Google と共有するコンテンツを制限する

いくつかの理由によって、特定のコンテンツを Google と共有しないように設定することがあります。

データのセキュリティを維持する

自分のサイトに非公開データを置いている場合は、そのデータに他のユーザーがアクセスできないようにする必要があります。これはサイトメンバーの連絡先情報などのデータでよく見られるケースです。メンバーのデータが Google 検索の検索結果に表示されないように、こうした情報は Google からブロックする必要があります。

ユーザーしにとって価値の低いコンテンツを非表示にする

同じコンテンツがウェブサイト上のさまざまな場所に置かれていると、Google 検索のページランクに悪影響が及ぶ可能性があります。重複するコンテンツが発生する可能性がある良い例が、ユーザーがサイト内のコンテンツに移動できるようにするサイト全体の検索機能です。一部の検索機能では、ユーザーがキーワードを入力するたびにカスタムの検索結果ページが生成、表示されます。カスタムの検索結果ページをブロックしておかないと、Google はそのすべてのページを個別にクロールする可能性があります。その結果、同じようなページが多く含まれているサイトと判断され、重複するコンテンツがスパムに分類されるおそれもあり、その結果、Google 検索でのページの掲載順位が下がる可能性があります。

サードパーティ コンテンツを切り離す

ウェブサイトは他のサードパーティ ソースで生成された情報を共有することがあり、その情報はウェブ上の他の場所でも公開されています。重複するコンテンツを大量に含むページは Google 検索の結果に表示する価値が低いと判断されます。複製されたコンテンツをブロックすれば、Google のクローラに認識されるコンテンツの質を高めて Google 検索での掲載順位の向上を図ることができます。

次へ: robots.txt ファイルについて

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。