検索パフォーマンス レポート

検索パフォーマンス レポートには、Google 検索結果へのサイトの表示頻度、検索結果での平均掲載順位、クリック率、検索結果に関連付けられた特別な機能(リッチリザルトなど)といった、サイトの掲載結果に関する重要な指標が表示されます。この情報を以下のように活用することで、サイトがより多くの対象ユーザーの目に留まるようになります。

  • 時間の経過とともに検索トラフィックがどう変化したか、検索トラフィックはどこから来ているか、サイトがどのような検索クエリで検索結果に表示されやすいかなどを把握する。
  • スマートフォンからの検索クエリを把握してモバイルでのターゲティングを改善する。
  • Google の検索結果でクリック率が最も高い(または低い)ページを特定する。

 

検索パフォーマンス レポートを開く

レポートを設定する

デフォルトの検索パフォーマンス レポートには、過去 3 か月間に Google 検索結果でページがクリックされた回数が表示されます。

 

レポートを共有する

問題の詳細を共有するには、ページで [共有] ボタンをクリックしてください。このリンクでは、現在のページと、この問題についての検証履歴ページへのアクセス権のみが付与されます。リソースのその他のページへのアクセス権は付与されません。また、共有ユーザーは、あなたのプロパティやアカウントに対して操作を実行することもできません。このページの共有を無効にすることで、いつでもリンクを取り消すことができます。

 

グラフの読み方

選択したタブに応じて、プロパティの合計クリック数、合計表示回数、平均 CTR(クリック率)、平均掲載順位がグラフに表示されます。グラフのデータは、プロパティごとに集計されます。指標の種類と集計方法については、指標についてをご覧ください。最新のデータは暫定データである可能性があります。暫定データかどうかは、グラフ上でデータにカーソルを合わせるか、データを選択するとわかります。

ページまたは検索での見え方でフィルタしない限り、グラフデータは常にプロパティごとに集計されます。

各指標の合計がグラフに表示されます。グラフの合計が表の合計と一致しない場合があります。

数値の詳細については、ディメンション指標データについてをご確認ください。

表の読み方

表には、選択したディメンション(クエリ、ページ、国など)を基準にグループ化されたデータが表示されます。

ページまたは検索での見え方でフィルタしない限り、表のデータは常にプロパティごとに集計されます。

さまざまな理由により、グラフの合計が表の合計と一致しない場合があります。

数値の詳細については、ディメンション指標データについてをご確認ください。

レポートに表が表示されない理由

レポートの表が表示されない場合は、表にしても新たな情報を提供できないことが理由です。たとえば、国別にグループ化している場合に、米国と英国のクリック数を比較すると次のような表になります。

米国のクリック数 英国のクリック数
米国               1,000 0
英国 0           1,000

上記の表に記載された情報はすべてグラフで表現できるため、この表は省略されます。

ディメンションとフィルタ

以下に示すディメンションでデータのグループ化やフィルタが行えます。グループ化するには、表の上にあるディメンション タブを選択します。フィルタする場合は、こちらをご覧ください

検索クエリ

ユーザーが Google で検索したクエリ文字列を表します。対象のサイトを返した検索のみが表示されます。

匿名化されたクエリ

匿名化されたクエリと呼ばれる非常にまれなクエリは、ユーザーのプライバシーを保護するために結果に表示されません。匿名化されたクエリは、常に表から除外されます。クエリでフィルタすると(そのクエリが特定の文字列を含んでいてもいなくても)、匿名化されたクエリはグラフの合計から除外されます。

匿名化されたクエリが多いサイトでは、フィルタした場合の合計(「次を含むクエリ: 特定の文字列」と「次を含まないクエリ: 特定の文字列」の合計)とフィルタしなかった場合の合計に大きな差が生じることがあります。これは、匿名化されたクエリが除外されたためです。

