インデックス カバレッジ レポート

インデックスに登録されているページと、サイトのインデックス登録時に発生した問題を確認します。

 

インデックス カバレッジ レポート

 

レポートの見方

Google 検索の仕組みについての記事にあらかじめ目を通しておくと、このレポートを理解しやすくなります。

このレポートは、Google がアクセスした(またはアクセスを試みた)プロパティ内のすべての URL のインデックス登録の状態を示します。概要ページには、プロパティ内のすべての URL の結果がステータス別(エラー、警告、有効)にまとめられて表示されます。また、そのステータスが割り当てられた具体的な理由も示されます(送信された URL が見つからない(404)など)。概要ページの表の行をクリックすると、同じステータスや理由を持つすべての URL が表示され、問題の詳細を確認できます。

 

このレポートの要否

サイトのページ数が 500 未満の場合、このレポートを使用する必要はおそらくありません。代わりに「site:your_site」と入力して Google でサイトを検索する方が簡単です。your_site は「http://」または「https://」の接頭辞を除いたサイトのホームページ URL です。(例: site:example.comsite:example.com/petstore)。これにより、検索結果に Google が認識しているサイト上のページが表示されます。サイト上の特定のページを検索するには、検索語句を追加します(例: site:example.com/petstore iguanas zebras)。

 

概要ページ

最上位のレポートには、Google がクロールを試みたサイト上のすべてのページのインデックス ステータスが、ステータスおよび理由別にまとめられて表示されます。

確認すべき点

サイトが成長するにつれて、有効なインデックス登録済みページの数が徐々に増えていくのが理想的です。急激な減少や増加が見られる場合は、トラブルシューティングのセクションをご覧ください。 概要ページのステータス表は、「ステータス + 理由」別にまとめられて並べ替えられています。最も影響の大きいエラーを最初に修正する必要があります。

確認しなくてよい点

  • サイトのすべての URL がインデックスに登録されるわけではありません。目標は、各ページの正規バージョンがインデックスに登録されることです。重複ページや代替ページは、このレポートでは「除外」ラベルが付けられます。重複ページや代替ページの内容は正規ページと実質的に同じです。ページが重複や代替としてマークされるのは、Google が正規ページを検出してインデックス登録したことを表しているので、問題ありません。URL の正規バージョンを見つけるには、URL 検査ツールを実行します。ページがレポートに含まれない場合の理由については、こちらをご覧ください。
  • 新しいコンテンツを追加すると、Google でインデックス登録されるまで数日かかることがあります。インデックス登録の遅延を減らすには、インデックス登録をリクエストしてください。

ステータス

各ページには、次のいずれかのステータス値が割り当てられます。

  • エラー: ページはインデックスに登録されていません。エラーの詳細と修正方法については、各エラータイプの説明をご確認ください。最初にこうした問題に集中する必要があります。
  • 警告: ページはインデックスに登録されていますが、注意すべき問題があります。
  • 除外: ページはインデックスに登録されていませんが、作成者の意図どおりと見なされます。たとえば、noindex ディレクティブによって故意に除外されている場合や、すでにインデックス登録済みのサイトの正規ページと重複している場合などです。
  • 有効: ページはインデックスに登録されています。

理由

各ステータス(エラー、警告、有効、除外)にはそれぞれ特定の理由があります。各ステータス タイプの説明と処理方法については、下記のステータス タイプの説明をご覧ください。

検証

この問題の検証ステータス。検証ステータスが「失敗しました」または「開始前」になっている問題の修正を優先する必要があります。

検証について

サイト上で特定の問題のあるページをすべて修正したら、Google に変更の検証をリクエストすることができます。問題の検出されたページがすべて修正されると、ステータスの表でその問題のステータスが「修正済み」に変わり、表の一番下に移動します。Search Console は、問題全体の検証ステータスと問題があるページの検証ステータスの両方をトラッキングします。問題のあるページがすべて修正されると、問題は「修正済み」とみなされます(実際に記録されるステータスについては、問題の検証ステータス問題のあるページの検証ステータスをご覧ください)。

問題の継続期間についての詳細

問題の継続期間は、サイト上でその問題のあるページが初めて検出された日を起点とし、問題のある最後のページの修正が記録されてから 90 日後までとなっています。同じ問題が再び発生せずに 90 日が過ぎると、その問題はレポートの履歴から削除されます。

問題の初検出日は、その問題の継続期間において問題が最初に検出された日付です。この日付は変更されません。そのため、次のようになります。

  • 問題のあるページがすべて修正され、その 15 日後に同じ問題のあるページが新たに発生した場合、問題は未解決としてマークされ、「初検出日」は元の日付のままとなります。
  • 問題のある最後のページが修正されてから 91 日後に同じ問題が発生した場合、前の問題は解決済みとなっているため、この問題は新たな問題として記録され、初検出日は「今日」に設定されます。

