検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

URL の変更を伴うサイト移転

概要: URL の変更を伴うサイト移転

この記事では、Google 検索結果への影響を最小限に抑えながら、サイトの既存のページの URL を変更する方法について説明します。このサイト移転の例としては次のようなものがあります。

  • HTTP から HTTPS への URL の変更
  • ドメイン名の変更(example.com から example.net など)、複数のドメインやホスト名の統合
  • URL パスの変更: example.com/page.php?id=1 > example.com/widgetexample.com/page.html > example.com/page.htm など

表示される URL の変更を伴わないサイト移転を行う場合は、こちらから開始してください

URL の変更を伴うサイト移転に関するよくある質問

  • 全体を一度に移転するべきですか。それとも、段階的に移転する方がよいでしょうか?
    段階的に移転することをおすすめします。
  • インデックス登録されたページ数を調べるにはどうすればよいですか。
    Search Console で各プロパティのデータを個別に確認します。インデックス ステータス レポートで概要を把握し、サイトマップの URL については、サイトマップ レポートでインデックス登録されたサイトマップの数を確認します。
  • URL の変更が Google に認識されるまでどのぐらいかかりますか?
    クロールの頻度は一定ではありません。サイトのサイズやクロールの速度によって異なります。移転は URL ごとに行われます。
  • 新しい URL にリダイレクトすると、リンクのクレジットは失われますか?
    いいえ。301 や 302 のリダイレクトは PageRank の損失につながりません。

HTTP から HTTPS への移行

  • HTTPS に関するおすすめの方法を確認します。
  • Search Console に HTTPS のプロパティを追加します。 Search Console では HTTP と HTTPS を別々に扱うため、このプロパティのデータは Search Console で共有されません。そのため、両方のプロトコルのページを用意する場合は、Search Console でそれぞれのプロパティを指定する必要があります。
  • HTTP から HTTPS へのページの移行に関するその他のよくある質問は以下のとおりです。

HTTP から HTTPS への移行に関するよくある質問

この移行はランキングに影響を与えますか?

移行する場合の常として、移行中にランキングの変動が起きる可能性があります。ただし、HTTPS に固有の問題を避けるには、HTTPS ページに関するおすすめの方法を確認してください。

HTTPS サイトになるとランキングが少し上昇しますが、顕著な変化は期待しないでください。Google は HTTPS をポジティブなランキング要素として使用します。数多くの要素のうち、この要素は現時点では、高品質のサイト コンテンツよりウェイトは小さくなります。短期的には、HTTPS へ移行しても大きな SEO 上のメリットは期待できません。長期的には、HTTPS サイトであるということの影響が強まる可能性もあります。

一部のページだけを HTTPS に移行してもかまわないでしょうか?

はい、問題ありません。一部分だけ移行し、テストしてから、他の部分を移行するのもでしょう。

HTTP から HTTPS に段階的に移行するとき、段階的な URL が早期にインデックス登録されないようにするには、リダイレクトではなく rel=canonical を使用することをおすすめします。リダイレクトを使用した場合、リダイレクトされるページをテストできなくなります。

どの証明書が必要ですか?

Google 検索では、最新のブラウザに対応している最新の証明書を使用できます。

HTTPS サイトの検索キーワードを確認できますか?

この点は HTTPS でも変わりません。Search Console で検索キーワードを確認できます。

robots.txt で HTTP のサイトマップを参照しています。robots.txt を更新して新しい HTTPS のサイトマップを含める必要はありますか?

HTTP 用と HTTPS 用に別々の robots.txt ファイルを用意し、HTTP と HTTPS の別々のサイトマップ ファイルを指定することをおすすめします。また、個々の URL を一方のサイトマップ ファイルにのみ記載するようおすすめします。

HTTPS のテスト中のセクションは、どのサイトマップでマッピングすればよいですか。

サイトの更新したセクションについてのみ、別個のサイトマップを作成します。そうすることで、テスト中のセクションのインデックス登録をより正確に追跡できるようになります。URL は他のサイトマップで重複しないようにしてください。

(HTTP から HTTPS、または HTTPS から HTTP への)リダイレクトがある場合、サイトマップにはどの URL を記載すればよいですか?

ユーザーがページにアクセスするときのリダイレクトには関係なく、HTTP の URL はすべて HTTP のサイトマップに記載し、HTTPS の URL はすべて HTTPS のサイトマップに記載します。リダイレクトに関係なくサイトマップにページを記載しておくと、検索エンジンが新しい URL をより早く検出できるようになります。

HTTPS 用の robots.txt に追加する必要のある項目は他にありますか?

いいえ。

HSTS に対応するべきですか?

HSTS はセキュリティを向上させますが、ロールバックの手法が複雑になります。詳しくは、HTTPS に関するおすすめの方法をご覧ください。

サイト全体に対して 1 つの Google ニュース サイトマップを使用しています。サイトを段階的に移行する場合、どうすればよいですか?

新しい HTTPS のセクションに Google ニュース サイトマップを使用する場合は、ニュースチームに連絡して、プロトコルの変更について知らせる必要があります。さらに、Search Console の HTTPS プロパティで、サイトの各セクションを HTTPS に移行するたびに、新しい Google ニュース サイトマップを送信します。

HTTPS の移行に関して Google ニュース パブリッシャー センターでの推奨事項はありますか?

Google ニュース パブリッシャー センターでは、HTTP から HTTPS への移行をユーザーに意識させないように処理しています。通常は、ニュース サイトマップを使用していない限り、Google ニュースについて何か行う必要はありません。ニュース サイトマップを使用している場合は、ニュースチームに連絡して、変更について知らせてください。セクションの変更についてニュースチームに知らせることもできます。たとえば、HTTPS に移行する場合に、http://example.com/section から https://example.com/section に移行することを指定できます。

サイトを移転する

  1. サイト移転に関する基本情報を確認します。 手順の概要とユーザーや掲載順位に与える影響について確認しておきます。HTTP から HTTPS へ移転する場合は、HTTPS に関するおすすめの方法を確認してください。
  2. 新しいサイトを準備して、十分にテストします。
  3. 現在の URL から対応する新しい形式への URL マッピングを準備します。
  4. 元の URL から新しい URL にリダイレクトするようサーバーを設定して、サイト移転を開始します。
  5. 元の URL と新しい URL 両方のトラフィックを観察します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。