Google で検索する際の現在地情報とその管理方法について

マップ、検索、Google アシスタントを使うなどして Google で検索するとき、役に立つ検索結果を表示するために現在地情報が使用されます。たとえば、コーヒー ショップを検索する場合は、自分の近くのコーヒー ショップを検索していると想定されます。現在地情報があれば、検索するときに場所を入力しなくても、周辺の検索結果が表示されます。

現在地情報は、さまざまな情報源からの情報に基づいています。これらの情報源を組み合わせて使用し、現在地を推定します。Google サービスを利用する際の位置情報の設定を更新すると、求めている検索結果が得られ、望む方法でプライバシーを管理できます。

位置情報の設定を変更する前にその仕組みを知りたい場合は、検索時に Google が現在地を検出する方法をご覧ください。

位置情報を更新して、付近の検索の結果を改善する

近くのものを検索しても付近の検索結果が表示されない場合は、次の解決方法をお試しください。

  • 検索に現在地を追加する(渋谷のコーヒー ショップなど)。
  • 検索時にデバイスが Google に位置情報を送信していることを確認する。以下の手順で、デバイスの位置情報の設定を管理します。

Google アカウントにログインすると、検索結果が改善されます。たとえば、自宅や職場で検索することが多い場合は、自宅や職場の住所を設定、更新すると、そうした場所にいるときに的確な結果が得られるようになります。

デバイスの位置情報の設定を管理する

iPhone や iPad は、位置情報サービスがオンになっていて、アプリとブラウザの権限で許可されている場合は、アプリやウェブサイトに位置情報を送信できます。[設定] で位置情報サービスを管理することで、アプリや、google.com などのウェブサイトに位置情報の利用を許可するかどうかを設定できます。

iPhone または iPad では、ウェブサイトやアプリで正確な位置情報やおおよその位置情報を使用します。正確な位置情報の利用許可を有効にしていない場合、Google はローカル検索結果を表示しますが、ローカル検索結果が現在地から遠く離れている場合もあります。

重要: アプリやブラウザの権限を管理する前に、iPhone または iPad の位置情報サービスがオンになっていることを確認してください。iPhone や iPad で位置情報サービスをオンまたはオフにする方法をご覧ください。

位置情報の利用許可を管理する

ウェブサイトの場合

Chrome や Safari などのウェブブラウザでウェブサイトにアクセスする場合は、ブラウザ自体と、位置情報を使用するウェブサイト(google.com など)に対して、位置情報の利用許可を個別にオンまたはオフにできます。

google.com などのウェブサイトに位置情報へのアクセスを許可するには、ブラウザとウェブサイトの両方で位置情報の利用許可をオンにします。

ブラウザでの位置情報の利用許可をオンまたはオフにする

ブラウザで位置情報を使用できるかどうかを設定できます。

  1. iPhone または iPad で、設定アイコン 設定 次の操作 [プライバシー] 次の操作 [位置情報サービス] をタップします。
  2. [Safari のサイト] や Chrome などのブラウザアプリをタップします。
  3. ブラウザアプリでの位置情報へのアクセスについて、[このAppの使用中のみ許可]、[次回確認]、または [許可しない] を選択します。

ウェブサイトでの位置情報の利用許可をオンまたはオフにする

ブラウザで位置情報を利用できるように設定している場合は、ブラウザから google.com などの特定のウェブサイトに位置情報を送信するかどうかを設定できます。

  1. iPhone または iPad で Safari を開き、google.com にアクセスします。
  2. 左上のアドレスバーの AA アイコンまたはロックアイコン ロック 次の操作 [WEBサイト設定] 次の操作 [場所] をタップします。一部のブラウザでは、設定メニューを確認する必要があります。
  3. [確認]、[拒否]、[許可] のいずれかをタップします。

重要: ブラウザがデバイスの現在地を取得するまでに長い時間がかかる場合があります。検索結果をすばやく表示するため、google.com では、前回 Google を使用したときのデバイスの位置情報を使用することがあります。この位置情報は、6 時間後に期限切れになる Cookie に保存されます。詳しくは、Safari で Cookie を管理するまたは Chrome で Cookie を管理するをご覧ください。

アプリの場合

Google アプリや Google マップなどのアプリを使用して検索している場合は、iPhone や iPad の [位置情報サービス] の設定で、アプリが位置情報を使用できるかどうかを管理できます。

付近の検索結果の精度を上げるには、使用しているアプリで位置情報をオンにします。

  1. iPhone または iPad で、設定アイコン 設定次の操作 [プライバシー] 次の操作 [位置情報サービス] をタップします。
  2. 検索に使用するアプリ(Google アプリ Google 検索 や Google マップ マップ など)をタップします。
  3. アプリでの位置情報へのアクセスについて、[常に許可]、[使用中のみ]、[次回確認]、または [許可しない] を選択します。

検索時に Google が現在地を検出する方法

マップ、検索、Google アシスタントを使うなどして Google で検索すると、利用可能な情報源を使って現在地が推定されます。次の情報源を組み合わせて現在地を検出します。

重要: 位置情報の情報源は、ほとんどがデバイスの権限、アカウント設定などの設定で管理できます。設定がプライバシーと位置情報に与える影響の詳細については、以下をご確認ください。

検索時に場所を検出するための情報源

Google で検索すると、検索結果ページの下部に現在地の推定に使われた方法が表示されます。

デバイスの位置情報

スマートフォンやパソコンなどの多くのデバイスは、正確な現在地を判断できます。このような正確な現在地は、Google マップのようなアプリで、道案内や付近の検索の結果を改善するのに役立ちます。たとえば、コーヒー ショップバス停ATM など、正確な現在地情報に依存した検索では、位置情報の利用許可をオンにしていると役に立つ結果が得られます。