基本的な検証フロー

問題で [修正を検証] をクリックすると実行される検証処理の概要は次のとおりです。この処理には数日かかることがあり、進捗状況を知らせるメールが届きます。

  1. [修正を検証] をクリックすると、直ちに Search Console によりサンプルとして数ページがチェックされます。
    • サンプルのページに現在も問題が存在する場合、検証は終了し、検証ステータスは変更されません。
    • サンプルのページにエラーが見つからなかった場合は、検証が続行され、検証ステータスは「開始」となります。この検証において無関係の他の問題が検出された場合、そうした問題は該当する他の種類の問題としてカウントされ、検証は続行されます。
  2. Search Console の処理には、この問題に該当する既知の URL のリストが使用されます。サイト全体ではなく、この問題のある既知のページの URL のみが再クロールのキューに追加されます。Search Console の検証履歴にはチェックしたすべての URL が記録されます。検証履歴には問題の詳細ページからアクセスできます。
  3. URL のチェック時に次の処理が行われます。
    1. 問題が検出されなかった場合、問題のあるページの検証ステータスは「合格」になります。このページが検証開始後に初めてチェックされたページである場合、問題の検証ステータスは「修正を確認しました」になります。
    2. URL にアクセスできなくなっている場合、問題のあるページの検証ステータスは「その他」(エラーとはみなされません)になります。
    3. 問題のあるページがまだ存在する場合は、問題のステータスが「不合格」になり、検証は終了します。このページが通常のクロールで検出された新しいページの場合は、この既存の問題がある新たなページとみなされます。
  4. エラーおよび警告のある URL がすべてチェックされて、問題の数が 0 の場合、問題のステータスは「合格」になります。重要: 該当ページ数が 0 になって問題のステータスが「合格」に変更されても、元の重大度レベル(「エラー」または「警告」)の表示はそのままとなります。

[検証の開始] をクリックしていなくても、問題のあるページが修正されたことが Google により検出されることがあります。通常のクロールによって問題のあるページがすべて修正済みと確認された場合、レポート上のその問題のステータスは「該当なし」になります。

URL や項目の問題が「修正済み」とみなされる条件

次のいずれかの条件を満たすと、URL や項目の問題は修正済みとしてマークされます。

  • URL のクロール時に、ページ上で問題が検出されなくなったとき。AMP タグのエラーの場合は、タグが修正されたか、削除された(必須のタグではない場合)ことが考えられます。検証の実行時には、この状態は「合格」とみなされます。
  • なんらかの理由で Google がページにアクセスできない場合(ページが削除されている、noindex とマークされている、認証が求められるなど)、その URL の問題は「修正済み」とみなされます。検証の実行時には「その他」の検証ステータスにカウントされます。

再検証

不合格となった検証の [再検証] をクリックすると、問題があり検証で不合格となったすべてのページのほかに、通常のクロールで新たに同じ問題が検出されたページを対象として、検証が再び開始されます。

現在の検証サイクル中に問題を修正した場合でも、現在の検証サイクルが完了するまで待ってから、新たな検証サイクルをリクエストする必要があります。

検証に合格したページ(「合格」とマークが付けられたページ)やアクセスできなくなったページ(「その他」とマークが付けられたページ)は再チェックされず、[再検証] をクリックした際に履歴から削除されます。

検証履歴

問題の詳細ページで検証の詳細のリンクをクリックすると、検証リクエストの進捗状況を確認できます。

AMP レポートとインデックス ステータス レポートでは、検証履歴ページの項目は URL 別にグループ化されます。モバイル ユーザビリティ レポートやリッチリザルト レポートでは、項目は URL と構造化データの項目(項目の「name」の値により判断されます)の組み合わせを基準としてグループ化されます。検証ステータスは、調査中の特定の問題に適用されます。ページ上の 1 つの問題に「合格」ラベルが付き、他の問題には「不合格」、「保留中の検証」、「その他」のラベルが付くことがあります。

問題の検証ステータス

個々の問題には、次の検証ステータスが適用されます。

  • 開始前: この問題のあるページが存在しますが、検証はまだ開始されていません。次のステップ:
    1. 問題をクリックしてエラーの詳細を確認します。AMP テストを使用して個別のページを調査し、公開中のページ上でのエラーの例を確認します(AMP テストでページのエラーが表示されない場合、Google がエラーを検出してこの問題のレポートを生成した後で、公開中のページ上のエラーが修正されたと考えられます)。
    2. 詳細ページで [詳細] をクリックして、違反しているルールの詳細を確認します。
    3. 表内にある URL の例の行をクリックして、そのエラーの詳細を確認します。
    4. ページを修正し、[修正を検証] をクリックして Google にページの再クロールをリクエストします。Google から検証の進捗状況の通知が届きます。検証には数日から最大で約 2 週間かかるため、しばらくお待ちください。
  • 開始: 検証が開始されました。この問題が残っているページは今のところ見つかっていません。 次のステップ: 必要に応じて、検証が進むと Google から対応方法を伝える通知が届きます。
  • 修正を確認しました: 検証が開始され、これまでにチェックした問題はすべて修正されています。 次のステップ: 必要な作業はありませんが、検証が進むと Google から対応方法を伝える通知が届きます。
  • 合格: 問題のある既知のページがすべて修正されています(または、該当する URL にアクセスできなくなっています)。このステータスにするには、[修正を検証] をクリックする必要があります(検証をリクエストしておらず、問題のあるページが解消したことが Google により検出された場合、ステータスは「該当なし」になります)。次のステップ: 必要な作業はありません。
  • 該当なし: 検証をリクエストしていませんが、すべての URL で問題が修正されていることが Google により検出されました。 次のステップ: 必要な作業はありません。
  • 不合格: [検証] がクリックされましたが、一部のページにまだこの問題が存在します。次のステップ: 問題を修正して再検証します。

