検索の仕組み(初心者向け)

ご自身のサイトを Google の検索結果に登録するのは簡単ですし、お金もかかりません。Google にサイトを送信する必要すらありません。

Google は完全に自動化された検索エンジンです。「ウェブクローラ」というソフトウェアを使用して定期的にウェブを探索し、見つかったサイトを Google のインデックスに登録しています。Google 検索結果に表示されるサイトのほとんどは、手動で登録されたものではなく、ウェブクローラがウェブをクロールして見つかったサイトが自動的に追加されたものです。

 

Google 検索は基本的に次の 3 段階で行われます。

  • クロール: Google はクローラと呼ばれる自動化プログラムを使用してウェブを検索し、新しいページや更新されたページを探します。Google はそれらのページのアドレス(またはページの URL)を後で参照できるように大規模なリストに格納します。ページの検出はさまざまな方法で行われますが、既知のページからリンクをたどる方法が主に使用されます。
  • インデックス登録: Google は、クロールによって検出したページにアクセスし、各ページの内容の分析を試みます。また、ページ内のコンテンツ、画像、動画ファイルを分析して、そのページの内容を把握しようとします。この情報は Google インデックスに保存されます。Google インデックスとは、膨大な数のコンピュータに格納されている巨大なデータベースです。
  • 検索結果の表示: ユーザーが Google 検索を実行すると、Google はできる限り質の高い検索結果を特定しようとします。「最適」な検索結果を提供するために、ユーザーの所在地、言語、端末(パソコンやスマートフォン)、以前の検索クエリなど、さまざまな要素が考慮されます。たとえば「自転車修理店」を検索する場合、パリのユーザーと、香港のユーザーには異なる検索結果が表示されます。Google では、ページの掲載順位を上げるためにお支払いをお願いすることはありません。ランキングはアルゴリズムによって決定されます。

興味のある方は、検索の仕組みの詳細をご覧ください。

 

次のステップ: 検索エンジン用に最適化する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。