/webmasters/community?hl=ja
このコンテンツは関連性がなくなっている可能性があります。検索を試すか、最新の質問を参照してください。
-
2019/04/18
URL パラメータでの重複制御について 0 件のおすすめの回答 2 件の返信 0 件の「同じく」
1 件のおすすめの回答
$0 件のおすすめの回答
お世話になっております。

サーチコンソールのURL パラメータでの設定を行い、
除外の重複を減少させたい思います。
お力添えいただけますと幸いです。

=====================================================

現在、サーチコンソール にパラメータ候補して上がっているのもは下記になります。
1.year
2.month
3.category
4.page​​

=====================================================

サイトでのパラメータとしての動作はこちらになります。

パラメータ名:year
動作:年で絞り込んだ時のコンテンツ表示(2012年3月で記事を絞り込む等)
重複例:/blog?year=2012&month=3
    /blog?year=2010&month=6
    /blog?year=2010&month=5

パラメータ名:month
動作:月で絞り込んだ時のコンテンツ表示(2012年3月で記事を絞り込む等)
重複例:/blog?year=2012&month=3
    /blog?year=2010&month=6
    /blog?year=2010&month=5

パラメータ名:category
動作:カテゴリーで絞り込んだ時のコンテンツ表示(お知らせ、新着情報、スタッフブログ等)
重複例:/news?category=5
    /column?category=13
    /blog?category=31&page=4

パラメータ名:page
動作:ページネートで絞り込んだ時のコンテンツ表示(1ページ目、2ページ目、3ページ目等)
重複例:/column?page=2
    /column?page=7
    /blog?category=31&page=4
    /column?page=1&year=2013

=====================================================

URL パラメータの設定は下記でよろしいでしょうか。
もし、適切な設定がございましたらご教示いただけますと幸いです。

また、パラメータがコンテンツに与える影響が【指定】の使用例が
あまり分かりませんでしたので、その点もご教示いただけますと幸いです。

year
影響:絞り込み
クロール対象URL:すべての URL

month
影響:絞り込み
クロール対象URL:すべての URL

category
影響:絞り込み
クロール対象URL:すべての URL

page
影響:ページ指定
クロール対象URL:すべての URL
すべての返信 (2)
2019/04/18
橋本浩幸 さん

こんにちは、記載いただきました件につきまして返信させていただきます。

ブログサービス内で各日付単位で絞り込んだページをインデックスさせたくない目的で
Search Console内にある「URLパラメータ」機能を利用されたいと見受けられます。

上記の目的が正しいのであれば、「URLパラメータ」へ期待するものとしては
各パラメータが付与されたURLがインデックスされないこと、クロールされないこと
かと思われます。

「URLパラメータ」機能は、上記のうちクロールされないことは対応可能ですが
すでにインデックスされてしまったコンテンツを、インデックスから削除することは不可能となります。
まだ、クロールされていないコンテンツがクロールされないことで
インデックスされることを防ぐことは当然のように可能です。

ちなみに、「URLパラメータ」の設定内容を記載されていますが、
マウスオンすることで確認できる「クロール対象URL:すべての URL」の下記の注記は、
ご確認されましたでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
すべての URL: Googlebot はこのパラメータの値を使用して、URL が固有のものであるかどうかを判断します。
たとえば、www.example.com/dresses/real.htm?productid=1202938 は、www.example.com/dresses/real.htm?productid=5853729 とは完全に異なる URL であると認識されます。
このオプションを選択する前に、パラメータによってページ コンテンツが変更されることを確認してください。ページ コンテンツが変更されない場合、Googlebot がサイト内の重複したコンテンツを不必要にクロールすることになります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

上記から、目的とは異なる設定を行っていることがわかります。
今回のケースですと、「クロールしない」が正しいかと思います。

ただし、前述のようにクロールしないこと、と
インデックスされることは別ものとなります。
すでにインデックスされたコンテンツは、インデックスから削除してから
クロールしないこと、の設定を行わないといけません。

noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする - Search Console ヘルプ https://support.google.com/webmasters/answer/93710?hl=ja