クエリでグループ化やフィルタを行う場合、データはプロパティごとに集計されます。

クエリでフィルタすると、表とグラフのいずれかでロングテール データが失われる可能性があります。クエリでグループ化すると、表内のロングテール データのみが失われる可能性があります。これは、大規模なサイトで最も顕著に影響が現れます。

最近見た検索クエリが表示されなくなった場合は、その検索結果が除外されるようなフィルタを追加していないかどうか確認してください。

一般的な用途

  • 予想したキーワードがクエリリストにあるかどうかを確認する。予想したキーワードがリストにない場合は、キーワードとの関連性が高い有益なコンテンツがサイト内に十分に含まれていない可能性があります。予想外のキーワード(「バイアグラ」や「カジノ」など)が表示された場合、サイトがハッキングされている可能性があります。
  • 表示回数が多いのにクリック率が低いクエリを探す。このようなクエリを見つけることで、タイトルやスニペットを改善してユーザーの関心に応えることができます。
  • ブランドクエリや非ブランドクエリの合計を探す。検索結果にサイトが表示されたクエリについて、ブランド名など特定の文字列を含むもの、含まないものの数を確認できます。匿名化されたクエリはカウントされず、クエリでフィルタするとロングテール データが失われる可能性があるため、あくまで近似値ですが、ブランドクエリの割合はおおまかに次の式で求められます。
    (特定の文字列を含むクエリの数)
    (特定の文字列を含まないクエリの数)+(特定の文字列を含むクエリの数)
ページ

検索結果にリンクされた、リダイレクト スキップ(下記参照)後の最終ページ URL。

このレポートのほとんどのパフォーマンス データは、そのページの正規 URL のデータであり、重複 URL のデータではありません。つまり、ユーザーが検索結果内の重複 URL をクリックしても、ユーザーがアクセスしたその URL ではなく、正規 URL に対してクリック数がカウントされます。そのため、サイトログにはユーザーが Google 検索から対象のページにアクセスしたことが示されていても、検索パフォーマンス レポートではそのページの重複 URL に対するクリック数がゼロと表示されることがあります。URL 検査ツールを使用することで、ページの正規 URL を確認できます。

少数ながらクリック数と表示回数が、正規 URL ではなく実際の URL に割り当てられることがあります。例としては、モバイル検索結果や hreflang の結果のナレッジパネル リンクなどがあります。

パソコン、モバイル、または AMP 用に別々のバージョンがある場合は、実際のトラフィックに重複がないか調べてみることをおすすめします。この場合、パソコンやモバイルについてはデバイスで、AMP については検索での見え方でデータをフィルタすることで、実際にクリックされた URL に対するトラフィックを確認できます。

 

ページをディメンションとして選択すると、表のデータはプロパティごとではなくページごとに集計されます。グラフのデータは、ディメンションに関係なくプロパティごとに集計されます。

ページでグループ化すると、表内のロングテール データが失われる可能性があります。これは、大規模なサイトで最も顕著に影響が現れます。

リダイレクト スキップ: Google が検索結果に表示する URL は、リンク先の実際の URL と異なる場合があります。たとえば、パソコン ユーザー向けとして example.com/mypage、モバイル ユーザー向けとして m.example.com/mypage の 2 つのバージョンのページを持つサイトがあるとします。Google は、パソコン検索とモバイル検索の両方に対してパソコン向け URL を表示するかもしれませんが、その検索がパソコンによるものかモバイル デバイスによるものかによって、<a> タグ内のリンク ターゲットは異なります。パソコン上では、実際のリンクがパソコン向けのページを指すのに対し、モバイル デバイス上では、実際のリンクはモバイル向けのページを指します。これをリダイレクト スキップと呼びます。

検索が行われた国(日本、韓国など)。

デバイス

ユーザーが検索に使用したデバイスのタイプ(パソコン、タブレット、モバイル)。デバイスのタイプごとに異なるプロパティ(たとえば、モバイル向けは m.example.com、パソコン向けは example.com など)がある場合は、ドメイン プロパティを使用しない限り、指標を比較できない可能性があります。

