リンクレポート

サイトへのバックリンクを確認する

自分のサイトへのリンク数が最も多いサイトや、上位のリンクされているページなどを確認できます。

リンクレポートを開く

 

バックリンクとは、別のサイトのページから自分のサイトのページに向けて設置されたリンクのことです。自分のサイトにリンクしています。

 

データに関する注意事項:

  • サイト内のページは正規 URL を使用してグループ化されます。つまり、アンカータグと一部のパラメータが除外されてからグループ化されます。
  • 重複するリンクは統合されます。重複するリンクとは、すべてのパラメータが削除され、他の正規化が完了した後、同じソース URL から同じターゲット URL へと移動するリンクを指しています。リンクテキスト レポートにおける重複は、URL ではなくリンクテキストに基づきます
  • 表の行数は 1,000 行に制限されているため、大規模なサイトやリンク先が多いサイトではテーブルが切り捨てられる場合があります。
  • 表の上に表示される合計行数は 1,000 行に制限されません。ただし、インデックス登録されていないページ、URL の重複除去など、さまざまな理由で URL が省略される場合があります。
  • リンクレポートでは「サイト」という用語が使用されていますが、データは実際にはルートドメインによってグループ化されます。プロトコル(http / https)、サブドメイン(m.、www)、サブディレクトリは取り除かれ、まとめてグループ化されます。したがって、以下はすべて example.com にグループ化されています。
    • example.com
    • m.example.com
    • example.com/pet_store/
    • https://example.com
    • http://example.com
  • グループ化されて表示される際に TLD(トップレベル ドメイン)は省略されません。そのため、以下は同一とは見なされません。
    • example.com
    • example.com.de
  • 「外部サイト」やリンクとは、現在のプロパティの外部にあるものすべてを指します。

このレポートには以下の情報が含まれています。

外部リンク

自分のサイト外にあるリンク:

上位のリンクされているページ(自分のサイトで最もリンクされているページ)

他のサイトから最もバックリンクされているページを確認できます。この情報から、サイトは自分が求めているような認識がされているかどうかがわかります。

レポートの場所

リンクレポート > 外部リンク > 上位のリンクされているページ

詳細なリストについては、表の下部にある [詳細] リンクをクリックしてください。リスト内の URL を選択すると、そのページにリンクしている上位のサイトが表示されます。サイトはルートドメインごとに表示され、サブドメインは省略されます(そのため、www.example.comexample.com として表示されます)。

このレポートの用途

  • 最もリンクされているページが自分の想定しているページかどうかを確認できます。
上位のリンク元サイト(自分のサイトへのリンク数が最も多いサイト)

自分のサイトへのバックリンクが最も多いサイトを確認できます。

このレポートでは、自分のサイトへのリンク数が最も多いサイトのルートドメインを確認でき、サイトはリンク数順に表示されます。サイトはルートドメインごとに表示され、サブドメインは省略されます(そのため、www.example.comexample.com として表示されます)。

自分のプロパティと同じドメインが表示されている場合、それは表では省略されているサブドメインを表しています。たとえば、m.example.com からのリンクは、表では example.com と表示されます。

レポートの場所

リンクレポート > 外部リンク > 上位のリンク元サイト

詳細なリストについては、表の下部にある [詳細] リンクをクリックしてください。リスト内のサイトを選択すると、そのサイトから最もリンクされているページが表示されます。

サイトはルートドメインごとに表示され、サブドメインは省略されます(そのため、www.example.comexample.com として表示されます)。

このレポートの用途

  • こちらに表示されているサイトを認識しているかどうかを確認できます。知らないサイトやスパムの可能性があるサイトが表示される場合は、削除依頼をしたほうが安全です。それでもこうしたサイトが表示される場合は、既知のスパムサイトによってランキングが影響を受けないよう、サイトを否認する必要があります。
  • 自分にとって重要なサイトが自分のサイトを参照しているかどうかを確認できます。たとえば、レストランのウェブサイトの場合、食べ物関連のブログやレビューサイトで紹介されているかどうかを確認できます。
上位のリンク元テキスト(自分のサイトへのリンクで最もよく使われているテキスト)

自分のサイトへのバックリンクで使用されているリンクテキストを確認できます。自分のプロパティ外からのリンクのみが対象です。

重複(大文字と小文字を区別しない完全一致)は統合されます。たとえば、「Hello world」と「HELLO WORLD」は重複となりますが、「Hello world」と「Hello worlds」は重複にはなりません。

テキストがないリンク(画像のリンクなど)は、レポートの [リンクテキスト] 列には [(なし)] と表示され、エクスポートしたデータでは空白行となります。

リンクテキストは完全一致に基づいてグループ化され、その数に応じて並べ替えられます。サイトはルートドメインごとに表示され、サブドメインは省略されます(そのため、www.example.comexample.com として表示されます)。

レポートの場所

リンクレポート > 外部リンク > 上位のリンク元テキスト

詳細なリストについては、表の下部にある [詳細] リンクをクリックしてください。

このレポートの用途

  • リンクテキストが自分の期待どおりかどうか、スパムテキストでないかどうかを確認できます。
  • 他のサイトで自分のサイトが正しく記述されているかどうかを確認できます。正しく説明されていない場合、正しく理解してもらえるよう自分のサイトのコンテンツを明確に示してください。
特定のページの上位のリンク元サイト

