モバイル ユーザビリティ レポート

モバイル ユーザビリティ レポートでは、プロパティのページのうち、モバイル端末で表示した場合にユーザビリティの問題があるものを特定できます。

最上位のビューには、モバイル ユーザビリティの問題のしきい値レベルを超えるすべてのページが表示されます。それぞれの問題をクリックすると問題の詳細が表示されます。この詳細では、その問題の該当ページのサンプルリスト、修正方法、修正後に Google に通知する手続きを確認できます。

モバイル ユーザビリティ レポートを開く

概要ページ

グラフには、選択した内容に応じて、エラーや有効のステータスにあるページの数が表示されます。[表示回数] チェックボックスには、モバイル端末からのプロパティ ページの表示回数が示されます。

データについて

表には、最大 1,000 行のデータを表示できます。一部の該当ページが表示されない場合もあります。これには、該当ページ数が 1,000 ページを超えている、問題が検出されなかった、問題が非常に新しいものである、またはユーザビリティのしきい値スコアを上回るページで問題が発生しているといった理由が考えられます。

レポートには次の情報が表示されます。

  • ステータス: ページは以下の 2 つのステータスのいずれかになります。
    • エラー: このページはモバイル対応ではありません
    • 有効: このページはモバイル対応です
  • ページ: この問題が発生しており、ステータスがエラーになっているページの数。
ページ ステータスの詳細

Google では、内部のモバイル ユーザビリティ スコアに応じて、ページを有効またはエラーとしてマークします。このスコアは、問題の数とその相対的な重大度に応じて計算されます。

  • エラーのステータスは、ページがモバイル ユーザビリティの最低限のレベルを下回っていることを意味します。エラー ステータスにあるページは、該当するモバイル ユーザビリティの各問題の詳細ページに表示されます。
  • 有効のステータスは、ページがモバイル ユーザビリティの最低限のレベルを満たしていることを意味します。モバイル ユーザビリティの問題が依然として残っている可能性がありますが、このレポートではページに含まれる問題として記載されません。有効のステータスにあるページにモバイル ユーザビリティの問題がまったくないことを確認するには、モバイル フレンドリー テストツールを使用してテストする必要があります。

 この問題が始まったのはいつか?

有効のステータスにあるページに、軽微なユーザビリティの問題がある場合について考えてみましょう。このページで別の問題が発生して、ユーザビリティ スコアに影響が及び、このページがエラーとしてマークされたとします。この場合、両方の問題が同時にページに表示されますが、問題の 1 つは前から存在しています。要約: ページに表示されるすべての問題が、ページにエラー ステータスが割り当てられたときに発生したとは限りません。

該当ページ数の詳細

有効のステータスにあるページに問題があったとしても、そのページは問題の該当ページ数にはカウントされず、問題に該当するページのリストにも表示されません。エラー ステータスにあるページのみが、該当する問題の数にカウントされ、該当ページのリストに表示されます。

例:

次の 2 つのページのシナリオについて考えてみましょう。

  • ページ 1 には問題 A と B がありますが、モバイル ユーザビリティ スコアが有効のしきい値を上回っているため、有効のステータスとしてマークされます。
  • ページ 2 には問題 B、C、D があり、モバイル ユーザビリティ スコアが有効のしきい値を下回っているため、エラー ステータスとしてマークされます。

