検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

AMP ページの Google 検索ガイドライン

AMP ページが Google 検索で適切に表示されるようにする

AMP(Accelerated Mobile Pages)はオープンソース仕様に沿って作成されたウェブページです。検証された AMP ページは Google の AMP キャッシュに保存されます。キャッシュに保存することでページをこれまで以上にすばやく表示できるようになります。

AMP 形式は、Google 検索を含め、幅広いプラットフォームでサポートされています。Google の検索結果に表示されたウェブページに有効な AMP バージョンがあれば、モバイル ユーザーはキャッシュ内の AMP にアクセスできます。

Google と相性の良いサイトを作成するためのガイドラインはすべて AMP にも当てはまります。ここでは、Google 検索で AMP のメリットを有効に活用するためのその他のおすすめ方法を紹介します。内容は次のとおりです。

  • デザイン: AMP 仕様に沿ってウェブページを作成します。
  • ホスト: メインサイトに関連性のある URL で AMP をホストします。
  • 検出: AMP を検出可能にします。
  • 検証: ページが有効な AMP HTML で作成されていることをテストします。
  • 構造化データ: 構造化データでコンテンツをマークアップします。
  • ステータス: Search Console の AMP レポートでエラーを確認します。
  • 削除: Google 検索結果またはウェブから AMP ページを削除します。

デザイン

AMP は AMP HTML 仕様に沿って作成する必要があります。初めての方は、初めて AMP HTML ページを作成する方法についての説明をご覧ください。

ホスト

AMP はユーザーにわかりやすい URL でホストしてください。たとえば、正規のページが example.com/giraffes の場合、AMP は test.com/giraffes のような URL ではなく、amp.example.com/giraffesexample.com/amp/giraffes などの URL でホストします。ユーザーが Google 検索で AMP ページへのリンクをクリックする際、AMP の URL は(他のウェブページと同様に)ブラウザ上でユーザーに表示されます。この URL がメインのウェブサイトとまったく無関係のものだと、ユーザーが混乱してしまう可能性があります。

検出

Google では AMP ページを検出できるよう、他のページに AMP ページへのリンクや参照がある場合に、その AMP ページをインデックスに登録します。

AMP バージョンと非 AMP バージョンの両方のページがある場合、次のリンクを使用してください。

  • 非 AMP バージョンでは、AMP バージョンのページを参照して Google やその他のプラットフォームが AMP ページの情報を認識できるようにします。

    <link rel="amphtml" href="https://www.example.com/url/to/amp-version.html" />

  • AMP バージョンでは、次のテキストを追加して非 AMP の正規バージョンを参照します。

    <link rel="canonical" href="https://www.example.com/url/to/regular-html-version.html" />

スタンドアロン AMP ページ(非 AMP バージョンがないページ)では、AMP ページでそのページ自体を正規バージョンとして指定する必要があります。

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/url/to/amp-document.html" />

スタンドアロン AMP ページも、検出可能な状態であればインデックス登録されます。スタンドアロン AMP ページが他のインデックス登録済みのページでリンクされていたり、サイトマップにリストされたりしていることを確認してください。

そのようにして確認することが、各国でのターゲティングやクロール速度に関するサイトの設定を見直す良い機会になります。詳しくはサイトの設定をご覧ください。

検証

AMP が有効で、ページがユーザーの期待どおりに正常に動作し、AMP 関連機能の対象となることを確認します。AMP が無効なページは検索機能の対象になりません。

構造化データ

構造化データのマークアップを使えば、Google 検索結果の目立つところにコンテンツを掲載できます。たとえば、AMP 記事に適切なマークアップ プロパティが設定されている場合、その記事はカルーセル内に表示されます(モバイル端末でのデモ)。

構造化データをテストし、構造化データのポリシーに沿っていることを確認してください。

AMP ページが次のいずれかのカテゴリに分類される場合は、Google 検索で AMP 固有の機能が有効になるよう AMP ページに構造化データを埋め込むことができます。

  • 記事: ページが一般的なノンフィクション、ニュース記事、またはブログ投稿の場合。オブジェクトの型として Article、NewsArticle、BlogPosting、LiveBlogPosting を使用します。
  • レシピ: AMP にレシピと材料が含まれている場合。

ステータス

Google Search Console の AMP ステータス レポートに、サイト上のインデックス登録済みの AMP ページと検出された AMP 固有のエラーの一覧が表示されます。

削除

Google 検索結果またはウェブから AMP ページを削除するには、こちらの手順を行ってください

よくある質問

AMP 固有の機能がタブレットやパソコンに表示されないのはどうしてですか?

トップニュースのカルーセルなど、Google における AMP 固有の機能をご利用いただけるのは、現時点ではモバイルのみとなっております。AMP 自体は、パソコンを含め、ほとんどの種類の端末で動作しますが、AMP 固有の機能をモバイル以外のプラットフォームに展開する予定は今のところありません。

AMP ページはモバイル専用ですか?

いいえ。AMP ページ自体はどの種類の端末でも表示できるため、レスポンシブ デザインで AMP ページを作成することをおすすめします。

AMP はパソコンではどのように表示されますか?

AMP ページはモバイル画面とパソコン画面の両方で同じように表示されます。必要とするすべての機能が AMP でサポートされる場合は、ページをスタンドアロン AMP ページとして作成し、同じページでパソコン ユーザーとモバイル ユーザーの両方に対応することをおすすめします。なお、パソコン上の AMP では Google 検索結果で検索固有の機能を使用できません。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。