特定のページでの特定のサイトからのバックリンク数を確認できます。[上位のリンクされているページ] の表に載っているページのみ確認できます。

レポートの場所

リンクレポート > 外部リンク > 上位のリンクされているページ > 詳細 > フィルタするページの URL

詳細

[このページにリンクしている上位のサイト] でサイトをクリックすると、選択したページにリンクしているそのサイトのページのリストが表示されます。

サイトはルートドメインごとに表示され、サブドメインは省略されます(そのため、www.example.comexample.com として表示されます)。

このレポートの用途

  • リンク元サイトが優良なサイトの場合、その恩恵を受けているページを確認できます。
  • リンク元サイトがスパムサイトの場合は、そのサイトからのリンクを解除してください。既知のスパムサイトの場合、Google は通常そのリンクを無視します。ただし、このようなリンクを削除または否認することもできます。
特定のサイトから特定のページへのバックリンク

特定のサイトから自分のサイトの特定のページへのバックリンクを確認できます。

レポートの場所

ターゲット ページまたはリンク元サイトのいずれかからアクセスできます。

ターゲット ページ経由:

  • リンクレポート > 外部リンク > 上位のリンクされているページ > 詳細 > 確認するページの URL > フィルタするサイトの URL

リンク元サイト経由:

  • リンクレポート > 外部リンク > 上位のリンク元サイト > 詳細 > フィルタするサイトの URL > フィルタするページの URL

サイトはルートドメインごとに表示され、サブドメインは省略されます(そのため、www.example.comexample.com として表示されます)。

上位のリンク元ページの表

表には以下の列があります。

  • リンク元ページ: 自分のサイトのターゲット ページへのリンクがあるページ。
  • ターゲット URL(異なる場合): 値が表示されていない場合は、リンク元ページのリンク URL がターゲット ページの URL と同じであることを意味します。値が表示されている場合は、リンク元ページのリンク URL がターゲット ページの URL と異なることを意味します。リンク URL がターゲット ページの URL と異なるケースは以下の 2 つがあります。
    • サイトが訪問者をリンク URL からターゲット URL にリダイレクトする場合(例: example.com/old_page から example.com/replacement_page にリダイレクトする場合)。これをテストするには、リンク元ページにアクセスしてリンクをクリックし、リダイレクトを追跡します。
    • リンク元ページの URL正規 URL がターゲット URL であると Google が判断した場合。この場合、リンク元ページにアクセスしてリンクをクリックすると、高い確率で実際のリンク URL にアクセスします。しかし、リンク元ページの URL を Google 検索して検索結果をクリックすると、正規のターゲット URL にリダイレクトされます。

このレポートの用途

  • ユーザーが特定のサイトから特定のページにどのようにたどり着いたかを確認できます。

内部リンク

自分のサイト内での自分のサイトへのリンク:

自分のサイト内からリンクされている上位のページ

自分のサイト内から最もリンクされているページを確認できます。

レポートの場所

リンクレポート > [上位の内部リンクページ] の表

詳細について

リスト内の URL を選択すると、その URL への他のページからのリンクが表示されます。

このレポートの用途

  • サイトの主要なページ(ホームページ、問い合わせページ)がサイト内で適切にリンクされているかどうかを確認できます。
特定のページにリンクしているページ

自分のサイト内のどのページが特定のページにリンクしているかを確認できます。

レポートの場所

リンクレポート > 内部リンク > 上位のリンクされているページ > 詳細 > フィルタするページの URL

このレポートの用途

  • この情報を確認して、サイト内のトラフィック フローを整理することで、ユーザーが最小クリック数でページ間を移動できるようになります。

レポートデータをエクスポートする

多くのレポートには、レポートデータをエクスポートするためのエクスポート ボタン がありますこのボタンを使用すると、グラフと表の両方のデータがエクスポートされます。レポートで「~」または「-」(データが存在しない、数値ではない)として表示される項目は、ダウンロードしたデータでは「0」と表示されます。

リンクデータを CSV ファイルや Google スプレッドシートとしてエクスポートできます。

ランディング ページ

[エクスポート] ボタンを使って、最大 100,000 行のデータをエクスポートできます。次のフィルタを利用できます。

  • 最新のリンク
    サイトへのリンクのうち、最近検出されたもの(最大 100,000 行)で、検出日順に並び替えられています。
  • その他のサンプルリンク
    サイトへのリンクのサンプル(最大 100,000 行)で、Google が認識しているすべてのリンクから抽出されます。サイトにリンクしているページ数が 100,000 ページを超える場合には、最新のリンクのエクスポートでは長すぎて省略されてしまうデータも表示でき、便利です。

1 つの表を含むページ

1 つの表を含むページではダウンロード ボタン を使って全データをエクスポートできます(最大 1,000 行)。ページ内で表の並べ替えをしてもエクスポートされるデータには影響しません。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
6604484465724415735
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
83844