上記の手順によって、デバイスに基づいた位置情報の設定を管理して、検索時に位置情報を利用できるかどうかを指定できます。お使いのデバイスにもよりますが、通常は、個々のアプリやウェブサイト、デバイス自体について、位置情報のオンとオフを切り替えることができます。

デバイスの位置情報が検索結果の表示に使用された場合は、検索結果ページの下部にある位置情報の欄に [デバイスに基づく] と表示されます。

重要: ブラウザがデバイスの現在地を取得するまでに時間がかかる場合があります。検索結果をすばやく表示するため、google.com では、前回 Google を使用したときのデバイスの位置情報を使用することがあります。この位置情報は、6 時間後に期限切れになる Cookie に保存されます。詳しくは、Cookie の管理についての記事をご覧ください。

自宅や職場(ラベルを付けた場所)

自宅や職場の住所を設定すると、これらの場所にいる可能性が高いときに、現在地の推定に使用される場合があります。

自宅や職場の住所は、Google マップの中で編集、削除できます。

ラベルを付けた場所の位置情報が検索結果の表示に使用された場合は、検索結果ページの下部にある位置情報の欄に [保存した場所(自宅)に基づく] や [保存した場所(職場)に基づく] と表示されます。

ロケーション履歴

Google アカウントにログインしてロケーション履歴を有効にしている場合、いずれかのログインしているデバイスの最近の位置情報を使って現在地が推定されることがあります。たとえば、パソコンでログインして Google マップを使用している場合は、数分前のスマートフォンの位置情報に基づいて、地図上のどこにいるかを表示することがあります。スマートフォンを最近使用していない場合でも、同じようにして表示されることがあります。ロケーション履歴を一時停止すると、最後にアップロードした位置情報が最長 24 時間使用されます。

最近のロケーション履歴を使用して現在地が推定され、それが検索結果の表示に使用された場合は、検索結果ページの下部にある位置情報の欄に [ロケーション履歴に基づく] と表示されます。

ロケーション履歴を一時停止すると、新しいロケーション履歴が Google アカウントに保存されなくなります。Google マップのタイムラインを使って、既存のロケーション履歴を削除することもできます。

ロケーション履歴の管理についてご覧ください。

Google のサイトやアプリでの過去のアクティビティ

Google アカウントにログインしてウェブとアプリのアクティビティを有効にしている場合は、Google のサイト、アプリ、サービスでのアクティビティが Google アカウントに保存されます。アクティビティ内の項目には、その時点で滞在していたおおよその地域が含まれる場合があります。アクティビティが正確な現在地に関係している場合は、その位置情報がアクティビティに保存されることがあります。

場合によっては、過去に検索した地域が現在地の推定に使用されます。たとえば、「渋谷のコーヒー ショップ」と検索してから「ネイルサロン」と検索した場合、渋谷のネイルサロンを表示することがあります。

ウェブとアプリのアクティビティは myactivity.google.com で表示、管理できます。詳しくは、アカウントのアクティビティを表示、管理する方法をご覧ください。

Google アカウントにログインしていない場合は、使用中のデバイスからの過去の検索に関する位置情報が保存され、より関連性の高い検索結果やおすすめ情報を提供するために使用されます。ログアウト時の検索アクティビティをオフにすると、現在地の推定に過去の検索が使用されなくなります。詳しくは、シークレット モードで検索とブラウジングを行う方法をご覧ください。

過去のアクティビティが検索結果の表示に使用された場合は、検索結果ページの下部にある位置情報の欄に [過去のアクティビティに基づく] と表示されます。

インターネット接続の IP アドレス

IP アドレス(インターネット アドレスとも呼ばれます)は、インターネット サービス プロバイダがお使いのデバイスに割り当てます。インターネットの使用には必須です。IP アドレスは、デバイスと使用するウェブサイトやサービスを接続するために使用されます。

IP アドレスは、おおむね地理情報に基づいています。このため、google.com を含めて、使用するウェブサイトがおおよその地域に関する情報を取得する可能性があります。

検索時の現在のおおよその地域の推定に IP アドレスが使用された場合は、検索結果ページの下部にある位置情報の欄に [インターネット アドレスに基づく] と表示されます。

重要: インターネットは IP アドレスがなければ機能しないため、Google を含めて、使用またはアクセスしたアプリやウェブサイトがデバイスの IP アドレスを取得するのを止めることはできません。つまり、使用またはアクセスしたすべてのアプリとウェブサイトは通常、現在地に関する情報を推定できるということです。

位置情報の管理とプライバシー

Google で検索する場合、常に検索元のおおよその地域が推定されます。現在のおおよその地域を推定すると、関連性の高い結果を表示したり、初めての都市からのログインなど、通常とは異なるアクティビティを検出してアカウントを保護したりできます。

おおよその地域は 3.0 キロメートル四方以上の広さで、1,000 人以上のユーザーがいるため、検索のおおよその地域から個人が特定されることはなく、プライバシーは保護されます。市外では、おおよその地域は一般的に 3.0 キロメートル四方よりも大幅に広くなります。推定されるおおよその地域は、この記事で説明した位置情報の情報源に基づいています。

位置情報の利用許可を google.com やお使いのデバイスの Google アプリに付与した場合、検索を行うと、最適な検索結果を表示するために正確な現在地を Google が使用します。正確な現在地は、特定の住所や通りなど、正確にどこにいるかを表します。

自宅や職場の住所を設定していて、自宅や職場にいると Google が推定した場合は、正確な住所が検索に使用されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。