検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

モバイルアプリでの Search Console の使用

ここでは、Search Console を使って、Google がアプリをクロールしてインデックス登録できるかどうかを確認する方法と、Google 検索結果でのアプリの掲載結果を監視する方法について説明します。ウェブサイトについては、こちらのページをご覧ください。

前提条件

Google 検索データの表示を始めるには、あらかじめ Search Console にアプリを追加しておく必要があります。

アプリを追加

毎日

安心 — 所アプリで問題が発生すると、Search Console からメールが届きます。たとえば、インデックス登録エラーやデータに関する異常などがこれに相当します。また、アプリが Google の検索の品質に関するガイドラインに違反していることが検出された場合もメールが届きます。

注: アプリを確認してから Search Console レポートにデータが蓄積され始めるまで数日がかかります。データが利用可能になると、通知が届きます。

毎月

毎月定期的に Search Console のダッシュボードをご確認ください。ダッシュボードでは、アプリの簡単なヘルスチェックを手軽に行えます。

  • アプリでエラーの数が増えていないことを確認します。
  • クリック数が異常に減少していないことを調べます。週末に急に減少していたり、休日に急激に増減するのは正常な状態です。

コンテンツを変更したとき

アプリに重要な変更を加えた場合は必ず Search Console で Google 検索におけるアプリの掲載状況を監視してください。

  • サイトやアプリに新しいコンテンツを追加した場合:
  • コンテンツを送信してから数週間後に検索アナリティクス レポートでページが獲得するインプレッション数やクリック数を確認します。
  • 新しいアプリの追加: 検索にアプリを表示します。

 

ダッシュボードを開く

 

検索についての重要な概念

Google 検索について知っておく必要のある重要な基本概念をいくつか紹介します。

展開する

Search Console のレポートは、Google 検索パイプラインの一般的なアウトラインに沿って構成されます。このアウトラインでは、まずコンテンツがクロール(認識)され、次にインデックス登録(コンテンツの解析と分析)が行われます。その後、ウェブサイトの所有者がサイトへの検索トラフィックを分析して、検索結果がどのようにユーザーに表示され、また他のサイトでどのようにリンクされているかを検討します。

クロール

Google のウェブクローラは、リンクやサイトマップをたどることで公開 URL のリストを生成し、コンテンツにアクセスしてインデックス登録を行います。これは、Google の検索結果へ追加するためのプロセスの最初の手順です。

  • プロパティ
    Search Console アカウントに追加したウェブサイトやアプリを指す汎用的な用語。プロパティのリストはアカウントのホームページに表示されます。
  • 確認
    Search Console アカウントで参照されるウェブサイトやアプリを所有していることを証明すること。プロパティのデータを表示するには、事前にプロパティを確認しておく必要があります。Search Console アカウントにサイトを追加すると、サイトの確認が求められます。
  • Googlebot
    Google のウェブクローラ。Google の各種の Googlebot は、ページを別々のデバイスタイプ(スマートフォン、フィーチャーフォン、PC)としてリクエストし、これらのデバイスで検索するユーザーに対して別々の検索結果を計算します。
  • 正規
    同じページを複数の異なる URL でホストしていると、検索結果がこれらの重複するページ全体に分散される可能性があります。たとえば、http://example.com/dogs と http://www.example.com/dogs のページが同じ場合は、ページごとに検索のランキング結果が異なり、ページが 1 つのみの場合よりもランキングが低下する可能性があります。この場合は、これらのページが同じであることを Google に示し、検索結果に表示する正規ページ(公式ページ)を選択する必要があります。正規のページまたはサイトは、サイトマップ、HTML タグ、Search Console の設定を使って指定します。
  • robots.txt
    インデックス登録対象外のページや検索結果に表示しないページを Google に指示するサイト上のファイルの名前。
  • サイトマップ
    Google がウェブサイトのクロールを開始する場所として使用するサイト内の URL のリスト。サイトマップは 1 つ以上のファイルに含まれ、ウェブサイトに保存されます。

インデックス登録

URL にアクセスして各ページのコンテンツや意味を分析するプロセス。これにより、Google はユーザーの検索クエリに対して最適な検索結果を判断できます。

  • リソース
    通常、ウェブページには、CSS、JavaScript、画像などのその他の多くのリソースが読み込まれます。インデックス登録プロセスの際にページの意味に影響を及ぼすリソースに対する Googlebot のアクセスがブロックされないようにしてください。
  • レンダリング
    Google では、ユーザーにページがどのように表示されるかを確認するため、インデックス登録されたすべてのページを表示するよう努めています。レンダリングとは、Google がページの意味を分析できるように画像やレイアウトと合わせてページを表示するプロセスです。

検索トラフィック

  • 手動による対策
    スパムなど、ページが Google の品質に関するガイドラインに違反している場合は、手動による対策が適用され、Google 検索結果でページの順位が下がることがあります。
  • インターナショナル ターゲティング
    言語や地域を基準に検索結果のターゲット ユーザーを明示的に指定できます。hreflang リンクタグまたは Search Console のターゲティング地域の設定を使用します。

検索のデザイン

ページやアプリを検索でどのように表示するかを設定します。

  • 構造化データ
    一般的な XML を使用し、Google クロール エンジンが認識する形式でページに関する情報を記述する標準的な方法です。たとえば、評価、イベント情報、動画情報を追加できます。リッチ スニペットの作成にも構造化データの一部のタイプが使用されます。
  • スニペット
    Google 検索結果で各結果の下に表示される数行の要約的なテキスト。インデックス登録の際に Google で自動的に生成されます。リッチ スニペットと呼ばれるビジュアルな特性を持つこともあります。
  • リッチ スニペット
    評価やイベント時間など、ビジュアルな情報も表示されるように拡張された Google 検索結果。一般にリッチ スニペットはページ作成者が追加した構造化データから生成されます。
  • サイトリンク
    ウェブサイトの階層や構造が論理的であれば、メイン検索結果の下に一連のサブリンクが表示されます。たとえば、航空会社のサイトでは、メインの結果は航空会社のホームページになり、その下位のリンクが予約ページ、フライト状況ページ、手荷物のポリシーに関するページなどへの直接リンクになります。サイトのサイトリンクは指定できません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。