下記のようになります。

  • 問題 A の該当ページ数は 0 です。
  • 問題 B、C、D の該当ページ数は 1 です。
  • 問題 B の該当ページは、ページ 1 とページ 。

問題の優先順位の設定と修正

  1. 概要レポートページでは、検証のステータスと該当ページ数を組み合わせた条件に基づいて問題が並べ替えられています。このデフォルトの順序に沿って問題を修正することをおすすめします。共通する原因(不適切なテンプレートなど)で発生しているエラーを最初に修正してから、固有のエラーを修正します。
  2. エラーの総数の増加が主に単一のエラーにより引き起こされているかどうかを確認します。具体的には、表内でエラー総数の増加に対応する形で急増している単一の問題を探します。エラータイプエラーの急激な増加への対処については、以下をご覧ください。
  3. 表の行を選択して、エラーの詳細ページを表示します。
    1. 詳細ページにはこのエラーに該当する URL のサンプルが表示されます。この URL の表示は最大 1,000 行という制約があり、また、エラーが最近検出されたページは含まれていない場合があるため、このリストは必ずしも完全なリストであるとは限りません。
    2. [詳細] を選択して、公式ドキュメントで正しい構文を確認します。
    3. このエラーに該当する URL を表で選択し、モバイル ユーザビリティの問題数などの詳細が記載されたパネルを開きます。このパネルには、このページのインデックス付きのバージョンに対して URL 検査ツールを実行するための [検査] リンクや、このページでモバイル フレンドリー テストを実行するための [公開中のバージョンをテスト] リンクが含まれます。ライブページでエラーが修正済みであっても、ページがまだ再クロールされていないために、モバイル ユーザビリティ レポートにエラーが依然として表示されることがあります。その場合は、この問題のあるページをすべて修正した後で検証をリクエストします。
  4. サイト上で該当する問題のあるページをすべて修正し、修正をテストしたうえで、ウェブに修正が反映されていることを確認します。
  5. 問題の詳細ページに戻り、[検証して更新を Google に通知] ボタンをクリックして検証の処理を開始します。この処理はすぐに行われるわけではありません。 検証の処理については、検証についてをご覧ください。
  6. 引き続き、エラーを修正します。

レポートを共有する

問題の詳細を共有するには、ページで [共有] ボタンをクリックしてください。このリンクでは、現在のページと、この問題についての検証履歴ページへのアクセス権のみが付与されます。リソースのその他のページへのアクセス権は付与されません。また、共有ユーザーは、あなたのプロパティやアカウントに対して操作を実行することもできません。このページの共有を無効にすることで、いつでもリンクを取り消すことができます。

エラーの急激な増加への対処

急激な増加が、特定のページ群におけるステータスの変化が原因で発生したのかどうかを判別します。

  1. 急激な増加が見られる場合は、別のステータス(エラーまたは有効)でそれに対応する減少があるかどうかを探します。
  2. 対応する減少が見つかったら、両者の URL が同じであることを確認します。
  3. URL が別のステータスに変化している場合、ステータスが変わる原因となった変更を探します。

エラーの急激な増加の最もよくある原因は、サイト上の複数のページで使用されているテンプレートへのエラーの混入です。

エラー

モバイル ユーザビリティ レポートには、以下のエラーが表示される可能性があります。

互換性のないプラグインを使用しています

ほとんどのモバイル ブラウザでサポートされていないプラグイン(Flash など)がページに含まれています。HTML5 など、広くサポートされている最新のウェブ テクノロジーを使用してページを再設計することをおすすめします。ウェブ アニメーションのガイドラインについて詳細をご確認ください。

ビューポートが設定されていません

ページに viewport プロパティが定義されていません。このプロパティは、画面サイズに合わせてページのサイズとスケーリングを調整する方法をブラウザに指示します。サイトにアクセスするユーザーは、大きなデスクトップ モニター、またはタブレットや小型のスマートフォンなど、画面サイズの異なるさまざまな端末を使用しています。そのため、ページでは meta viewport タグを使用してビューポートを指定してください。詳しくは、レスポンシブ ウェブデザインの基礎をご覧ください。

ビューポートが「端末の幅」に収まるよう設定されていません

ページに固定幅の viewport プロパティが定義されているため、異なる画面サイズに合わせて調整することができません。このエラーを修正するには、サイトのページにレスポンシブ デザインを導入し、デバイスの幅とスケーリングに合わせてビューポートを設定します。詳しくは、ビューポートを正しく設定する方法をご確認ください。

コンテンツの幅が画面の幅を超えています

このレポートには、ページ上の語句や画像を表示するために水平スクロールを必要とするページが示されます。このエラーは、ページの CSS 宣言で絶対値を使用している場合や、ページの画像が特定のブラウザ幅(980px など)で最適に表示されるように設計されている場合に発生します。このエラーを修正するには、ページの CSS 要素に対して相対的な幅と位置の値を使用し、画像も同様にスケーリングできるようにします。詳しくは、コンテンツのサイズをビューポートに合わせる方法についての記事をご覧ください。

テキストが小さすぎて読めません

このレポートには、フォントサイズが小さすぎて文字が読めず、モバイル ユーザーがピンチ操作をして拡大しなければならないページが示されます。ウェブページのビューポートを指定した後にフォントサイズを設定して、ビューポート内で適切にスケーリングします。フォントサイズに関するベストプラクティスについて詳しくは、読みやすいフォントサイズを使用する方法についての記事をご覧ください。