検索タイプ

ユーザーが実行する Google 検索のタイプ。ウェブ検索(デフォルト)、画像検索、動画検索など。

検索タイプによって検索結果ページのレイアウトに大きな違いが生じるため、検索タイプによるグループ化はサポートされていません。たとえば、画像検索の掲載順位 30 位は 1 ページ目に表示され、通常ウェブ検索の掲載順位 30 位は 3 ページ目に表示されるかもしれません。

AMP ストーリーのデータは、画像検索、ウェブ検索、Discover の検索タイプの結果に表示されます。

データは検索タイプ別に保存される

所定の URL、すべてのクリック数、表示回数、掲載順位のデータは、検索タイプごとに別々に保存されます。たとえば、画像はウェブ検索結果と画像検索結果の両方に表示される可能性がありますが、画像のクリック数、表示回数、掲載順位のデータはウェブ検索と画像検索で別々に記録されます。

たとえば、ページ example.com/aboutme.html でホストされている画像のデータは次のように記録されます。

検索タイプ 表示回数 クリック数 掲載順位
画像 20 10 23
ウェブ 30 30   7
検索での見え方

リッチリザルトのタイプや AMP など、特殊な検索結果の機能を表します。

サポートされている検索での見え方のタイプ:

検索での見え方でグループ化やフィルタすると、表のデータのみ、プロパティごとではなくページごとに集計されます。グラフのデータは引き続きプロパティごとに集計されます。

フィルタ機能のリストには、表示回数がゼロではないタイプのフィルタのみが表示されます。たとえば、AMP が検索結果にまったく表示されなかった場合は、フィルタのリストに AMP は表示されません。

1 つのセッションに対し、同じページが複数の見え方で表示されることがありますが、カウントされる表示回数は各機能タイプで 1 回のみです。たとえば、1 つのクエリで同じページにリッチリザルトと検索結果のリンクの両方が表示されることがあります。

フィルタ後のクリック数

検索結果の機能でフィルタする場合、ある URL に対するすべてのクリックが、フィルタで指定した機能タイプのリンクに対するものであるという保証はありません。これはクリックが(URL + 機能)ではなく、URL に対して割り当てられているためです。ただし、検索結果にこの URL と機能に関連付けられたリンクが表示され、ユーザーがそのリンクをクリックしたということは保証されます

例: ユーザーが Google で「新車」を検索したとき、あるカーディーラーの同一ページを指す標準の検索結果リンクと AMP リンクの両方が表示されたとします。この場合、いずれのリンクをクリックしても同じ URL に対するクリックとしてカウントされます。翌日、そのカーディーラーのウェブサイト オーナーがサイトの検索アナリティクスを開き、検索結果をページでグループ化して AMP 機能でフィルタすると、ユーザーが AMP リンクをクリックしたか、標準のリンクをクリックしたかにかかわらず、該当の URL に対して 1 クリックがカウントされることになります。

日付
データを日別にグループ化します。このデータには、暫定データが含まれる可能性があります。日付はすべて太平洋時間(PT)
デフォルトでは、情報が完全な日(午前 0 時から 24 時間分のデータがある日)のみが含まれます。不完全な日(たとえば今日)を含める場合は、日付フィルタを変更してその日を開始日に指定する必要があります。

