詐欺サイト

サイトで何らかの被害にあわれたとのことで、誠に申し訳なく思っております。ご存知の通り、Google はウェブをそのまま反映させたものです。ウェブに公開されたコンテンツを集約して整理していますが、コンテンツ自体の管理は行っていません。コンテンツを規制しないポリシーを採用しています。

対応策

Google がそのサイトに連絡することはできませんが、サイトが詐欺サイトである場合には多くの対応策があります。

  • Google 商標を不正に使用しているサイトを報告する

    サイトが Google 商標またはロゴを詐欺目的で使用していると思われる場合は、Google までお知らせください
  • 広告に表示される不正なサイトを報告する

    問題のサイトが検索結果ページの上部または右側にスポンサー リンクとして表示される場合は、Adwords ヘルプセンターからサイトを報告してください
  • 米国連邦取引委員会(FTC)に通報する

    疑わしいサイトがどこに表示されたかにかかわらず、米国連邦取引委員会(FTC)では、虚偽のまたは不正なビジネス行為についての苦情を受け付けていますので、そちらに報告いただくこともできます。申し立てを報告するには、http://www.ftc.gov/ftc/contact.shtm にアクセスするか、または 1-877-FTC-HELP まで電話でお問い合わせしてください。

不正な行為に関する問題の報告は、ウェブ全体の利便性の向上につながります。Google ブランドを使用する不正サイトについての警告をウェブ検索のヘルプフォーラムに投稿すると、その他の Google ユーザーの役に立ちます。詐欺サイトの数は膨大で、詐欺の被害にあうインターネット ユーザーも多数に及ぶため、インターネット詐欺の判定とユーザー相互の啓蒙をユーザーの皆様にお願いしています。

不審なサイトと、詐欺を見分ける方法

  • Google を使用した金儲けについての偽のニュース記事
    Google で金儲けする方法についてのニュース記事やブログ記事を装ったサイトに注意してください。こうしたサイトは、多くの場合、実際のオンライン ニュース サイトに非常によく似ています。一般には、うますぎる話には裏があるものです。ご覧になっているサイトが正規のサイトでないことを見分けるための一般的な着目点をいくつかご紹介します:
    • ニュース ソースの名前に見覚えがない、または見覚えがあるが、1~2 文字違っている。大手の報道機関が自社の名前のつづりを間違えることはほとんどありません。
    • 迷惑メールまたは広告に記載されたリンクをクリックすると、そのサイトに移動する。
  • 収益化プログラムに関する偽のレビュー
    収益化プログラムの評価と主張しているが、実際には詐欺につながるだけのサイトに注意してください。これらのサイトは詐欺を除外すると主張しているため、検出するのが特に難しくなっています。こうしたサイトで注意すべき点は次のとおりです:
    • レビューが非常に少なく、そのすべてが好意的である。(通常、実際のレビュー サイトには否定的なレビューも含まれます。)
    • ユーザーのコメントがあるセクションであるにもかかわらず、コメントを残す場所がない。
  • Make-money-fast サイト
    「Google で稼ぐ」または「Google で成功するキット」などのうたい文句で、参加すると手軽に金儲けができると宣伝するサイトです。このようなサービスでは、明示されていない多額の料金が発生するとユーザーから報告されています。
  • Google くじ
    「Google くじ」などの賞に当選したというメールでの詐欺があるという報告を受けています。申し訳ありませんが、Google ではそのようなくじを実施していません。
  • Google またはその他の著名なブランドと提携していると見せかけているサイトの免責事項を参照してください。
    ページの下部に「Google は Google, Inc. の登録商標です。当社は Google Inc. のパートナー、提携企業、ライセンシーではありません。また、いかなる形態でも当社は Google Inc. との正式な関連はありません」という意味の文言で表現されている免責事項を確認してください。

報告しにくい場合もあると思われるため、Google では Google 公式ブログウェブ検索のヘルプフォーラムに詳細情報を掲載しています。