問題のあるページの検証ステータス

検証をリクエストすると、問題のインスタンスそれぞれに次のいずれかの検証ステータスが割り当てられます。

  • 保留中の検証: 検証のキューに追加されています。Google による前回の確認時に、このページには該当する問題が存在していました。
  • 合格:一部のレポートでは利用できません)チェックの結果、このページに問題は存在しませんでした。このステータスになるのは、このページに対して [検証] をクリックした場合のみです。
  • 不合格: チェックの結果、このページにはまだ問題があります。このステータスになるのは、このページに対して [検証] をクリックした場合のみです。
  • その他: (一部のレポートでは利用できません)この該当ページをホスティングしている URL にアクセスできませんでした(または、構造化データの場合、ページ上で項目が見つかりませんでした)。「合格」と同等とみなされます。

同じ URL でも、問題ごとにステータスが異なる場合があります。たとえば、ある 1 つのページ内に問題 X と問題 Y の両方がある場合に、同じページ内で問題 X の検証ステータスが「合格」、問題 Y の検証ステータスが「保留中の検証」になる可能性があります。

URL 検出方法をプルダウンで絞り込む

グラフの上にあるプルダウン フィルタを使って、Google が URL を検出した方法でインデックス登録の結果を絞り込むことができます。次の値を使用できます。

  • すべての既知のページ [デフォルト] - 検出方法に関係なく、Google が検出したすべての URL を表示します。
  • すべての送信済みページ - サイトマップでこのレポートに送信されたページ、またはサイトマップ ping で送信されたページのみを表示します。
  • 特定のサイトマップの URL - このレポートで送信された特定のサイトマップにリストされている URL のみを表示します。これには、ネストされたサイトマップ内の URL も含まれます。

URL がサイトマップ以外の方法(別のページからのオーガニック クロールなど)で検出された場合も、その URL はサイトマップで送信されたと見なされます。

詳細ページ

概要ページの行をクリックすると、該当するステータスと理由の組み合わせの詳細ページが開きます。選択した問題の詳細を表示するには、詳細ページで [詳細] をクリックします。

このページのグラフには、影響を受けたページの数が時系列で表示されます。

表には、問題の影響を受けたページ例のリストが表示されます。

  • 表の行にあるジャンプリンク をクリックすると、表内の URL が開きます。
  • 表内の URL を検査するには、表の行にある検査アイコン をクリックします。
  • すべてのエラーや警告を修正したら、Google に修正の検証を依頼できます。

修正済みの URL に問題があると表示される場合、 問題の修正が Google による前回のクロール後に行われた可能性があります。そのため、修正済みの URL に問題があると表示されている場合は、その URL のクロール日時を確認してください。そして修正を確認してから、再インデックス登録をリクエストします。

 

レポートを共有する

問題の詳細を共有するには、ページで [共有] ボタンをクリックしてください。このリンクでは、現在のページと、この問題についての検証履歴ページへのアクセス権のみが付与されます。リソースのその他のページへのアクセス権は付与されません。また、共有ユーザーは、あなたのプロパティやアカウントに対して操作を実行することもできません。このページの共有を無効にすることで、いつでもリンクを取り消すことができます。

レポートをエクスポートする

多くのレポートには、レポートデータをエクスポートするためのエクスポート ボタン がありますこのボタンを使用すると、グラフと表の両方のデータがエクスポートされます。エクスポートされるデータの形式は、CSV または Google スプレッドシートを選択できます。

トラブルシューティング

このレポートに表示される URL のインデックス登録のステータスは、URL を次のように検査して確認できます。

  1. 詳細ページから、[例] の表に表示されている URL をクリックすると、テスト オプションを掲載するサイドパネルが開きます。
  2. サイドパネルで、[URL を検査] をクリックして、そのページの Google インデックス バージョンについての詳細を確認します。
  3. インデックス登録されたバージョンのレポート内の、[カバレッジ] > [クロール] セクションと [カバレッジ] > [インデックス作成] セクションを参照して、そのページのクロールとインデックス登録のステータスに関する詳細を確認します。公開版のページをテストするには、[公開 URL をテスト] をクリックします。