クリックできる要素同士が近すぎます

このレポートには、ボタンやナビゲーション リンクなどのタップ要素同士が近すぎるために、モバイル ユーザーが隣接する要素をタップせずに指を使って目的の要素をタップすることが容易にできないサイトの URL が示されます。これらのエラーを修正するには、ボタンやナビゲーション リンクのサイズやスペースをモバイル ユーザーに適するように正しく設定します。詳しくは、タップ ターゲットのサイズを適切に調整するをご覧ください。

検証

サイトのエラーを修正したら、Google に修正済みページの再クロールをリクエストします。詳細については、以下のセクションを展開してください。

検証について

サイト上で特定の問題のあるページをすべて修正したら、Google に変更の検証をリクエストすることができます。問題の検出されたページがすべて修正されると、ステータスの表でその問題のステータスが「修正済み」に変わり、表の一番下に移動します。Search Console は、問題全体の検証ステータスと問題があるページの検証ステータスの両方をトラッキングします。問題のあるページがすべて修正されると、問題は「修正済み」とみなされます(実際に記録されるステータスについては、問題の検証ステータス問題のあるページの検証ステータスをご覧ください)。

問題の継続期間についての詳細

問題の継続期間は、サイト上でその問題のあるページが初めて検出された日を起点とし、問題のある最後のページの修正が記録されてから 90 日後までとなっています。同じ問題が再び発生せずに 90 日が過ぎると、その問題はレポートの履歴から削除されます。

問題の初検出日は、その問題の継続期間において問題が最初に検出された日付です。この日付は変更されません。そのため、次のようになります。

  • 問題のあるページがすべて修正され、その 15 日後に同じ問題のあるページが新たに発生した場合、問題は未解決としてマークされ、「初検出日」は元の日付のままとなります。
  • 問題のある最後のページが修正されてから 91 日後に同じ問題が発生した場合、前の問題は解決済みとなっているため、この問題は新たな問題として記録され、初検出日は「今日」に設定されます。

基本的な検証フロー

問題で [修正を検証] をクリックすると実行される検証処理の概要は次のとおりです。この処理には数日かかることがあり、進捗状況を知らせるメールが届きます。

  1. [修正を検証] をクリックすると、ただちに Search Console によりサンプルとして数ページがチェックされます。
    • サンプルのページに現在も問題が存在する場合、検証は終了し、検証ステータスは変更されません。
    • サンプルのページにエラーが見つからなかった場合は、検証が続行され、検証ステータスは「開始」となります。この検証において無関係の他の問題が検出された場合、そうした問題は該当する他の種類の問題としてカウントされ、検証は続行されます。
  2. Search Console の処理には、この問題に該当する既知の URL のリストが使用されます。サイト全体ではなく、この問題のある既知のページの URL のみが再クロールのキューに追加されます。Search Console の検証履歴にはチェックしたすべての URL が記録されます。検証履歴には問題の詳細ページからアクセスできます。
  3. URL のチェック時に次の処理が行われます。
    1. 問題が検出されなかった場合、問題のあるページの検証ステータスは「合格」になります。このページが検証開始後に初めてチェックされたページである場合、問題の検証ステータスは「修正を確認しました」になります。
    2. URL にアクセスできなくなっている場合、問題のあるページの検証ステータスは「その他」(エラーとはみなされません)になります。
    3. 問題のあるページがまだ存在する場合は、問題のステータスが「不合格」になり、検証は終了します。このページが通常のクロールで検出された新しいページの場合は、この既存の問題がある新たなページとみなされます。
  4. エラーおよび警告のある URL がすべてチェックされて、問題の数が 0 の場合、問題のステータスは「合格」になります。重要: 該当ページ数が 0 になって問題のステータスが「合格」に変更されても、元の重大度レベル(「エラー」または「警告」)の表示はそのままとなります。

[検証の開始] をクリックしていなくても、問題のあるページが修正されたことが Google により検出されることがあります。通常のクロールによって問題のあるページがすべて修正済みと確認された場合、レポート上のその問題のステータスは「該当なし」になります。

URL や項目の問題が「修正済み」とみなされる条件

次のいずれかの条件を満たすと、URL や項目の問題は修正済みとしてマークされます。

  • URL のクロール時に、ページ上で問題が検出されなくなったとき。AMP タグのエラーの場合は、タグが修正されたか、削除された(必須のタグではない場合)ことが考えられます。検証の実行時には、この状態は「合格」とみなされます。
  • 何らかの理由で Google がページにアクセスできない場合(ページが削除されている、noindex とマークされている、認証が求められるなど)、その URL の問題は「修正済み」とみなされます。検証の実行時には「その他」の検証ステータスにカウントされます。