指標について

レポート上でタブを切り替えることにより、表示する指標を選択します。

以下の指標を選択できます。

  • クリック数 - ユーザーが Google 検索結果をクリックしてサイトに移動した回数です。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 表示回数 - Google 検索結果に表示されたサイトへのリンクの数です。表示回数は、ユーザーがサイトへのリンクが含まれる検索結果ページにアクセスしたときにカウントされます(スクロールして検索結果を表示しなかった場合でもカウントされます)。ただし、ユーザーが検索結果を 1 ページ目しか表示しなかった場合、2 ページ目以降に表示されるはずだったリンクは表示回数にはカウントされません。カウントは、プロパティごとまたはページごとに集計されます。スクロールが無限に続く検索結果ページ(画像検索など)では、スクロールにより実際に表示された結果のみが表示回数としてカウントされます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • クリック率 - クリック率は、クリック数を表示回数で割った値です。表示回数のデータがない行の場合、クリック率の計算は 0 で割ることになるので、クリック率の値にはダッシュ(-)が表示されます。
  • 平均掲載順位 - 検索結果におけるサイトの「最上位」の平均掲載順位です。たとえば、ある検索クエリの結果でサイトが 3 か所に掲載され、それぞれの掲載順位が 2 位、4 位、6 位だった場合、そのサイトの掲載順位は 2 位となります。次に、別の検索クエリでも 3 か所に掲載され、それぞれの掲載順位が 3 位、5 位、9 位だったとします。この場合、サイトの平均掲載順位は(2 + 3)/2 = 2.5 で 2.5 位となります。表示回数のデータがない行の場合、掲載順位はないので、ダッシュ(-)が表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 掲載順位(表内のみ) - 表内の掲載順位の値は、その特定の行についての、検索結果における平均掲載順位です。たとえば、クエリ別にグループ化した場合、掲載順位は、検索結果内でのその特定のクエリの平均掲載順位になります。値の計算方法については、上の「平均掲載順位」をご覧ください。

データをフィルタする

データは複数のディメンションでフィルタできます。たとえば、データをクエリ別にグループ化している場合に、フィルタとして「国が『米国』かつデバイスが『モバイル』」というフィルタを追加できます。

フィルタを追加する

  • ページ内の既存の検索タイプフィルタと期間フィルタの横にある [+ 新規] ラベルをクリックします。

フィルタを削除する

  • 既存のフィルタの横にある キャンセル をクリックします。検索タイプフィルタや期間フィルタは削除できません。

フィルタを変更する

  • フィルタをクリックし、値をリセットします。

データをクエリや URL でフィルタすると、合計が変わることがあります。

データを日付でフィルタする場合は、情報が完全な日のみが含まれます。そのため、たとえば「過去 7 日間」と指定した場合は、最新の「完全な」日 7 日分のデータが対象となります。今日のデータが半日分あったとしても、対象となる 7 日間の範囲は昨日とその前の 6 日間です。

データを比較する

データの比較では、1 つのグループ ディメンション内の 2 つの値を比較できます。グループ ディメンションは、現在選択しているグループでも別のグループでも構いません。たとえばクエリでグループ化している状態で、先週と今週のクリック数を比較したり、米国とフランスのクリック数を比較したりできます。ページまたは検索での見え方で比較すると、クリック率、表示回数、クリック数の指標の計算方法が変わる場合があります。1 つの指標の値を比較すると、表に各行の値のを示す列が表示されます。

比較の活用例:

  • 差の大きさで並べ替えることで、先週と比べて大きな変化のあったクエリを見つける。
  • モバイルサイトでの総検索数と、パソコン用サイトでのモバイル検索の数を比較する。モバイル用サイトとパソコン用サイトを m.example.com と www.example.com のように別にしている場合、サイトが正しく構成されていれば、モバイルサイトでのモバイル検索のほうが多くなるはずです。それぞれのサイトの検索アナリティクス レポートを開き、モバイルサイト(m.example.com)の総検索数と、パソコン用サイト(www.example.com)でのモバイル端末からの検索数を比較します。
一度に比較できるのは、1 つのディメンション内(日付、クエリなど)のデータのみです。別のグループ ディメンションの新しい比較を追加すると、既存の比較は削除されます。たとえば、先週と今週(日付)でクリック数を比較し、その後で米国と日本(国)の比較を追加すると、日付は既定値にリセットされます。

