間違ったリダイレクト

間違ったリダイレクト」エラーは [クロール] > [クロールエラー] ページの [URL エラー] の [スマートフォン] タブに表示されます。

パソコン向けのサイトとスマートフォン向けのサイトで URL が異なり、スマートフォン ユーザーをモバイルサイト(例: m.example.com)にリダイレクトするようパソコン向けページを設定しているウェブサイトが多くなっています。間違ったリダイレクトは、スマートフォンのユーザーをパソコン向けのページから関連のないスマートフォン向けのページに誤ってリダイレクトしてしまう場合に発生します。典型的なのは、すべてのパソコン向けページから、スマートフォン向けに最適化されたサイトのホームページにスマートフォン ユーザーをリダイレクトしているケースです。次の画像では、間違ったリダイレクトを赤の矢印で示しています。


このようなリダイレクトによって作業の流れが中断されると、ユーザーがサイトの使用を中止して別のサイトに移動してしまう可能性が高くなります。そのため、Google のシステムは、スマートフォンの検索結果が関連する URL ではなくホームページにリダイレクトしていることを検出した場合は、検索結果でユーザーに次の警告を表示します。

このサイトのホームページが開く場合があります。

ユーザーは [試してみる] をクリックすると、リンクにアクセスできます。ユーザーがスマートフォン向けに最適化されたサイトでどうにかして適切なページを見つけたとしても、間違ったリダイレクトのせいで、速度が遅いモバイル ネットワークでページを見つけるためにユーザーに余計な手間をかけさせてしまいます。ユーザーに不快な思いをさせるだけでなく、間違ったリダイレクトはクロール、インデックス登録、ランキングの各アルゴリズムでも問題を招く可能性があります。

モバイル フレンドリーの検索環境を実現し、間違ったリダイレクトを防止するためのおすすめの方法を以下に紹介します。

  • 自分のスマートフォンで数回検索(またはスマートフォンのように動作するようブラウザを設定)して、サイトがどのように動作するかを確認します。
  • レポートで提供されている URL のサンプルを作業の開始場所として利用し、サーバーの設定に問題がある場所を正確に特定してデバッグします。
  • スマートフォン ユーザーがスマートフォン サイトの対応する URL にリダイレクトされるようにサーバーを設定します。
  • サイトのページにスマートフォン用の対応するページがない場合は、ユーザーをスマートフォン サイトのホームページにリダイレクトするのではなく、パソコン用ページにとどめておきます。このような場合は間違った動作をするよりも何もしない方が無難です。
  • レスポンシブ ウェブデザインの利用を検討してください。パソコン ユーザーにもスマートフォン ユーザーにも同じコンテンツが提供されます。
  • 最後に、パソコン向けとスマートフォン向けに別々の URL を使用するためのおすすめの方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。