一般的な問題

ここでは、このレポートでよく見られるインデックス登録の問題をいくつか取り上げます。

該当するエラーがないのにインデックス登録済みページの総数が減少する

該当するエラーがないのにインデックス登録済みページの総数が減少している場合、robots.txt、noindex、ログイン要求などで既存のページへのアクセスをブロックしていて、それらがインデックス登録のために送信されていないページのみである可能性があります。インデックス登録のためにこれらのページを送信していれば、該当する一連のエラーが表示されるはずです。除外された URL が、有効なページ数の減少に応じて急増していないか確認してください。

有効なページより除外されたページの方が多い

有効なページより除外されたページの方が多い場合は、除外の理由を確認してください。一般的な除外の理由は次のとおりです。

  • robots.txt ルールで、サイトの大部分に対する Google のクロールをブロックしている。誤ってブロックしているページがある場合は、ブロックを解除してください。
  • サイトに多数の重複ページがある。主な理由として、パラメータを使って一般的なコレクションのフィルタリングや並べ替えを行っている場合が考えられます(例: type=dresscolor=greensort=price)。これらのページが、同じコンテンツに対してさまざまな方法で並べ替えやフィルタリングやアクセスを行っているだけであれば、除外されるのは妥当です。Google がサイトのパラメータを誤解していると判断できるだけの高度なスキルを持っている場合は、URL パラメータ ツールを使用してサイトのパラメータの処理をカスタマイズすることもできます。
エラーの急激な増加

エラーの急激な増加が見られる場合、テンプレートに変更を加えた際にエラーが混入したか、送信したサイトマップに記載されている URL のクロールがブロックされている(robots.txt や noindex によるブロック、ログインを求めるページによる保護など)ことが原因でエラーが発生している可能性があります。問題をクリックし、ページを調べてエラーを確認してください。

エラーの急増に気づいた場合の対処法:

  1. インデックス登録エラーの総数やインデックス登録済みページの総数に影響している可能性のある問題の手掛かりとして、インデックス登録エラーの総数やインデックス登録の総数とスパークライン (概要ページの特定のエラー行の横に表示される)に対応関係があるかどうかを調べます。
  2. エラーの急増に関与していると思われるエラーの行をクリックし、詳細ページで詳細情報を表示します。該当するエラータイプの説明で、最適な対処方法を確認します。
  3. そのエラーが関係するすべての箇所を修正し、各理由の詳細ページで [修正を検証] をクリックして検証をリクエストします。検証についての詳細
  4. 検証が進むと通知が届きますが、数日後にエラーの数が減ったかどうかを自分で再度確認することもできます。
  5. 除外 URL のフィルタを定期的に解除し、該当ページの数で並べ替えて、望ましくない問題がないかを確認します。
サーバーエラー
サーバーエラーは、Googlebot が URL にアクセスできなかったか、リクエストがタイムアウトになったか、サイトがビジー状態だったことを示します。そのため、Googlebot はリクエストを中止せざるを得ませんでした。

サーバー接続のテスト

URL 検査ツールを使用して、インデックス カバレッジ レポートで報告されたサーバーエラーを再現できるかどうかを確認できます。

サーバー接続エラーを解決する

  • 動的ページへのリクエストに伴う過剰なページ読み込みを減らす
    複数の URL に対して同じ内容を配信するサイトは、コンテンツを動的に配信していると見なされます(たとえば、www.example.com/shoes.php?color=red&size=7 は、www.example.com/shoes.php?size=7&color=red と同じ内容を配信します)。動的ページは応答に時間がかかるため、タイムアウトの原因になることがあります。または、サーバーから過負荷のステータスが返され、Googlebot がクロール頻度を落とすよう求められることもあります。原則として、パラメータ リストは短くし、使用する数を少なくすることをおすすめします。サイトでのパラメータの動作を十分に把握できる場合は、パラメータの処理方法について Google に知らせることができます。
  • ホスティング サーバーの停止、過負荷、設定ミスがないかどうかを確認する
    上記を行っても、接続、タイムアウト、または応答の問題が解決しない場合は、ウェブ ホスティング プロバイダに相談して、サイトのトラフィック処理能力の増強を検討します。
  • Google のクローラを誤ってブロックしていないかどうか確認する
    DNS 構成の問題、ファイアウォールや DoS 対策保護システムの構成ミス、コンテンツ管理システムの構成といったシステムレベルの問題が原因で Google のクローラがブロックされることがあります。保護システムは優れたホスティングを実現する重要な要素であり、多くの場合、例外的な負荷のかかるサーバー リクエストを自動的にブロックするように構成されています。しかし、Googlebot は人間のユーザーよりも多数のリクエストを発することが多いため、こうした保護システムが反応して、ウェブサイトに対する Googlebot のクロールがブロックされる場合があります。 こうした問題を解決するには、ウェブサイトのインフラストラクチャのどの部分が Googlebot をブロックしているかを判断し、ブロックを解除します。ファイアウォールの設定を変更する権限がない場合は、ホスティング プロバイダなどへの相談が必要になります。
  • 検索エンジンによるサイトのクロールとインデックス登録を適切に管理する
    場合によっては、前述のようにファイアウォールを使用するなどにより、ウェブマスターが意図的に Googlebot のウェブサイトへのアクセスを阻止することがあります。このような場合、通常その目的は Googlebot を全面的にブロックすることではなく、サイトのクロールとインデックス登録の方法を管理することです。その場合は、次の点を確認します。
404 エラー

