サイトの所有権を確認する

確認について

確認とは、ユーザーが所有権を主張するプロパティについて、実際に所有していることを証明するプロセスです。プロパティの確認が済んだユーザーは、Google 検索のデータにアクセスしたり、Google 検索におけるプロパティの取り扱いを変更したりできるようになります。このため、Search Console では所有権の確認が必須になっています。Search Console のすべてのプロパティには、確認済みの所有者が少なくとも 1 人必要です。

 

プロパティを確認する

ウェブサイトを確認する

  1. 新しいプロパティを追加するか、プロパティ選択バーから未確認のプロパティを選択します。
  2. 下記の確認方法の一覧のいずれかを選択して、表示される手順を実施します。プロパティによっては使用できない確認方法があるため、確認ページには、該当のサイトで使用できるおすすめの方法が一覧表示されます。

複数のユーザーがウェブサイトのプロパティを別々に追加し、同じ方法または異なる方法で確認できます。同じ確認方法を使用する場合は、他の所有者の確認トークンを上書きしないように注意してください。

複数の確認方法を使用する

プロパティの確認設定ページで別の確認方法を追加できます。既存の確認方法がうまくいかなかった場合(たとえば、Google アナリティクスのトラッキング コードで確認するときに、誰かがウェブサイトのテンプレートを変更してタグを除去した場合)などに、複数の確認方法を追加できます。

別の確認方法を追加するには、対象のプロパティの [設定] ページにアクセスし、[所有権の確認] をクリックします。

確認はいつまで有効か

Google は、確認が有効かどうか(HTML 確認タグがまだ存在するかどうかなど)を定期的にチェックします。確認が有効でないと見なされると、一定の猶予期間の後に、該当のプロパティに対する権限が失効します。

確認済みのすべての所有者が Search Console のプロパティに対するアクセス権を失った場合、そのプロパティの委任された所有者(確認済みの所有者が追加した所有者)、ユーザー、協力者はすべてそのプロパティにアクセスできなくなります。

データ収集はいつ開始されるか

サイトのデータは、最初にそのプロパティが Search Console プロパティとして追加されたときから収集が開始されます。確認結果が有効でない期間があっても、データ収集が途切れることは基本的にありません。

サイト所有者が存在しない場合

確認済みのサイト所有者がいなくなった場合や、確認済みの所有者が不明の場合には、別のサイト所有者の確認を行います。新しい所有者は、該当のサイトについて確認が済んでいるすべての所有者とユーザーの一覧に加え、それぞれの所有者について行われた確認方法を閲覧できるようになります。必要に応じて、過去の所有者の確認に使用された確認トークンを削除することで、その所有者を未確認の状態に戻すこともできます(たとえば、HTML タグで確認済みの所有者については、その HTML タグをサイトから削除します)。詳しくは、所有者の追加と削除をご覧ください。

 

確認方法の詳細

HTML ファイルをアップロード

特別な HTML ファイルをサイトにアップロードして、そのサイトの所有権を確認できます。このファイルは特定のユーザーに関連付けられています。確認の詳細ページに記載の手順に沿って手続きします。サイトから確認ファイルを削除すると、そのサイトは未確認の状態に戻ります。

HTML ファイルで所有権を確認するには、サイトの確認の詳細ページHTML ファイルをアップロードする方法を選択し、表示される手順を実施します。

ファイル アップロードによる確認を行うユーザー エージェントには、Google-Site-Verification というユーザー エージェント トークンと、Mozilla/5.0 (compatible; Google-Site-Verification/1.0) という完全なユーザー エージェント文字列が含まれます。

 

発生する可能性のあるエラー:

