リッチメディア ファイルでのおすすめの方法

Google インデックスに登録できるファイル形式

Google インデックスには、ほとんどの形式のページやファイルのコンテンツを登録できます。ここでは、特定のリッチメディア形式を使用する際の詳細について説明します。

一般的なおすすめの方法

サイトでリッチメディアを使用する場合は、次の推奨事項を参考にしてください。

  • 必要な場合のみリッチメディアを使用する。コンテンツやナビゲーションには、HTML を使用することをおすすめします。
  • ページのテキスト バージョンを提供する。 ホームページで HTML 以外のスプラッシュ画面を使用する場合は、テキストをベースとしたページへの通常の HTML リンクをトップページに設置し、ユーザーや Googlebot がリッチメディアを使用しないでサイト内を移動できるようにします。

一般的に検索エンジンはテキストをベースに処理します。そのため、クロールインデックス登録の対象となるように、コンテンツをテキスト形式で作成する必要があります(Google では Flash ファイルに含まれるテキスト コンテンツをインデックスに登録できるようになりましたが、他の検索エンジンでは登録されない可能性があります)。

これは、Flash、Silverlight、動画などのリッチメディア コンテンツをサイトに含めることができないということではなく、どのような検索エンジンからもアクセスできるよう、これらのファイルに含めるコンテンツをすべてテキスト形式でも提供する必要があるということです。以下の例では、テキスト以外の最も一般的な形式のコンテンツを取り上げていますが、他の形式の場合も同様で、テキスト以外のあらゆるファイルについて、同じ内容のテキストを提供するようにします(Flash はほとんどのモバイル ブラウザで動作しなくなったことにもご注意ください)。

これにより、Googlebot がコンテンツをクロールしてインデックスに登録できるようになるだけでなく、コンテンツが一般的にアクセスされやすくなります。視覚障害がある、スクリーン リーダーを使用する、接続の帯域幅が小さいなど、ウェブページの画像を見ることができないユーザーも多いので、同じ内容のテキストを提供することで多くのユーザーが利用できるようになります。

動画

動画のベスト プラクティスをご覧ください。

iFrame

iFrame を使用してコンテンツを表示するウェブページもあります。iFrame で表示されるコンテンツはインデックスに登録されず、Google の検索結果に表示されない場合があります。コンテンツの表示には iFrame を使用しないことをおすすめします。iFrame を使用する場合は、表示するコンテンツへのテキストベースのリンクを設定して、そのコンテンツを Googlebot がクロールしてインデックスに登録できるようにします。

Flash

Flash は、ほとんどのモバイル ウェブブラウザでサポートされなくなっており、2020 年に Adobe でのサポートも終了する予定です。HTML5 などの別の形式を使用することをおすすめします。

Googlebot は、サイト上の Flash SWF ファイルをユーザーが操作することで表示できるほとんどすべてのテキストを、インデックスに登録できます。そしてそのテキストを Google 検索でのスニペットの生成やクエリとの照合に使用できます。さらに Googlebot は、SWF ファイル内の URL(サイト内の他のページへのリンクなど)を見つけてそのリンクをたどることができます。

こうしたコンテンツは、サイトの他のコンテンツと同様にクロールされインデックスに登録されるため、特別な対応をする必要はありません。ただし、これは Flash やその他すべてのコンテンツのクロールやインデックス登録を保証するものではありません。

SWF ファイルが他のファイルからコンテンツを読み込む際、テキスト、HTML、XML、別の SWF といった形式に関係なく、Google ではそういった外部コンテンツもインデックスに登録して、親の SWF ファイルやその埋め込み先ドキュメントと関連付けることができます。

Google では Flash ファイルのインデックス登録の改善に引き続き努めていますが、いくつか制限があります。たとえば、現時点では Flash ファイルに含まれる双方向言語コンテンツ(ヘブライ語やアラビア語など)をインデックスに登録することはできません。

Google では Flash ファイルのコンテンツをインデックスに登録できますが、他の検索エンジンでは登録できない可能性があります。そのため、Flash のようなリッチメディア形式は主に装飾を目的として使用し、コンテンツやナビゲーションには HTML を使用することをおすすめします。HTML を使用すると、クローラと相性の良いサイトとなり、また、スクリーン リーダーを必要とする視覚障害者、旧式のブラウザや非標準ブラウザのユーザー、携帯電話やモバイル端末など接続の帯域幅が小さいユーザーなど、幅広いユーザーがアクセスできるようになります。その他のメリットとしては、ナビゲーションに HTML を使用することで、ユーザーがコンテンツをブックマークしたり、ダイレクト リンクをメールで送信したりできます。

sIFR(Scalable Inman Flash Replacement)の利用もご検討ください。ウェブマスターは、オープンソース プロジェクトの sIFR を使用して、テキスト要素を Flash 要素に置き換えることができます。この技術を使用するとコンテンツやナビゲーションは埋め込み Flash オブジェクトによって表示されますが、コンテンツが HTML ソースに含まれているため、Flash を使用しないユーザーや検索エンジンでも読むことができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。