ウェブとアプリのアクティビティの表示と管理

ウェブとアプリのアクティビティが有効になっていると、検索や他の Google サービスでのアクティビティが Google アカウントに保存されます。検索で目的の情報を見つけやすくなったり、おすすめに適切なアプリやコンテンツが表示されたりするなど、よりカスタマイズされた機能をご利用いただけます。

ウェブとアプリのアクティビティの無効化や、過去のアクティビティの削除はいつでも行えます。

: お使いの Google アカウントが職場や学校を通じて取得したものである場合、組織のウェブとアプリのアクティビティの追加サービスを有効にするために、管理者への問い合わせが必要になることがあります。

ウェブとアプリのアクティビティをオンまたはオフにする

  1. iPhone または iPad で、[アクティビティ管理] ページにアクセスします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. [ウェブとアプリのアクティビティ] をオンまたはオフにします。
  3. [ウェブとアプリのアクティビティ] がオンになっている場合:
    • [Chrome の閲覧履歴と Google サービスを使用するウェブサイトやアプリでのアクティビティを含める] チェックボックスをオンにすることができます。
    • [音声録音を含める] チェックボックスをオンにすることができます。

: ブラウザやデバイスによっては、アクティビティの保存方法に関連する設定が他にもある場合があります。

アクティビティを表示、削除する

ウェブとアプリのアクティビティの内容を確認して削除するには、マイ アクティビティにアクセスします。アクティビティを手動で削除する方法、または自動削除を設定する方法についての記事をご覧ください。

デバイスの履歴を削除する

デバイスから検索アクティビティを削除するには、履歴を削除します。

  1. iPhone または iPad で Google アプリ Google 検索 を開きます。
  2. 検索バー 次に [すべて表示] をタップします。
  3. [すべて消去] 次に [デバイス上の履歴を消去] をタップします。

ウェブとアプリのアクティビティとして保存される情報

Google のサイト、アプリ、サービスでの検索やその他のアクティビティに関する情報

ウェブとアプリのアクティビティを有効にすると、次のような情報が Google に保存されます。

  • Google サービス(マップや Play など)での検索内容やその他の操作内容
  • 位置情報、言語、IP アドレス、参照 URL、ブラウザとアプリのどちらを使用しているか
  • クリックした広告、広告主のサイトで購入したもの
  • デバイス上の情報(最近使用したアプリ、検索した連絡先名など)

: アクティビティはオフラインのときでも保存されることがあります。

Google サービスを使用するサイト、アプリ、デバイスでの閲覧やその他のアクティビティ

ウェブとアプリのアクティビティを有効にすると、次のような追加のアクティビティを含めることができます。

  • Google と提携して広告を表示するサイトやアプリ
  • Google サービスを使用するサイトやアプリ(アプリが Google と共有するデータを含む)
  • Chrome の閲覧履歴
  • Android の使用状況と診断(電池残量やシステムエラーなど)

Google でこうした情報を保存するには、次のようにしてください。

  • ウェブとアプリのアクティビティを有効にします。
  • [Chrome の履歴と Google サービスを使用するサイト、アプリ、デバイスでのアクティビティが含まれます] チェックボックスをオンにします。

Chrome の履歴は、Google アカウントにログインして Chrome 同期機能を有効にしている場合にのみ保存されます。詳しくは、Chrome 同期機能についての記事をご確認ください

注: 共有デバイスを使用している場合や、複数のアカウントでログインしている場合は、使用しているブラウザやデバイスのデフォルトのアカウントにアクティビティが保存される可能性があります。

音声録音

ウェブとアプリのアクティビティを有効にした場合、アクティビティの一部として音声録音を含めることができます。音声録音の詳細についてご確認ください

Google でこうした情報を保存するには、次のようにしてください。

  • ウェブとアプリのアクティビティを有効にします。
  • [音声録音を含める] チェックボックスをオンにします。

保存したアクティビティがどのように利用されるか

Google が保存したアクティビティをどのように利用し、情報をどのように保護しているかについて、詳細をご確認ください。

Google で検索クエリが一般的にどのように扱われるかについて詳しくは、プライバシー ポリシーに関するよくある質問をご覧ください。

ログアウト時の「ウェブとアプリのアクティビティ」の動作

検索結果や表示される広告は、ログアウト時でも、これまでの検索関連のアクティビティに基づいてカスタマイズされることがあります。このような検索のカスタマイズは、シークレット ブラウジングを利用することで無効にできます。詳細

ブラウザの履歴

[アクティビティ管理] ページでは、[Chrome の履歴と Google サービスを使用するサイト、アプリ、デバイスでのアクティビティが含まれます] チェックボックスをオンにすることもできます。このチェックボックスをオンにすると、デバイスからのアクティビティを保存するかどうかを管理できます。

検索内容やアクセスしたサイトに関する情報がブラウザや Google ツールバーに保存される場合もあります。ブラウザの履歴を削除する方法については、ChromeツールバーSafariInternet ExplorerFirefox の各ページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。