一般的に、404 除外ページよりも 404 エラーページの修正を優先することをおすすめします。404 エラー URL は、Google にインデックス登録を明示的に依頼したにもかかわらず、見つからなかった URL です。404 除外 URL は、Google が他のメカニズムで検出した URL です。

404 エラーの対処方法は次のとおりです。

  1. 修正の必要があるかを判断します。 多くの 404 エラーは修正しなくても問題はありません。404 エラーはサイトのインデックス登録やランキングに影響を及ぼすことはないためです。
    • 送信された URL(エラー)である場合は、修正する価値があります。
    • ページが削除されており、代わりのページや同じようなページがない場合は、404 を返すようにしてください。レポートには約 1 か月後にこの 404 は表示されなくなります。
    • スクリプトで生成された無効な URL や、サイトに存在したことがない URL の場合は、特に問題はありません。レポートには表示されますが、URL のスペルが間違っていない限り修正する必要はありません(下記参照)。404 エラーは約 1 か月後にレポートから削除されます。
  2. インデックス登録のために URL を送信した場合(ステータスがエラーの場合)は、次の手順に沿ってください。
    1. URL の横にある送信アイコン 検索 をクリックし、[検出] 情報を確認して、URL の送信元を調べます。必要に応じてサイトマップを更新します。
    2. コンテンツを移動した場合は、リダイレクトを追加します。
    3. 新しいコンテンツに置き換えるのではなく、コンテンツを完全に削除した場合は、元の URL から 404 または 410 を返すようにします。現在、Google は 410(存在しません)を 404(見つかりません)と同じように扱います。 存在しないページについて 404 か 410 以外のコードを返す(または 404 を返す代わりにホームページなど他のページにリダイレクトする)と、問題となる可能性があります。そのようなページはソフト 404 エラーと呼ばれ、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても混乱の原因となるおそれがあります。
    4. URL が不明な場合は、サイトに存在したことのない URL に対して 404 エラーが表示されることがあります。このようなエラーは、サイトに存在しない URL をユーザーがブラウジングすると発生します。たとえば、ブラウザに入力した URL や、リンクの URL にスペルミスが含まれている場合です。このエラーがよく発生する場合は、その URL に対してリダイレクトを設定した方が良い可能性があります。
      さらに、予期しない URL は Googlebot が JavaScript、Flash ファイル、他の埋め込みコンテンツの中で検出されたリンクをたどろうとしたために生成されたか、サイトマップにのみ存在している可能性もあります。たとえば、Google アナリティクスでファイルのダウンロードをトラッキングするために、サイトで次のようなコードを使用している可能性があります。
      <a href="helloworld.pdf"
        onClick="_gaq.push(['_trackPageview','/download-helloworld']);">
        Hello World PDF</a>

      Googlebot はこのコードを見ると、実在するページでなくても、URL http://www.example.com/download-helloworld をクロールしようとすることがあります。その場合に、このリンクが 404(見つかりません)エラーとして [クロールエラー] レポートに表示されます。Google ではこの種類のクロールエラーの防止に努めています。このエラーがサイトのクロールやランキングに影響を及ぼすことはありません。

  3. 404 をブロックするために、ダミー コンテンツの作成、ホームページへのリダイレクト、robot.txt の使用はしないでください。サイトの構造を把握して適切に処理できなくなりますのでご注意ください。このようなエラーをソフト 404 エラーといいます(Google では、ある URL のクロールが正常終了すると、その URL をその後も恒久的にクロールしようとすることがあります。300 レベルのリダイレクトを使用するとクロールの再試行が遅れ、場合によっては遅れが長期間に及ぶこともあります)。 URL 削除ツールを使って URL 削除リクエストを送信しても、このレポートからエラーは削除されません。
ページまたはサイトがない

レポートにページがまったくない場合は、次のいずれかが原因であると考えられます。

  • Google がページを認識していない。ページの検出に関する注意点は次のとおりです。
    • 新しいサイトまたはページの場合、Google が新しいサイトまたはページを見つけてクロールするまで時間がかかることがあります。
    • Google がページを認識するためには、サイトマップまたはページのクロール リクエストを送信するか、Google がどこかでページへのリンクを見つけることが必要です。
    • ページの URL が認識された後も、Google がサイトの一部または全部をクロールするまでに時間がかかることがあります(最大で数週間)。
    • クロール リクエストを直接送信した場合でも、インデックス登録がすぐに行われるわけではありません。
  • Google がページにアクセスできない(ログインが要求される場合や、インターネット上の一部のユーザーしかアクセスできない場合)。
  • ページに noindex タグがあるため、Google がインデックスに登録できない。
  • なんらかの理由でページがインデックスから除外された。