HTML ファイルのアップロードによる確認では、次のようなエラーが発生する可能性があります。

  • 確認ファイルが見つかりませんでした。
    Search Console の [確認] ページで提供される確認ファイルをダウンロードしてから、変更を一切加えずに指定の場所にアップロードしてください。アップロードしたファイルの名前またはコンテンツが、提供された HTML ファイルと一致しない場合、サイトの所有権は確認できません。
  • 確認ファイルのコンテンツが正しくありません。
    Search Console では、確認ファイルのファイル名やコンテンツが、[確認] ページで提供されるファイルと同じであるかどうかが照合されます。アップロードしたファイルの名前またはコンテンツが、提供された HTML ファイルと一致しない場合、サイトの所有権は確認できません。Search Console の [確認] ページで提供される確認ファイルをダウンロードしてから、変更を一切加えずに指定の場所にアップロードしてください。
  • 確認ファイルがハッキングされました。
    ウェブサイトがハッキングされている可能性があるため、ウェブサイトを確認できませんでした。詳しくは、ハッキングされたサイトの検出と修正についての説明をご覧ください。
  • 確認ファイルによって、許可されていない場所にリダイレクトされます。
    Googlebot は、確認ファイルによるリダイレクトには対応しません。サイトへのすべてのトラフィックを別のサイトにリダイレクトしている場合は、メタタグによる確認を行うことをおすすめします。同一サイト内でのリダイレクト(たとえば http://example.com/ から http://www.example.com/ へのリダイレクト)は可能です。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
HTML タグ

特定のページの HTML に <meta> タグを追加すると、サイトの所有権を確認できます。メタタグが正しい位置に挿入されているかどうかが確認されます。タグを検出できない場合は、発生したエラーに関する情報が表示されます。このタグは特定のユーザーに関連付けられています。

HTML タグで所有権を確認するには、サイトの確認の詳細ページHTML タグを使用する方法を選択し、表示される手順を実施します。

HTML タグによる確認を行うユーザー エージェントには、Google-Site-Verification というユーザー エージェント トークンと、Mozilla/5.0 (compatible; Google-Site-Verification/1.0) という完全なユーザー エージェント文字列が含まれます。

 

発生する可能性のあるエラー:

HTML タグによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • メタタグがないか、場所が間違っています。 確認メタタグは、ページの <HEAD> セクション内に配置する必要があります。このエラーが表示された場合は、次の点を確認してください。
    • 正しいページに確認メタタグが挿入されているかどうか。 メタタグはサイトのホームページに配置します。これは、サイト(例: http://www.example.com/)がリクエストされたときにサーバーが返すページです。このページの名前は通常、index.html または index.htm ですが、サーバーの設定によっては別の名前が付けられていることもあります。

    • ページの正しい位置に確認メタタグが挿入されているかどうか。 確認メタタグは、ページの <head> セクション内に配置する必要があります。正しい配置は、たとえば次のようになります。
      <HTML>
        <HEAD>
          <TITLE>ページタイトル</TITLE>
          <meta name="google-site-verification" content="確認用の文字列">
        </HEAD>
      <BODY>
      
    • ページの編集にウェブエディタや WYSIWYG エディタを使用する場合は必ず、「HTML の編集」オプションを選択するか、ページのソースコードを編集してください。
  • メタタグが正しくありません。
    確認メタタグが検出されましたが、コンテンツが不適切であると見なされました。エラーを防ぐには、Search Console の [確認] ページで提供されるメタタグをコピーして貼り付けてください。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
DNS レコード

ドメイン名プロバイダに DNS レコードを追加すると、ドメインレベルでプロパティの所有権を確認できます。

この方法を使用するには、ドメイン名プロバイダ(GoDaddy.com や networksolutions.com など)にログインして、新しい TXT レコードを追加する必要があります。これは固有のレコードが存在し、ユーザーのドメインに割り当てられていることを Google が確認するためです。DNS レコードは、それぞれ特定のユーザーを特定のドメインに関連付けています。

DNS レコードを使用して所有権を確認する方法:

