Google 検索でウェブサイトをテストする場合のおすすめの方法

サイト URL またはコンテンツのパターンをテストする

このページでは、ページ コンテンツやページの URL のパターンをテストする際に、Google 検索の掲載結果への影響を最小限に抑える方法について説明します。テストの作成または設計の方法については説明しませんが、このページの末尾にテストに関する他のリソースが掲載されています。

テストの概要

ウェブサイト テストでは、さまざまなバージョンのウェブサイト(またはウェブサイトの一部)を試し、各バージョンへのユーザーの反応に関するデータを収集します。通常、ソフトウェアを使用して、ページ(ページの一部、ページ全体、複数ページのフロー全体)の 2 つの異なるパターンについて動作を比較し、ユーザーに最も効果のあったバージョンをトラッキングします。

A/B テストでは、あるページの複数のバージョンを作成し、それぞれに固有の URL を設定してテストを実行します。元の URL にアクセスしようとしたユーザーの一部を各パターンの URL にリダイレクトします。そのうえでユーザーの行動を比較し、どのページが最も効果的であるかを判断します。

多変量テストでは、ソフトウェアを使用して、ウェブサイトのさまざまな部分をリアルタイムで変更します。見出し、写真、「カートに追加」ボタンなど、ページの複数の部分に変更を加えてテストできます。ソフトウェアは、各部分のパターンをさまざまに組み合わせて表示し、どのパターンが最も効果的であるかを統計的に分析します。テストに使用する URL は 1 つのみで、パターンはページ上に動的に挿入されます。

テストするコンテンツのタイプによっては、テスト中に Googlebot によるクロールやインデックスへの登録がコンテンツのパターンの一部に行われなくても、問題はありません。ボタンや画像のサイズ、色、配置、または「行動を促すフレーズ」(「カートに追加」にするか、「今すぐ購入」にするかなど)といった小さな変更が、ページに対するユーザーの反応に驚くほど大きな影響を与えることがあります。しかし、多くの場合、ページの検索結果のスニペットや掲載順位には、ほとんどまたはまったく影響を及ぼしません。

また、実行中のテストを検出してインデックスに登録できるほど、頻繁にサイトのクロールが行われている場合は、テストの完了後、最終的なサイトの更新内容がすぐにインデックスに登録される可能性も高くなります。

テストにおけるおすすめの方法

サイトのパターンをテストする際に Google 検索の動作に悪影響を及ぼさないためのおすすめの方法を、以下に記載します。

テストページでクローキングを行わない

Googlebot とユーザーに異なる URL のセットを提示しないでください。これはクローキングと呼ばれ、テストの実行中であるかどうかにかかわらず、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の違反になります。Google のガイドラインに違反した場合は、Google 検索結果でサイトの順位が下げられたり、検索結果からサイトが削除されたりするなど、望ましくない結果を招く恐れがあります。

サーバー側のロジック設定を使用した場合でも、robots.txt など他の方法を使用した場合でも、クローキングとみなされます。代わりに、以下に説明するようにリンクやリダイレクトを使用してください。

rel="canonical" リンクを使用する

複数の URL を使用して A/B テストを実行している場合は、代替 URL のすべてで rel=“canonical” リンク属性を使用して、元の URL が優先されるバージョンであることを示すことができます。この場合の意図に沿ったものとして、noindex メタタグではなく、rel=“canonical” を使用することをおすすめします。たとえば、ホームページのパターンをテストする場合、検索エンジンは元のホームページをインデックスに登録し続けることが望まれます。そこで、すべてのテスト URL が元の URL の重複またはパターンであり、正規の URL である元の URL とともにまとめて処理される必要があることを検索エンジンに認識させることが求められます。このような場合に rel=“canonical” ではなく noindex を使用すると、予期しない悪影響をもたらすことがあります。

301 リダイレクトではなく、302 リダイレクトを使用する

A/B テストで元の URL からパターンの URL にユーザーをリダイレクトする際には、301(恒久的)リダイレクトではなく、302(一時的)リダイレクトを使用します。これにより、このリダイレクトが一時的なものであり、テストの実行中にのみ行われることを検索エンジンに認識させることができます。インデックス上で元の URL はリダイレクト先(テストページ)で置き換えられることなく維持されます。JavaScript ベースのリダイレクトも使用できます。

テストは必要な期間だけ実行する

信頼できるテスト結果を得るために必要な時間は、コンバージョン率やウェブサイトのトラフィックの量など、さまざまな要因によって異なります。優れたテストツールは、信頼できる結論を導くために十分なデータが収集されると、ユーザーにその旨通知します。テストが完了したら、希望するコンテンツのパターンを使用してサイトを更新し、テストに使用したすべての要素(代替 URL やテスト スクリプト、マークアップなど)をできる限り速やかに削除してください。Google では、必要以上に長くテストを実行しているサイトを検出した場合、検索エンジンを欺く意図があるものとみなし、適宜措置を講じることがあります。あるコンテンツのパターンを大半のユーザーに配信している場合は、特に注意が必要です。

テストに関する詳細情報

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。