広告に関する問題レポートへのアクセスと利用

レポートへのアクセス権を取得する

ウェブサイトのプロパティのユーザーまたは所有者であることが Search Console で確認されると、広告に関する問題レポートにアクセスできます。

広告に関する問題を表示する

上の図: 広告に関する問題レポートで問題の例を表示する

ウェブサイトのプロパティのユーザーまたは所有者であることが Search Console で確認されると、レポートにアクセスできます。広告に関する問題レポートは、パソコンでの問題についてと、モバイルでの問題についてに分かれています。

  1. https://www.google.com/webmasters/tools/ad-experience-desktop-unverified にアクセスします。
  2. 左側のパネルの [広告に関する問題レポート] の下で [PC] または [モバイル] を選択して、それぞれの環境でのレポートを表示します。
  3. Search Console で確認したサイトのプロパティが複数ある場合、広告に関する問題を表示するプロパティを選択します。
    審査のステータスが [未審査] の場合は、操作はここまでです。
  4. [サイトデザインに関する問題] タブまたは [クリエイティブに関する問題] タブをクリックします。詳細
  5. 広告に関する各問題について、[検出結果] 列の [例を表示] をクリックします。このリンクからダイアログボックスが開き、その問題が見つかったページの説明と URL が表示されます。サイトの審査がどのように行われたかに応じて、サイト上でその問題がどのように表示されたかの画像や動画を確認できる場合もあります。
    • 可能であれば、画像を表示するか、動画を再生して、サイト上でその問題がどのように表示されたかを確認します。
    • 広告に関する問題が見つかったページに移動するには、各サンプルの下に表示されている URL をクリックします。
    • ダイアログボックスの下部にある [次へ] アイコン > または [前へ] アイコン < をクリックして、複数の動画の間を移動できます。
    • 動画がある場合、MP4 ファイルとして保存するには、[動画をダウンロード] をクリックします。
  6. 広告に関する問題のすべての例を確認したら、ダイアログボックスを閉じて、レポートの次の行に進みます。

レポートをダウンロードする

広告に関する問題レポートをダウンロードできます。たとえば、その問題に責任がある同僚またはサードパーティと共有する場合や、共有したレポートに関して共同作業する場合にダウンロードを行います。

  1. レポートの右上にある [レポートをダウンロード] をクリックします。
  2. ファイル形式として、カンマ区切り値の [CSV] と Google スプレッドシートの [Google ドキュメント] のどちらかを選択します。
  3. [OK] をクリックします。

Search Console に登録されていないために Google がウェブマスターに連絡できない場合

ウェブマスターは自分のウェブサイトを Search Console に追加する必要があります。

  1. https://www.google.com/webmasters/tools/home にアクセスします。
  2. ウェブサイトの URL を入力します。
  3. [プロパティを追加] をクリックします。
  4. 手順に沿って所有権の確認を行います。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5015260
false
false