  1. TXT レコードを取得する: プロパティの確認を求められたら、ドメインの認証方法を選択(またはドメイン プロパティを作成)して、次のステップで使用する文字列値を取得します。
  2. TXT レコードをドメイン プロバイダに追加する: ステップ 1 で取得した TXT レコードをドメイン プロバイダのレコードに追加します。
    1. プロバイダの G Suite ドキュメントを探します。
    2. G Suite のステップ 1(一意の確認レコードを取得する)を無視します。TXT レコードは上記のステップ 1 ですでに取得しています。
    3. ステップ 2(ドメインホストにログインする)を実行します。
    4. ステップ 3(確認レコードをプロバイダの DNS レコードに追加する)を実行します。
    5. G Suite のステップ 4(確認ステップ)を無視します。これについては次の手順を参照してください。
  3. Search Console でプロパティを確認する: 未確認のプロパティを Search Console で開きます(またはプロパティ セレクタで未確認のプロパティに切り替えます)。メッセージが表示されたら、[確認] をクリックします。エラーが発生した場合は、下にある「発生する可能性のあるエラー」のリストをご覧ください。注: DNS 変更の確認には時間がかかることがあります。すぐにレコードが確認できない場合は、1 日待ってからステップ 3 をもう一度お試しください。
重要: 確認状態が維持されるよう、確認が完了しても DNS レコードを削除しないようにしてください。

 

発生する可能性のあるエラー:

DNS レコードによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • 確認レコードが見つかりませんでした
    確認用の TXT レコードが見つかりませんでした。レコードを投稿してから Google が認識するまで数分かかる場合があります。しばらく待ってからもう一度お試しください。
  • 確認レコードが一致しませんでした
    Search Console から得られた値に一致する確認レコードが DNS プロバイダにありませんでした。必ず確認ページで取得したレコードを使用してください。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
Google アナリティクス トラッキング コード

Google アナリティクスを使用してサイトのトラフィックをトラッキングしている場合、サイトに関連付けられた Google アナリティクス トラッキング コードを使用してサイトを確認できます。この操作を行うには、該当ページでトラッキング コードが使用されているウェブ プロパティの「編集」権限が必要になります。また、トラッキング コードで analytics.js または gtag.js スニペットを使用する必要があります。

Google アナリティクスを使用して所有権を確認する手順は、次のとおりです。

  • サイトの確認の詳細ページGoogle アナリティクスを選択し、表示される手順を実施します。
  • トラッキング コードをページの <head> セクション(<body> セクションではありません)に追加します。コードを追加しないと、確認手続きが正しく完了しません。
  • コードは変更を加えずそのまま使用します。変更してしまうと、確認手続きが正しく完了しません。
  • 同じ Google アナリティクス アカウントの他の管理者も、Search Console でサイトのデータにアクセスできるようになります。

Google アナリティクス トラッキング コードはサイトの所有権を確認する目的にのみ使用されます。Google アナリティクスのデータにはアクセスしません。

Google アナリティクスによる確認を行うユーザー エージェントには、Google-Site-Verification というユーザー エージェント トークンと、Mozilla/5.0 (compatible; Google-Site-Verification/1.0) という完全なユーザー エージェント文字列が含まれます。

 

発生する可能性のあるエラー:

Google アナリティクス トラッキング コードによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • スニペットが見つかりません
    スニペットをホームページの正しい場所に配置したでしょうか。
  • スニペットの形式が正しくありません
    スニペットは変更せずそのまま使用してください。
  • 間違ったスニペットが見つかりました(古い Google アナリティクス スニペット)
    Search Console では、最新バージョンの Google アナリティクス スニペットのみサポートされています。
  • スニペットのタイプが正しくありません(タグ マネージャー / サードパーティのタグ マネージャー)
    必ず Google アナリティクス スニペットを使用してください。
  • スニペットの場所が正しくありません
    スニペットはホームページの <head> セクションに配置する必要があります。
  • Google アナリティクスのアカウントを持っていません / 権限が不十分です
    有効な Google アナリティクス アカウントがあり、そのアカウントで編集権限を持っている必要があります。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
Google タグ マネージャー コンテナ スニペット

Google タグ マネージャーのアカウントをお持ちの場合は、Google タグ マネージャー コンテナ スニペット コードを使用して、サイトの所有権を確認できます。

