検索や閲覧の履歴の削除

ウェブとアプリのアクティビティを有効にすると、Google アカウントにログインしている状態で行った検索や閲覧についての情報が保存されるようになります。保存する内容の選択や保存内容の削除はユーザーが行うことができ、設定を無効にすることもできます。

検索内容や閲覧履歴を削除する

ウェブとアプリのアクティビティのページから、過去の検索やその他の情報を削除できます。詳しくは、ウェブとアプリのアクティビティに保存される内容についての記事をご覧ください。

パソコン

項目を指定して削除する

  1. ウェブとアプリのアクティビティのページにアクセスします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. 削除する項目の横のチェックボックスをオンにします。日付の横にあるチェックボックスをオンにすると、その日の項目をすべて削除できます。
  3. ページの上部にある [削除] を選択します。

履歴をすべて削除する

  1. ウェブとアプリのアクティビティのページにアクセスします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. 右上の [もっと見る] その他 > [削除オプション] > [詳細設定] を選択します。
  3. [日付を選択] > [全期間] > [削除] > [削除] を選択します。

注: 特定の日の項目を削除する場合は、ページの上部のカレンダーを選択して、その日付を探します。

Android

項目を指定して削除する

  1. [アクティビティ管理] にあるウェブとアプリのアクティビティで [アクティビティを管理] をタップします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. 削除する項目の横のチェックボックスをオンにします。日付の横にあるチェックボックスをオンにすると、その日の項目をすべて削除できます。
  3. ページの上部にある [削除] をタップします。

履歴をすべて削除する

  1. ウェブとアプリのアクティビティのページにアクセスします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. 右上の [もっと見る] その他 > [削除オプション] > [詳細設定] を選択します。
  3. [日付を選択] > [全期間] > [削除] > [削除] を選択します。

ヒント: 検索ボックスの下に表示される最近の検索内容を削除するには、削除する検索内容を押し続け、[OK] をタップします。その検索内容が Google アプリと「ウェブとアプリのアクティビティ」から削除されます。

iPhone と iPad

Google アプリの使用中に行ったすべての検索は、iPhone や iPad の端末上の履歴のほか、「ウェブとアプリのアクティビティ」にも保存されます。

端末から最近の検索内容を削除する

Google アプリで検索するとき、検索ボックスの下に最近の検索内容が候補として表示される場合があります。こうした検索内容は、検索ボックスから直接削除できます。

  1. Google アプリ を起動します。
  2. 表示される検索ボックス内をタップします。
  3. 削除する検索内容を左にスワイプします。
  4. [削除] をタップします。

注: 検索ボックスの下で削除した検索内容は iPhone や iPad の端末上の履歴からは削除されますが、ウェブとアプリのアクティビティにはまだ残っています。

端末から過去のすべての検索内容を削除する
  1. Google アプリ を起動します。
  2. 表示される検索ボックス内をタップします。
  3. [検索履歴を表示] を選択します。
  4. 右上の [すべて消去] > [端末上の履歴を消去] をタップします。

: Google アプリから削除した検索内容は iPhone や iPad の端末上の履歴からは削除されますが、ウェブとアプリのアクティビティにはまだ残っています。

端末に検索内容が保存されないようにする
  1. Google アプリ を起動します。
  2. 左上のプロフィール写真またはメールアドレスをタップします。
  3. [プライバシー] > [閲覧] を選択します。
  4. [端末上の履歴] をオフにします。端末上の履歴をオフにすると、これ以降の検索は端末に保存されなくなり、アクセスしたページも最近の履歴に残らなくなります。
ウェブとアプリのアクティビティから検索内容を削除する

Google アプリから削除した検索内容は iPhone や iPad の端末上の履歴からは削除されますが、ウェブとアプリのアクティビティにはまだ残っています。次の手順で、「ウェブとアプリのアクティビティ」から検索内容を削除できます。

項目を指定して削除する

  1. ウェブとアプリのアクティビティのページにアクセスします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. 削除する項目の横のチェックボックスをオンにします。日付の横にあるチェックボックスをオンにすると、その日の項目をすべて削除できます。
  3. ページの上部にある [削除] を選択します。

履歴をすべて削除する

  1. ウェブとアプリのアクティビティのページにアクセスします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. 右上の [もっと見る] その他 > [削除オプション] > [詳細設定] を選択します。
  3. [日付を選択] > [全期間] > [削除] > [削除] を選択します。

注: 特定の日の項目を削除する場合は、ページの上部のカレンダーをタップして、その日付を探します。

検索内容が保存されないようにする

  1. [アクティビティ管理] ページにアクセスします。
  2. [検索や閲覧のアクティビティ] をオフにします。

ヒント: 一時的に検索内容が保存されないようにする場合は、インターネットをシークレット モードで閲覧できます(シークレット ウィンドウでは Google アカウントにログインしないでください)。

  • Chrome: シークレット モードの使い方をご確認ください。
  • 他のブラウザ: Chrome 以外のブラウザの場合は、ブラウザのヘルプで同様のプライベート ブラウジング モードの利用についてご確認ください。

過去の検索内容の削除に関する問題

削除した検索内容が、アカウント アクティビティ レポートに引き続き表示されている

[履歴] ページで検索内容を削除しても、Google ダッシュボードに短期間表示され続けることがあります。

削除した検索内容が、ウェブとアプリのアクティビティのページに引き続き表示されている

削除した後も検索内容が表示され続ける場合は、ブラウザのキャッシュと Cookie の消去をお試しください。

注: あるデバイスから検索内容を削除しても、インターネットに接続していない別のデバイスではその検索内容が「ウェブとアプリのアクティビティ」に表示され続ける場合があります。そのデバイスをインターネットに接続すると検索内容は削除されます。

削除した検索内容や閲覧履歴の取り扱い

ウェブとアプリのアクティビティから削除した項目は、Google アカウントとの関連付けが解除されます。ただし、スパムや不正行為の防止、サービス向上を目的に、Google がアクティビティ情報を別に保存することがあります。

ブラウザの履歴

検索内容やアクセスしたサイトに関する情報がブラウザや Google ツールバーに保存される場合があります。ブラウザの履歴を削除する方法については、ChromeSafariInternet ExplorerツールバーFirefox の該当ページをご覧ください。

hc_author_ashley

このページを作成した検索エキスパートに、記事の改善に関するフィードバックをぜひ以下からお送りください。

この記事は役に立ちましたか?