解決策:

URL 検査ツールを使用してページの問題をテストします。ページがインデックス カバレッジ レポートにないが、URL 検査レポートではインデックス登録済みになっている場合は、最近インデックスに登録されたと考えられるので、インデックス カバレッジ レポートにもまもなく表示されるはずです。URL 検査ツールでもやはりページがインデックスに登録されていない場合は、ライブページをテストします。ライブページのテスト結果にはどのような問題があるかが示されるはずです。テストの情報とテスト ドキュメントを使用して、問題の修正方法を確認してください。

よくある質問

ページがインデックスに登録されているのはなぜですか?インデックスに登録したくありません。

ページに noindex ディレクティブが含まれていない限り(または、ページが一時的にブロックされていない限り)、Google は検出した URL をインデックスに登録できます。また、Google はさまざまな方法(別のサイトからのリンクなど)でページを検出する可能性があります。

サイトが最近インデックスに再登録されないのはなぜですか?

Google では、ページが変更される頻度など、いくつかの条件に基づいてページをインデックスに再登録します。サイトを頻繁に変更していない場合は、更新頻度が低いと見なされます。ページが変更されていない場合は、それでかまいませんが、サイトのインデックス登録を更新する必要があるとお考えの場合は、Google に再クロールを依頼してください。

ページやサイトを再クロールしてもらうには、どうすればよいですか?

Google に再クロールを依頼してください。

なぜ多数のページが除外されているのでしょうか?

インデックス カバレッジ レポートに詳述されている除外の理由を確認してください。ほとんどの場合、次のいずれかが除外の原因です。

  • サイトの大部分をクロールからブロックしている robots.txt ルールがあります。URL 検査ツールを使用して、問題を確認してください。
  • サイトに多数の重複するページが含まれています。主な理由として、パラメータを使って一般的なコンテンツのフィルタリングや並べ替えを行っている場合(例: type=dresscolor=greensort=price)が挙げられます。このようなページは、インデックス カバレッジ レポートで「重複」や「代替」と表示されます。
  • URL が別の URL にリダイレクトされています。リダイレクト URL はインデックスに登録されません。リダイレクト先が登録されます。

Google がサイトマップにアクセスできません

サイトマップが robots.txt でブロックされていないこと、有効なこと、robots.txt のエントリやサイトマップ レポートで適切な URL を使用していることを確認してください。一般公開されているサイトマップ テストツールを使ってサイトマップの URL をテストします。

Google はなぜ削除されたページをクロールし続けるのですか?

既知の URL から少しの間 4XX エラーが返されても、一時的なエラーである場合に備えて、Google は既知の URL をすべてクロールし続けます。URL がクロールされなくなる唯一のケースは、URL から noindex ディレクティブが返される場合です。

404 エラーのリストが増え続けるのを避けるため、インデックス カバレッジ レポートには、過去 1 か月間に 404 エラーが表示された URL のみが表示されます。

自分ではページを表示できるのに、Google にページが認識されないのはなぜですか?

URL 検査ツールを使って、Google が公開中のページを認識できるかどうかを確認します。認識できない場合は、理由が説明されているはずです。認識できる場合、問題の原因は、最後のクロール以降にアクセスエラーが修正されたためだと考えられます。URL 検査ツールを使って公開中のページのクロールを実行し、インデックス登録をリクエストしてください。

URL 検査ツールには問題ないと表示されるのに、インデックス カバレッジ レポートにはエラーが表示されます。なぜでしょうか?

URL が最後に Google にクロールされた後でエラーを修正した可能性があります。URL のクロール日を確認し(インデックス カバレッジ レポートの URL の詳細ページか URL 検査ツールのインデックス登録されたバージョンに表示されます)、ページのクロール以降に修正を行ったかどうかを確認してください。

特定の URL のインデックス ステータスを調べるには、どうすればよいですか?

特定の URL のインデックス ステータスを調べるには、URL 検査ツールを使用します。インデックス カバレッジ レポートでは URL による検索やフィルタリングはできません。

ステータスの理由

問題のステータスには、それぞれ次のような原因が考えられます。

「送信されました」の理由の種類

インデックスの理由に「送信されました」という語が含まれている場合は、その URL をサイトマップ レポートに送信されたサイトマップに記載し、インデックスに登録するよう Google に明示的にリクエストしたことを示しています。「送信されていません」と表示されている場合は、Google が自発的に(たとえば、別のページにあるリンクから)その URL を検出しており、URL はインデックス登録されたサイトマップに含まれていないことを示しています。