Google タグ マネージャーを使用して所有権を確認する手順は、次のとおりです。

  • サイトの確認の詳細ページGoogle タグ マネージャーを選択し、表示される手順を実施します。
  • Google タグ マネージャーで、表示、編集、管理を行うことができるコンテナレベル権限が必要です。
  • タグ マネージャーの <noscript> の部分は、ページの <body> 開始タグのすぐ後に配置してください。そうしないと、確認手続きが正しく完了しません。
  • <body> タグとタグ マネージャーのコードの間に、データレイヤー(または HTML コメント以外のもの)を挿入することはできません。許可されていないものを挿入すると、確認手続きが正しく完了しません。
  • コードは変更を加えずそのまま使用します。変更してしまうと、確認手続きが正しく完了しません。
Google タグ マネージャーによる確認を行うユーザー エージェントには、Google-Site-Verification というユーザー エージェント トークンと、Mozilla/5.0 (compatible; Google-Site-Verification/1.0) という完全なユーザー エージェント文字列が含まれます。

 

発生する可能性のあるエラー:

Google タグ マネージャーによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • 必要な権限がありません
    Google タグ マネージャー アカウントで管理権限が必要です。
  • タグが間違っています
    Search Console へのログインに使用したアカウントに関連付けられている適切なタグを使用してください。
  • タグ マネージャー コンテナがありません
    タグ マネージャー アカウントでコンテナが作成されていません。
  • タグが見つかりません / 場所が正しくありません
    上記のように、タグを適切なページの正しい場所に配置してください。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
Google サイト

Google サイトで作成した新しいページは、Search Console アカウントに自動的に表示され、確認されます。Search Console のホームページにサイトが自動的に表示されない場合は、[サイトを追加] をクリックします。サイトが自動的に確認されます。

古いサイトや、カスタム ドメイン URL を使用しているサイトの場合、HTML タグを使用する方法で確認する必要があります。

Google サイトでは、Search Console と同じ Google アカウントを使用してサイトを作成する必要があります。

Google サイトの管理に使用しているのと同じアカウントで Search Console にログインしていることを確認します。

ブロガー

Blogger で作成した新しいブログは、Search Console アカウントに自動的に追加され、確認されます。Search Console のホームページに自動的に表示されないブログを、プロパティとして追加すると、自動的に確認されます。

古いブログは自動的には確認されないため、HTML タグによる方法で確認する必要があります。

ブログの管理に使用しているのと同じアカウントで Search Console にログインしていることを確認します。

一般的な確認エラー

それぞれの確認方法に特有のエラーのほかにも、次のような確認エラーが、ほとんどの確認方法で発生する可能性があります。

  • タグ / スニペット / ファイルが正しくありません
    確認を開始したときに提供されたタグ、コード スニペット、またはファイルをそのまま使用してください。
  • サーバーへの接続がタイムアウトしました。
    サーバーがタイムアウトしたためファイルを確認できませんでした。サーバーが停止しているか、ビジー状態で応答が遅くなっていることが原因と考えられます。サーバーが応答しているかどうかを確認し、もう一度お試しください。
  • サイトのドメイン名のルックアップでエラーが発生しました。
    確認ファイルにアクセスしようとしましたが、DNS エラーによりドメインにアクセスできませんでした。サーバーが停止しているか、ドメインの DNS ルーティングに問題があることが原因と考えられます。ドメイン名が正しく解決されるかどうかを確認し、もう一度お試しください。
  • ダウンロード リクエストのリダイレクト回数が多すぎます。
    URL に潜在的な問題(無限ループなど)がないかどうかを確認してください。
  • サーバーから無効なレスポンスが返されました。
    このエラーが発生する可能性があるのは、サイトでパスワード認証が必須となっている場合や、その他の原因で Google がサイトにアクセスできない場合です。
  • サーバーに接続できませんでした。
    サーバーがダウンしていないこと、ドメイン名が正しく解決されていることを確認してから、もう一度お試しください。
  • 内部エラーが発生しました。
    この問題が解決しない場合は、ウェブマスター セントラルのヘルプ フォーラムに掲載されている最新情報をご覧ください。
  • タイムアウト
    リクエストに対する貴サイトまたはドメイン サーバーの応答が停止しました(使用している確認方法による)。貴サイトが応答していることを確認してから、もう一度お試しください。
  • ドメインを検出できませんでした
    指定されたサイト URL を解決しようとしましたが、この URL は DNS サービスに認識されていません。プロパティの正しい URL を指定していることをご確認ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。