以上、ご参考になれば幸いです。
ご確認の程よろしくお願い致します。
これを回答に設定しました
役に立ちましたか?
2019/08/26
橋本浩幸

こんにちは。

ご質問内容ですが、
「パラメータ配下ページ、
 つまり個別ページがそれぞれインデックスされていないのではないか。」という事でしょうか。

正規化した個別ページがインデックスされているかどうかは、
Search Console の URL 検査 で確認できますし、
google.com の検索窓に正規化したページのURLを直接打ち込んで、ダイレクト検索してみると分かります。インデックスされていたら、検索結果に表示されます。

パラメータが付いているURLが表示されるということは、
計測や、サイト内のフィルタで絞り込んだページがインデックスされているなど、
なにかしら動的に処理されたページのURLをクローラーが検出した、ということです。

報告されているパラメータ付きの個別ページがインデックスされていない場合は、
正規ページのインデックス申請をする必要があります。

個別ページが正規ページでインデックスされているならば、問題ありません。

以前のバージョンの Search Console 内 URL パラメータ 内に表示されている内容は無視して構いません。

ちなみに、Google では、管理者が正規化したページをインデックスするのが基本となっていますが、
ドメインプロパティが施行されてからは、どのページを正規ページと判断するかは Google が決めます。
どのページが正規ページと判断されているのかは、
URL 検査 をした後の結果、 カバレッジ で確認できます。

’ ユーザーが指定した正規URL 'に正規URLが表示されているようでしたら、それが正規ページとしてインデックスされていますし、
' Google が選択した正規ページ 'にURLが表示されているようでしたら、
Google が判断したページを正規ページとして登録しているという事です。

Search Console の 重複した URL を統合する でも説明されています。


ご理解の一助となりましたら幸いです。
前回の編集: 2019/08/26
これを回答に設定しました
役に立ちましたか?
この質問はロックされているため、返信は無効になりました。
投稿を破棄しますか?現在入力されている内容が削除されます。
返信を書く
10 文字必要です
ファイルを添付できませんでした。ここをクリックしてやり直してください。
投稿を破棄しますか?
現在入力されている内容が削除されます。
個人情報が含まれています

このメッセージには、次の個人情報が含まれています。

この情報は、アクセスしたユーザーおよびこの投稿の通知を設定しているすべてのユーザーに表示されます。続行してもよろしいですか?

問題が発生しました。もう一度お試しください。
返信を作成する
返信の編集
投稿を削除しますか?
この操作を行うと、[回答] セクションから該当の返信が削除されます。
通知はオフになっています
現在、通知はオフに設定されているため、登録したスレッドの更新情報は配信されません。オンにするには、[プロフィール] ページの [通知設定] に移動してください。
不正行為の報告
Google では、サービスの不正使用を大変深刻な問題として受け止めています。このような不正行為については、お住まいの国の法令に従って対応いたします。お送りいただいた報告は Google で調査し、適切な措置を講じます。さらに詳しい情報が必要な場合、または Google から情報を提供できる場合に限り、ご連絡を差し上げます。

法的理由によりコンテンツの変更をリクエストするには、法的な問題に関するヘルプページをご覧ください。

不正行為が報告された投稿
レポートを送信できません。
この返信には現在アクセスできません。
/webmasters/threads
//accounts.google.com/ServiceLogin
に新着投稿に関するメール通知が送信されます。
質問を削除できません。
[同じく] を更新できません。
登録を更新できません。
登録を解除しました
削除しました
返信を削除できません。
[回答] から削除されました
「おすすめの回答」に設定しました
おすすめを削除しました
元に戻す
返信を更新できません。
投票を更新できません。
ありがとうございました。返信を記録しました。
投票を元に戻すことができません。
ありがとうございました。この返信は [回答] セクションに表示されます。
リンクをコピーしました
ロックしました
ロックを解除しました
ロックできません
ロックを解除できません
固定しました
固定を解除しました
固定できません
固定を解除できません
マークを付けました
マークを外しました
マークを付けることができません
Reported as off topic
/webmasters/profile/0?hl=ja