検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

使用するドメインの設定(www の有無)

使用するドメインとは、サイトのページをインデックスに登録するときに優先的に使用するドメインのことです(正規ドメインとも呼ばれます)。サイトへのリンクは、URL に www を含むバージョンと www を含まないバージョンの両方で指定できます(http://www.example.com と http://example.com など)。使用するドメインは、検索結果にサイトを表示するときに優先的に使用するバージョンのことです。

サイトがインデックスに登録されていないというメッセージが表示される場合、別のドメインでインデックスに登録されていることが考えられます。たとえば、http://example.com はインデックスに登録されていないというメッセージが表示される場合、アカウントに http://www.example.com(http://www.example.com が登録されていない場合は http://example.com)も追加していることを確認し、そちらのサイトのデータも確認してください。

使用するドメイン名を設定すると、以後 Google が行うサイトのクロールとインデックスの更新すべてにその情報が使用されます。たとえば、使用するドメインを http://www.example.com と指定したが、Google が検出したサイトへのリンクが http://example.com という形式の場合、Google では http://www.example.com を使用してそのリンクをたどります。また、表示される URL はウェブマスターによる設定を考慮して決定します。使用するドメインを設定しないと、ドメインに www を含むバージョンと www を含まないバージョンが別のページへの異なる参照として処理されることがあります。

インデックスに変更が完全に反映されるまで時間がかかることがあります。インデックスに登録されているページの URL が優先的に使用するバージョンではない場合、それらのページは、Google がページのインデックスを更新するまで、現在のバージョンのままになります。

使用するドメインを指定する

  1. Search Console のホームページで、該当するサイトをクリックします。
  2. 歯車のアイコン をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。
  3. [使用するドメイン] で、希望のオプションを選択します。

ドメインに www を含むバージョンと www を含まないバージョンの両方について所有権の確認が必要になることがあります。使用するドメインを設定すると、クロールとインデックス作成の両方に影響があるため、そのウェブマスターが両方のバージョンを所有していることを確認する必要があります。通常、どちらのバージョンも物理的に同じ場所を指しますが、そうではない場合もあります。通常は、ドメインの一方のバージョンを確認できれば、独自の確認手法を使用してもう一方のバージョンも簡単に確認できます。ただし、確認ファイル、メタタグ、DNS レコードを削除した場合は、確認を再度行う必要があります。

注: 使用するドメインを設定した後、301 リダイレクトを使って使用しないドメインからトラフィックをリダイレクトして、他の検索エンジンやユーザーにどちらのバージョンを使用するかを伝えることができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。