2 つのグループを比較し、ある値が片方のグループでは非常にまれで、もう一方のグループではまれではない場合、まれなグループのその行には数値を表示できないことを示す「~」が表示されます。たとえば、ドイツとタイでクエリ別に表示回数を比較する場合、「Deutsche Bundesbank」についての結果の行を見ると、おそらくドイツでは表示回数が表示され、タイでは「~」(該当なし)が表示されます。タイでの表示回数は非常に少なく、リストにはそうした値の小さいキーワードがあとの方に多数列挙されます。まれなキーワードの表示回数がゼロとは限らず、そのグループのリストの末端に表示されることがあります。しかし、まれな値でフィルタすると(この例では「Deutsche Bundesbank」)、両方のディメンションでのデータ値を確認できます。

データについて

検索アナリティクスでは、データはプロパティごとにカウントされます。つまり、データは以下のプロパティに対して別々にカウントされます。

  • https://example.com/
  • http://example.com/
  • http://m.example.com/

ただし、ドメイン プロパティを使用すると、同じドメイン(http と https)のデータがすべて合算されます。

最終更新日

レポートの最終更新日には、レポートに含まれる最新のデータの日付が示されます。

クリック数、表示回数、掲載順位の計算方法

クリック数、表示回数、掲載順位のカウント方法と計算方法についてはこちらをご覧ください

暫定データ

検索パフォーマンス レポート中の最新のデータは暫定値の可能性があり、データが確定するまでに若干変わる場合があります。暫定データが使われるのは通常 3 日未満であり、最終的にはすべてのデータが確定済みになります。暫定データかどうかは、グラフ上でそのデータにカーソルを合わせるとわかります。

暫定データは、検索パフォーマンスではグラフと表の両方に含まれますが、Discover のデータには含まれません。Discover のデータがない場合は、Search Console の概要ページのパフォーマンス グラフでも暫定データを確認できます。

データの不一致

Search Console でなんらかのパターンのデータ不一致が見られる場合があります

グラフの合計と表の合計の不一致

次のような理由により、グラフの合計と表の合計が異なる場合があります。

グラフの合計の方が大きい:

  • 表には 1,000 行までしか表示されないため、一部の行が省略される可能性があります。
  • ページやクエリでフィルタした場合の「一致」と「不一致」の合計が、フィルタしない場合の合計よりも少なくなることがあります。たとえば、「次を含むクエリ: マウス」と「次を含まないクエリ: マウス」の合計を加算しても、クエリでフィルタしなかった場合の合計と同じにならないことがあります。これは、匿名化されたクエリが除外されたり、表示制限によりデータが切り捨てられたりするためです。
  • クエリごとの表示では、匿名化された結果(非常にまれな結果)は表から除外されます。
  • 無効なフィルタを追加すると(たとえば、サイトのルート URL - 「example.com/」に結果をフィルタするなど)、グラフの合計の数が増えることがあります。これはプロパティからページ集計にデータ集計を変更している間に結果が削除されず、同じサイトの複数のビューが個別にカウントされるためです。

表の合計の方が大きい:

  • 表をページや検索での見え方でグループ化すると、表の合計は URL ごとにグループ化されますが、グラフの合計は引き続きプロパティごとにグループ化されます。そのため、1 回の検索で 1 つのプロパティが複数回表示された場合、グラフでは表示回数 1 回としてカウントされますが、表では複数回カウントされます。
  • 検索での見え方の一部のタイプは、他のサブカテゴリです。たとえば、求人の一覧はリッチリザルトのサブカテゴリであるため、同じ結果が両方の行に表示されます。