エラー


エラーがあるページはインデックスに登録されません。


サーバーエラー(5xx): ページをリクエストしたときに、サーバーから 500 レベルのエラーを返されました。サーバーエラーの修正についてご確認ください。

リダイレクト エラー: Google で、リダイレクト チェーンが長すぎる、リダイレクト ループが発生している、リダイレクト URL が最終的に URL の最大長を超えた、リダイレクト チェーンの URL が無効である、のいずれかのタイプのリダイレクト エラーが発生しました。Lighthouse などの Web デバッグツールを使用して、リダイレクトに関する詳細情報を入手してください。

送信された URL が robots.txt によってブロックされました: インデックスに登録するために送信したページが、robots.txt によってブロックされています

  1. [例] の表に表示されているページをクリックすると、そのツールのサイドパネルが展開されます。
  2. [robots.txt によるブロックをテスト] をクリックすると、その URL の robots.txt テスターを実行します。ツールは、その URL をブロックしているルールをハイライト表示します。
  3. robots.txt ファイルを更新して、必要に応じてルールを削除または変更します。このファイルの場所を見つけるには、robots.txt テストツールの [公開済みの robots.txt を表示する] をクリックします。ウェブ ホスティング サービスを利用していて、このファイルを変更する権限がない場合は、利用しているサービスのドキュメントを検索するか、ヘルプセンターに連絡してこの問題について伝えます。

送信された URL に noindex タグが追加されています: インデックスに登録するために送信したページのメタタグまたは HTML ヘッダーに、noindex ディレクティブがあります。このページをインデックスに登録するには、タグまたは HTTP ヘッダーを削除する必要があります。 URL 検査ツールを使用して、エラーを確認してください。

  1. 表内の URL の横にある検査アイコン をクリックします。
  2. [カバレッジ] > [インデックス作成] > [インデックス登録を許可?] で、 レポートに noindex がインデックス登録を妨げていることが記載されているはずです。
  3. 公開中のバージョンに noindex タグが現在も配置されていることを確認します。
    1. [公開 URL をテスト] をクリックします
    2. [登録の可否] > [インデックス作成] > [インデックス登録を許可?] で、 noindex ディレクティブがまだ検出されるかどうかを確認します。noindex が存在しない場合は、[インデックス登録をリクエスト] をクリックして、Google にページのインデックス登録を再試行するようにリクエストします。noindex がまだ存在する場合は、ページをインデックスに登録するために削除する必要があります。

送信された URL はソフト 404 エラーのようです: インデックスに登録するために送信したページが、サーバーによってソフト 404 と判断されました。対処方法はこちらで確認してください

送信された URL が未承認のリクエスト(401)を返しました: インデックスに登録するために送信したページから、Google が 401(承認されていない)レスポンスを受け取りました。ページの承認要件を削除するか、Googlebot からのアクセスであることを確認して、ページへのアクセスを許可してくださいシークレット モードでこのページにアクセスすると、このエラーを確認できます 。

送信された URL が見つかりませんでした(404): インデックスに登録するために送信した URL が存在しませんでした。404 エラーの修正についてご確認ください。

送信された URL のクロールに問題があります: インデックスに登録するために送信したページで、上記のいずれにも該当しない不明のクロールエラーが発生しました。URL 検査ツールを使用して、ページをデバッグしてみてください。

警告


ステータスが警告であるページには対応が必要となることがあります。特定の結果に応じて、インデックスに登録されなかった可能性があります。


robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました: このページは robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録されています(Google では、常に robots.txt を使用して登録しますが、他のユーザーがこのページにリンクしている場合、robots.txt は使用されません)。このページを検索結果からブロックしてもよいかどうかわからないため、警告としました。このページをブロックしたい場合robots.txt ではインデックス登録を回避できません インデックスに登録されないようにするには、「noindex」を使用するか、認証を使ってページへの匿名アクセスを禁止してください。このページをブロックするルールについては、robots.txt テスターをご利用ください。robots.txt のため、このページに対し表示されるスニペットは最適化されない可能性があります。このページをブロックしたくない場合は、ページのブロックを解除するよう robots.txt ファイルを更新してください。

有効


ステータスが有効であるページはインデックスに登録済みです。

送信して登録されました: インデックスに登録する目的でこの URL を送信し、インデックスに登録されました。

インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません: この URL は Google によって検出され、インデックスに登録されました。重要な URL はすべて、サイトマップを使用して送信することをおすすめします。

除外


ステータスが除外であるページは通常、インデックスに登録されません。つまり、インデックス登録しないのが適切であると Google が判断したページがこの項目に該当します。こうしたページは、インデックスに登録済みのページと重複している、サイトのなんらかのメカニズムによってインデックスに登録できない、エラー以外のなんらかの理由でインデックスに登録できない、のいずれかに該当します。


noindex タグによって除外されました: Google がページをインデックスに登録しようとしたときに noindex ディレクティブが検出されたため、インデックスに登録されませんでした。このページをインデックスに登録したくない場合は、正しく作動しています。このページをインデックスに登録したい場合は、noindex ディレクティブを削除してください。

