検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

サイトへのリンク

Search Console サイトに対するリンクのサンプルを確認するには、「サイトへのリンク」レポートを開きます。

「サイトへのリンク」レポートを開く

「サイトへのリンク」レポートには、Googlebot がクロールおよびインデックス登録の処理中に検出したリンク、主なリンク元、サイト内でのリンクの多いページが表示されます。さらに、Google が検出した主なアンカー テキストも表示されます。各項目をクリックすると詳細情報を確認できます。ユーザーがクリックしたリンクからリダイレクトされてサイト内のページにアクセスした場合は、そのリダイレクト元のリンクの一覧も表示されます。

サイトへのリンクの一部が表示されない場合がありますが、これは正常な動作です。また Google では、最近、リンクデータの収集方法と表示方法を改善しました(たとえば 301 または 302 のリダイレクトを使用してリダイレクトされたリンクもリンク数に含まれます)。その結果として、表示されるサイトへのリンク数が変化している場合があります。これには、次のような理由が考えられます。

  • このデータは、Googlebot がクロール処理中に発見してクロールしたコンテンツを表します。サイト上のページを robots.txt でブロックしていると、そのページへのリンクはここに記載されません。そのようなページの総数は、Search Console の [クロール] 項目の [ブロックされた URL(robots.txt)] タブに表示されます。
  • サイトへのリンクに破損したリンクや無効なリンクが検出された場合、そのリンクはここには記載されません。クロールエラーのページを定期的に確認して、Googlebot によるサイトのクロール中に 404 エラーが発生していないかどうかを調べることをおすすめします。
  • Google では、ある程度データを処理します。たとえば、次のような処理をすることがあります。
    • sessionID のような一部のパラメータを取り除きます。
    • プロトコルが指定されていない場合は以下の既定のプロトコルを追加します。
      www.example.com/xyz.html

      http://example.com/xyz.html と同じものとして扱われます。
    • 末尾に適宜スラッシュを追加します。
      http://www.google.com/webmasters/tools
      http://www.google.com/webmasters/tools/ と同じものとして扱われます。
    その結果として、リンクが統合され、表示されるリンクの数が減少する場合があります。
  • サイトが別のホスト名でインデックスに登録されていることがあります。たとえば、http://www.example.com のリンクデータがあるはずなのに見つからない場合、必ず http://example.com をアカウントに追加してから、そのサイトのデータを確認してください(使用するドメインを設定することをおすすめします)。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。