再検証

不合格となった検証の [再検証] をクリックすると、問題があり検証で不合格となったすべてのページのほかに、通常のクロールで新たに同じ問題が検出されたページを対象として、検証が再び開始されます。

現在の検証サイクル中に問題を修正した場合でも、現在の検証サイクルが完了するまで待ってから、新たな検証サイクルをリクエストする必要があります。

検証に合格したページ(「合格」とマークが付けられたページ)やアクセスできなくなったページ(「その他」とマークが付けられたページ)は再チェックされず、[再検証] をクリックした際に履歴から削除されます。

検証履歴

問題の詳細ページで検証の詳細のリンクをクリックすると、検証リクエストの進捗状況を確認できます。

AMP レポートとインデックス ステータス レポートでは、検証履歴ページの項目は URL 別にグループ化されます。モバイル ユーザビリティ レポートやリッチリザルト レポートでは、項目は URL と構造化データの項目(項目の「name」の値により判断されます)の組み合わせを基準としてグループ化されます。検証ステータスは、調査中の特定の問題に適用されます。ページ上の 1 つの問題に「合格」ラベルが付き、他の問題には「不合格」、「保留中の検証」、「その他」のラベルが付くことがあります。

問題の検証ステータス

個々の問題には、次の検証ステータスが適用されます。

  • 開始前: この問題のあるページが存在しますが、検証はまだ開始されていません。次のステップ:
    1. 問題をクリックしてエラーの詳細を確認します。AMP テストを使用して個別のページを調査し、公開中のページ上でのエラーの例を確認します(AMP テストでページのエラーが表示されない場合、Google がエラーを検出してこの問題のレポートを生成した後で、公開中のページ上のエラーが修正されたと考えられます)。
    2. 詳細ページで [詳細] をクリックして、違反しているルールの詳細を確認します。
    3. 表内にある URL の例の行をクリックして、そのエラーの詳細を確認します。
    4. ページを修正し、[修正を検証] をクリックして Google にページの再クロールをリクエストします。Google から検証の進捗状況の通知が届きます。検証には数日から最大で約 2 週間かかるため、しばらくお待ちください。
  • 開始: 検証が開始されました。この問題が残っているページはまだ検出されていません。次のステップ: 必要に応じて、検証が進むと Google から対応方法を伝える通知が届きます。
  • 修正を確認しました: 検証が開始され、これまでにチェックしたページがすべて修正されています。次のステップ: 必要な作業はありませんが、検証が進むと Google から対応方法を伝える通知が届きます。
  • 合格: 問題のある既知のページがすべて修正されています(または、該当する URL にアクセスできなくなっています)。このステータスにするには、[修正を検証] をクリックする必要があります(検証をリクエストしておらず、問題のあるページが解消したことが Google により検出された場合、ステータスは「該当なし」になります)。次のステップ: 必要な作業はありません。
  • 該当なし: 検証を開始していませんが、すべての URL で問題が修正されていることが Google により検出されました。次のステップ: 必要な作業はありません。
  • 不合格: [検証] がクリックされましたが、一部のページにまだこの問題が存在します。次のステップ: 問題を修正して再検証します。

問題のあるページの検証ステータス

検証をリクエストすると、特定の問題がある既知のすべてのページに次の検証ステータスのいずれかが割り当てられます(インデックス ステータス レポートでは、「合格」と「その他」は使用されません)。

  • 保留中の検証: 検証のキューに追加されています。Google による前回の確認時に、このページには該当する問題が存在していました。
  • 合格: チェックの結果、このページに問題は存在しませんでした。このステータスになるのは、このページに対して [検証] をクリックした場合のみです。
  • 不合格: チェックの結果、このページにはまだ問題があります。このステータスになるのは、このページに対して [検証] をクリックした場合のみです。
  • その他: この該当ページをホスティングしている URL にアクセスできませんでした。または、ページ上で項目が見つかりませんでした(構造化データの場合)。「合格」と同等とみなされます。

同じ URL でも、問題ごとにステータスが異なる場合があります。たとえば、ある 1 つのページ内に問題 X と問題 Y の両方がある場合に、同じページ内で問題 X の検証ステータスが「合格」、問題 Y の検証ステータスが「保留中の検証」になる可能性があります。

 

既知の問題

この新しい Search Console のベータ版には、次のような既知の問題があります。こうした問題について報告していただく必要はございませんが、その他の機能についてのご意見や、発見した問題がありましたら、ナビゲーション バーに組み込まれているフィードバック機能を使ってお知らせください。

  • プロパティ セットはまだサポートされていません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。