ページ削除ツールによりブロックされました: ページは現在、URL 削除リクエストによりブロックされています。確認済みのサイト所有者であれば、誰が URL 削除リクエストを送信したかを URL 削除ツールで確認できます。削除リクエストでページがブロックされるのは、約 90 日間のみです。その期間が過ぎると、インデックス登録リクエストを再送信しなくても Googlebot が再びページにアクセスし、ページがインデックスに登録されることがあります。ページをインデックスに登録したくない場合は、noindex を使用するか、認証機能を使ってページを保護するか、ページを削除してください。

robots.txt によりブロックされました: このページは robots.txt ファイルによって Googlebot のアクセスがブロックされています。この確認には robots.txt テスターを使用できます。robots.txt でブロックされていても、他の方法によってページがインデックスに登録されることがあります。 たとえば、Google がページを読み込む以外の方法でそのページに関する他の情報を検出した場合に、ページがインデックスに登録される場合があります(ただし、そうした事例はごくまれです)。Google のインデックスに確実に登録されないようにするには、robots.txt によるブロックを削除して noindex ディレクティブを使用します。

未承認のリクエスト(401)が原因でブロックされました: このページへのアクセスには認証が必要なため、Googlebot のアクセスがブロックされています(401 レスポンス)。Googlebot がこのページをクロールできるようにするには、認証機能を使ったページの保護を削除するか、Googlebot によるページへのアクセスを許可してください。

クロールエラー: この URL の取得時に不特定のエラーが発生しました。レスポンス コードが 4xx または 5xx レベルのエラーの可能性があります。URL 検査ツールを使用してページを取得してみて、問題が発生するかどうかを確認してください。ページはインデックスに登録されていません。

クロール済み - インデックス未登録: ページは Google によりクロールされましたが、インデックスには登録されていません。今後、インデックスに登録される可能性がありますが、登録されない可能性もあります。この URL のクロールのリクエストを再送信する必要はありません。

検出 - インデックス未登録: ページは Google により検出されましたが、まだクロールされていません。これは通常、Google が URL をクロールしようとして、サイトが過負荷だったために、クロールの再スケジュールが必要となった場合です。そのため、レポート上で最終クロール日が空欄になっています。

代替ページ(適切な canonical タグあり): このページは Google が正規ページとして認識しているページと重複しています。正規ページへのリンクが正しく指定されているため、これ以上の対処は必要ありません。

重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません: このページには重複するページがあり、そのどのページも正規ページとして指定されていません。Google ではこのページが正規ページではないと判断しています。明示的にこのページの正規ページを指定する必要があります。この URL を検査すると、Google が選択した正規 URL が表示されます。

重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました: この URL は、あるページセットの正規ページとして指定されていますが、Google は別の URL のほうが正規ページとして適切と判断しています。Google は、このページではなく、正規ページとして適切であると考えるページをインデックスに登録しました。このページを正規 URL の重複ページとして明示的にマークすることをおすすめします。このページは、明示的なクロール リクエストなしで検出されました。この URL を検査すると、Google が選択した正規 URL が表示されます。

見つかりませんでした(404): このページのリクエスト時に 404 エラーが返されました。Google は明示的なリクエストやサイトマップなしで、この URL を検出しました。Google は、別のサイトからのリンクとして、この URL を検出した可能性があります。または、ページは以前存在していましたが、削除された可能性があります。このような URL に対して、Googlebot は以後しばらくの間アクセスを試みます。クロールの頻度は次第に低下しますが、検出済みの URL を Googlebot から完全に削除する方法はありません。意図的に 404 レスポンスを返している場合は問題ありませんが、ページを移動した場合は 301 リダイレクトを使用して新しいアドレスに転送してください。404 エラーの修正方法についてご確認ください。

法的な申し立てにより、ページが削除されました: ページは法的な申し立てによりインデックスから削除されました。

ページにリダイレクトがあります: URL はリダイレクトであるため、インデックスに登録されませんでした。

ソフト 404: ページをリクエストしたところ、ソフト 404 と見なされるレスポンスが返されました。つまり、対応する 404 レスポンス コードを伴わずに、ユーザーフレンドリーな形の「見つかりませんでした」というメッセージが返されました。実際に「見つからなかった」ページで 404 レスポンス コードを返すようにするか、これがソフト 404 ではないことを示す詳細情報をページに追加することをおすすめします。詳細

重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません: この URL は、正規ページとして明示的に指定されていない重複した URL の 1 つです。この URL はインデックスに登録するよう明示的にリクエストされましたが、重複ページであるため、Google は別の URL を正規ページとして適切と判断しました。この URL の代わりに、Google の選択した正規ページがインデックスに登録されています(Google では、重複のセットに含まれる正規ページのみをインデックスに登録します)。インデックス登録が明示的にリクエストされていない場合は、「Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました」のステータスになります。この URL を検査すると、Google が選択した正規 URL が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。