Google での検索のコツ

知りたいことを Google で簡単に見つけるヒントとコツをご紹介します。

ヒント 1. まずはシンプルに

何を検索する場合でも、「一番近い空港」のようにシンプルな検索から始め、必要に応じて具体的な語句を追加しましょう。

地域を絞り込みたい場合は、検索の際にその地名も追加してください(例: 「寿司 六本木」)。

ヒント 2. 音声で検索する

指で入力しなくても、「OK Google」と言うかマイクアイコン を選択すると音声で検索できます。詳しくは、音声で検索する方法についての記事をご覧ください。

ヒント 3. 検索語句を工夫する

探しているサイト上で使われていそうな語句を選びましょう。たとえば、「頭が痛い」という言葉ではなく、「頭痛」という言葉を使うようにします。そのほうが、医療関係のウェブサイトで使われている可能性が高いためです。

ヒント 4. 間違えてもだいじょうぶ

  • 誤字脱字、誤変換: 入力した言葉の中に間違いがあっても、Google のスペルチェッカーにより、自動的に最もよく使われる単語に修正されて検索されます。
  • 文字の種類の区別: 突っ張り棒の設置のコツ」の検索結果は「つっぱり棒の設置のコツ」で検索する場合とほとんど同じです。

ヒント 5. 便利な機能を利用する

検索内容によっては、知りたい情報が検索結果ページに直接表示されます。たとえば他の国のスポーツチームに関する情報などはすぐに見つからない場合があります。

  • 天気:天気」と入力すると現在地の天気が表示されます。また、「天気 横浜」のように都市名を追加すると、その地域の天気が表示されます。
  • 辞書: 知りたい言葉の後に「とは」と入力すると、その言葉の定義が表示されます。
  • 計算: 3*9123」などの数式を入力すると、その答えが表示されます。また、関数の式を入力するとそのグラフが表示されます
  • 単位変換:3 ドルをユーロで」などの単位変換を入力すると、その結果が表示されます。
  • スポーツ: チームの名前を入力すると、試合のスケジュールや結果などが表示されます。
  • プロフィールや概要: 有名人、場所、映画、曲などの名前を入力すると、そのプロフィールや概要が表示されます。

高度な検索テクニック

検索を使いこなすコツは他にもたくさんあります。ぜひ以下のリンクもご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
100334
false