Search Console と他のツールのデータの不一致

Search Console のデータは、他のツールに表示されるデータとは若干異なる場合があります。理由としては以下が挙げられます。

  • 検索アナリティクスでは、ユーザーのプライバシー保護のため、一部のデータを表示しないことがあります。たとえば、クエリの回数が極めて少ない場合や、クエリに個人情報や機密情報が含まれている場合はトラッキングしないことがあります。
  • 元データの処理方法が異なる場合がある。たとえば、重複アクセスやロボットによるアクセスを除外したために、他のツールの統計情報と違う数値になることがあります。しかし、これらは重要な相違点ではありません。
  • 一部のツールで「キーワード」の定義が異なっている。たとえば、Google 広告のキーワード ツールでは、そのキーワードによるウェブ全体での Google 検索の総数が表示されます。一方検索アナリティクスでは、Google の検索結果において該当のページが返されたキーワード検索のみを表示します。
  • 数字が計算されてからその計算結果が表示されるまでに時間差が生じる場合がある。データの公開には間隔がありますが、収集は常に行われています。収集されたデータは通常、2~3 日以内に利用可能になります。
  • タイムゾーンが異なる。検索パフォーマンス レポートは、日ごとのデータをカリフォルニア州の現地時間に基づいてトラッキングしているため、タイムスタンプもカリフォルニア州の現地時間で設定されます。他のシステムで別のタイムゾーンを使用している場合、1 日あたりのデータが一致しないことがあります。たとえば Google アナリティクスでは、ウェブマスターのローカル タイムゾーンに基づいてデータが表示されます。
  • Google アナリティクスなど一部のツールでは、ブラウザで JavaScript を有効にしているユーザーのトラフィックのみがトラッキングされる。
  • データが存在しない、または数値ではない場合の、ダウンロードしたレポートでの表示方法が異なる。レポートのデータをダウンロードした場合、レポートで「~」または「-」(データが存在しない、数値ではない)として表示される項目は、ダウンロードしたデータでは「0」と表示されます。

プロパティごとの集計とページごとの集計

グラフのデータはすべてプロパティごとに集計されます。表のデータは、ページまたは検索での見え方でグループ化されている場合を除き、すべてプロパティごとに集計されます。

データがプロパティごとに集計される場合、データがカウントされるのは、検索結果のリンクのターゲットである正規 URL のサイトです。

  • 表示回数: 検索結果にプロパティが 2 回表示されたときの表示回数は、プロパティごとに集計されている場合は 1 回としてカウントされ、ページまたは検索での見え方でグループ化されている場合はページごとにカウントされます。
  • クリック数: 検索結果にプロパティが 2 回表示された場合に、ユーザーがリンクをクリックした後いったん戻って別のリンクをクリックしても、プロパティでグループ化していてリンク先が同じサイトであれば 1 回としてカウントされます。
  • 掲載順位: プロパティごとに集計されている場合は、検索結果内における対象プロパティの最上位の掲載順位が記録されます。ページまたは検索での見え方でグループ化している場合は、検索結果内における対象ページの最上位の掲載順位が記録されます。
  • クリック率: このようにカウントの割り当て方法が異なるため、同じサイトの複数のページが検索結果に表示された場合は、プロパティごとに集計したときのほうがクリック率と平均掲載順位が高くなります。たとえば、「子ども向けの面白いペット」の検索結果として、次のように同じプロパティの 3 つのページが返され、ユーザーがそれぞれのページを同じ回数だけクリックした場合を考えます。
Google 検索の結果 プロパティごとに集計された指標 ページごとに集計された指標
  1. www.petstore.example.com/monkeys
  2. www.petstore.example.com/ponies
  3. www.petstore.example.com/unicorns

クリック率: 100%
サイトのすべてのクリックが合算される

クリック率: 33%
表示された 3 つのページに、クリック数が 3 分の 1 ずつに分かれる

平均掲載順位: 1
サイトの最上位の掲載順位
平均掲載順位: 2
(1 + 2 + 3)/3 = 2

 

既知の問題

Search Console には、次のような既知の問題があります。こうした問題について報告していただく必要はございませんが、その他の機能についてのご意見や、発見した問題がありましたら、レポートのナビゲーション バーに組み込まれているフィードバック機能を使ってお知らせください。

  • グラフには、URL ごとではなくプロパティごとに集計されたデータのみが表示されるようになりました(新しい Search Console の特徴の 1 つです)。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。