検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

検索や閲覧のアクティビティの表示と管理

「ウェブとアプリのアクティビティ」が有効になっている場合、検索内容や閲覧履歴が Google アカウントに保存されます。ウェブとアプリのアクティビティを有効にすると、Google のサービス全体でより関連性の高い検索結果やおすすめが表示されるようになります。

保存する対象はユーザーが管理でき、過去の検索内容や閲覧のアクティビティの削除、ウェブとアプリのアクティビティの無効化はいつでも行えます。

ウェブとアプリのアクティビティをオンまたはオフにする

  1. Google 設定を次のいずれかの場所で探します(お使いの端末により異なります)。
    • 設定アプリ 設定 次へ [Google]
    • Google 設定
  2. [個人情報とプライバシー] 次へ [アクティビティ管理] 次へ [ウェブとアプリのアクティビティ] 次へ スイッチをオンまたはオフにします。
  3. スイッチをオンにすると、[Chrome の閲覧履歴と Google サービスを使用するウェブサイトやアプリでのアクティビティを含める] チェックボックスをオンにできます。
    • このチェックボックスをオンにすると、端末のアプリのアクティビティを保存するかどうかを設定できます。設定するには [この端末のデータ] をタップしてからスイッチをオンまたはオフに切り替えます。注: この設定の代わりにチェックボックスが表示される端末もあります。

: ブラウザや端末によっては、アクティビティの保存方法に関連する設定が他にもある場合があります。

ウェブとアプリのアクティビティを表示または削除する

検索内容や閲覧のアクティビティの表示と削除は、マイ アクティビティにアクセスして行うことができます。詳しくは、アクティビティを表示および管理する方法またはアクティビティを削除する方法をご覧ください。

ウェブとアプリのアクティビティとして保存される情報

ウェブとアプリのアクティビティ

ウェブとアプリのアクティビティを有効にすると、次の情報が Google によって保存されます。

  • Google 検索や Google マップなど、Google サービスで行った検索内容やその他の操作内容
  • 接続情報(位置情報、言語、ブラウザを使用しているかアプリを使用しているかなど)
  • アクションを行った広告(広告自体をクリックする、広告主のサイトで購入する、など)
  • ユーザーの IP アドレス
  • 表示された検索結果(端末上の情報からの検索結果(最近使用したアプリ、検索した連絡先名など)や、他の Google サービスからの検索結果

: アクティビティは、オフラインのときでも保存されることがあります。

Chrome、ウェブサイト、アプリのアクティビティ

ウェブとアプリのアクティビティを有効にして、[Chrome の閲覧履歴と Google サービスを使用するウェブサイトやアプリでのアクティビティを含める] チェックボックスをオンにすると、次の情報が Google によって保存されます。

  • Chrome の閲覧履歴。この情報は、的確な検索結果や検索候補を表示するのに役立ちます。たとえば、ユーザーがお気に入りのスポーツチームに関する記事をたくさん読んでいる場合、そのチームの最新情報を受け取るための項目が表示されます。: Chrome の閲覧履歴は、Google アカウントにログインして Chrome 同期を有効にしている場合にのみ保存されます。
  • 利用しているウェブサイトやアプリと、そうしたウェブサイトやアプリが Google と共有しているデータ。この情報をもとに、他のウェブサイトやアプリで閲覧したコンテンツが Google 検索の検索結果に表示されるようになります。
  • Google のサービスを利用しているウェブサイトやアプリ内でのアクティビティ。ここでいうサービスには、埋め込み地図や検索ボックス、Google が他のサイトやアプリで配信する広告などが含まれます。

: ウェブサイトやアプリ自体が、ウェブとアプリのアクティビティをアカウントに保存するわけではありません。

保存したアクティビティはどのように利用されるか

詳しくは、Google は保存したアクティビティを何に利用しているかと、保存したアクティビティ情報の安全性をどのように守っているかの説明をご覧ください。

Google で検索クエリが一般的にどのように扱われるかについて詳しくは、プライバシー ポリシーのよくある質問をご覧ください。

ログアウト時の「ウェブとアプリのアクティビティ」の動作

検索結果や表示される広告は、ログアウト時でも、これまでの検索関連のアクティビティに基づいてカスタマイズされることがあります。このような種類の検索のカスタマイズを無効にするために、検索やブラウジングを非公開で行うことができます。

ブラウザ履歴

検索内容やアクセスしたサイトに関する情報がブラウザや Google ツールバーに保存される場合があります。ブラウザの履歴を削除する方法については、ChromeツールバーSafariInternet ExplorerFirefox の各ページをご覧ください。

このヘルプページを作成した検索のエキスパートに、ページに関するフィードバックをお送りください。

この記事は役に立ちましたか?