヤー ウィンドウの下半分に表示され、プレーヤー ウィンドウの高さの 1/4 以下であるポップアップは、この広告表示には属さないと見なされます。
  • Coalition for Better Ads におけるポップアップ広告に関する注意、2017 年 9 月 15 日:

    Interpretation of the Initial Better Ads Standards - Advisory

    September 15, 2017

    As the recently-released initial Better Ads Standards are reviewed and implemented in the
    marketplace, matters of interpretation of the Standards may arise. Until such time as the
    Coalition finalizes an overall framework for interpretation of the Standards generally, or for
    resolution of contested interpretations of a particular Standard, the Coalition may determine that
    certain types of ad experiences are sufficiently unclear as to the tested ad experience to which
    they are associated and therefore are considered in contention.

    In connection with the initial Better Ads Standard for Pop-up Ads (desktop or mobile web), two
    types of ad experiences have been brought to the Coalition’s attention:

    (1) Ads appearing in images or interactive content (videos or games) and that take up 30% or
    less of the image or interactive content; and

    (2) Exit pop up ads that occur after a user has ceased active engagement with content, and
    which occur (a) when the user starts to leave the page (without interfering with the user’s
    departure); (b) if the user has been inactive or idle for more than 30 seconds on a page
    that does not contain video content; (c) once the user has reached the end of the first
    article on a page; or (d) if a user purposely navigates to another tab and then returns to the
    open page.

    The Coalition determines that these two types of ad experiences are in contention, and are
    therefore not presently included under the Better Ads Standard for Pop-up Ads (desktop or
    mobile web). It is anticipated that these ad experiences will be submitted for evaluation.

    View source (PDF)

    Coalition for Better Ads におけるポップアップ広告に関する注意の説明: 上記の(2)に記載されているとおり、ポップアップ広告に関する注意によると、exit ポップアップ広告が許可されるのは、次のいずれかの場合のみです。
    • ユーザーがページから離れようとしている場合(さらに、広告がユーザーの離脱を妨げない場合)
    • 動画コンテンツが含まれないページ上で、ユーザーが 30 秒間以上非アクティブまたはアイドル状態だった場合
    • ユーザーがページ上の最初の記事の最後まで到達した場合
    • ユーザーが意図的に別のタブに移動してから、開いているページに戻ってきた場合
音声付き自動再生動画広告

音声付き自動再生動画広告は、ユーザーの操作なしで、自動的に音声とともに動画を再生する広告です。

ページ自体のコンテンツに関連する動画コンテンツが再生される前(「プレロール」)または再生中(「ミッドロール」)に表示される動画広告と、音声を有効にするためにクリックを必要とする広告は、Better Ads Standards に含まれません。

カウントダウン付きプレスティシャル広告

「カウントダウン」付きプレスティシャル広告は、ページのコンテンツが読み込まれる前に表示される広告で、ユーザーは、広告が自動的に閉じるか自分で閉じる操作を行えるようになるまでの数秒間、コンテンツを見ることができません。

デスクトップ環境では、すぐに閉じることのできるプレスティシャル広告は Better Ads Standard に含まれません。

大型追尾広告

大型追尾広告は、ユーザーのスクロール操作にかかわらず、ページの下部に固定表示される広告です。ユーザーがページを閲覧する際、画面領域の 30% を超える領域を一貫して占有する固定型の追尾広告が該当します。

大きい動画ディスプレイ広告

大きいノンリニア広告のエクスペリエンスとは、重なり合っている部分が動画プレーヤーの 20% を超えるか、表示が動画プレーヤーの中央の 1/3 に位置する、静止またはアニメーションの広告メッセージや画像と定義されます。

広告がこのように表示されると、ユーザーは選択した動画コンテンツを見られなくなります。

静止メッセージや静止画像で、サイズが動画プレーヤーの 20% より小さく、表示位置がウィンドウの中央の 1/3 より外側であれば、ユーザー操作の邪魔になることはほとんどありません。

スキップできない長い動画プレロール広告

プレロール広告とは、動画コンテンツの前に再生される動画広告のエクスペリエンスです。ユーザーは、長さが 31 秒を超え、最初の 5 秒間にスキップできないプレロール広告を邪魔だと感じます。

広告がこのように表示されると、広告の回避行為に直接つながります。

動画ミッドロール広告
ミッドロール広告とは、選択した動画の途中で再生され、コンテンツを遮る、動画広告のエクスペリエンスです。ミッドロールの種類や長さはさまざまですが、すべて、ユーザーには非常にわずらわしく邪魔なものと見なされます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5015260
false