Google のウェブ ストーリー

ウェブ ストーリーは、ビジュアルが豊富なフルスクリーンのウェブ用コンテンツ形式で、ストーリーのタップまたはスワイプが可能です。コンテンツを利用するには、ウェブ ストーリーをタップまたはスワイプします。

ウェブ ストーリーは Google でサポートされているため、Google 検索と Discover で表示されます。

ウェブ ストーリーを操作する方法

ウェブ ストーリーでは、ページを切り替える、ストーリーを一時停止する、またはスワイプして新しいストーリーに移動することができます。

  • ページを切り替える:
    • 次に進むには: 画面の右側をタップします。
    • 前に戻るには: 画面の左側をタップします。
  • 記事を一時停止する: 画面の任意の場所を長押しします。
  • ストーリーを切り替える:
    • 次のストーリーに移動するには: 左にスワイプします。
    • 前のストーリーに移動するには: 右にスワイプします。
  • ストーリーを共有する:
    • Android スマートフォンまたはタブレットの場合: 下部の共有アイコン 共有 をタップします。
    • iPhone または iPad の場合: 下部の共有アイコン 共有 をタップします。

Google でのウェブ ストーリーの技術的な仕組み

ウェブ ストーリーのページを高速に開くため、Google はページの情報を Google のキャッシュに保存します。Google サービスからウェブ ストーリーのページを開くと、キャッシュされているページが Google から送信されます。

Google ウェブ ストーリー プレーヤーを使用する場合:

  • Google およびウェブ ストーリーのページを作成するパブリッシャーとクリエイターは、ユーザーに関するデータを収集することがあります。
  • ウェブ ストーリーのページにアクセスしたときにパブリッシャーが収集するデータは、元のウェブサイトで収集されるデータと同じです。
  • パブリッシャーはページで Cookie を使用できます。アクティビティのリンクを解除するには、パブリッシャーと Google の Cookie を削除します。キャッシュと Cookie を削除する方法についての記事をご覧ください

Google が収集するデータには、Google のプライバシー ポリシーが適用されます。パブリッシャーが収集するデータには、パブリッシャーのプライバシー ポリシーが適用されます。

パブリッシャーは、クイズやアンケートなど、インタラクティブなエクスペリエンスを含むウェブ ストーリーを作成できます。パブリッシャーは、こうしたエクスペリエンスをバックエンド サービスと統合し、ユーザー レスポンスを収集できます。

Google では、インタラクティブなストーリーを簡単に作成できるようにするため、Google の API 利用規約を遵守してバックエンド サービスをパブリッシャーに提供しています。Google のサービスを使用しているウェブ ストーリーは個々のレスポンスを保存している場合があり、ストーリーでは全ユーザーのレスポンスが表示されることもあります。

個々のレスポンスは Google アカウントには関連付けられませんが、Google のサーバーに最大 1 年間保存されます。ストーリーのパブリッシャーは個々の回答にアクセスできます。Google の利用規約プライバシー ポリシーが適用されます。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
100334
false