検索結果に効果的に表示されるタイトルとスニペットを作成する

ページのタイトルと説明(スニペット)は、ページのコンテンツとウェブ上の参照元ページの両方を踏まえて、自動的に作成されます。スニペットとタイトルは、各検索結果を最大限にわかりやすく伝え、ユーザーが入力したクエリとの関連性を示すことを目標としています。

これらの元になる情報は、各ページのタイトルやメタタグ内の説明情報など、いくつかあります。また、公開されている情報を使用したり、ページのマークアップを基にリッチリザルトを作成したりする場合もあります。

Google で表示される個々のサイトのタイトルやスニペットを手動で変更することはできませんが、できるだけ関連性の高いものとなるよう常に努めています。表示されるタイトルやスニペットの品質向上に役立つ一般的なガイドラインは次のとおりです。

わかりやすいページタイトルを付ける

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルを付けることが重要です。

タイトルの作成に役立つヒントをいくつかご紹介します。

  • 前述のとおり、サイトのそれぞれのページに <title> タグでタイトルを付ける
  • 具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。ホームページに「ホーム」、特定の人物のプロフィールのページに「プロフィール」のような曖昧なタイトルは付けないようにしてください。また、不必要に長いものや無駄な情報が含まれるものも避けてください。検索結果にタイトルが表示されたときに、その一部しか表示されなくなります。
  • キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。タイトルに具体的なキーワードをいくつか含めると効果的な場合もありますが、同じ語句を何度も繰り返しても無意味なだけです。「Foobar, foo bar, foobars, foo bars」のようなタイトルはユーザーの利便性を下げるものであり、このようなキーワードの乱用は Google やユーザーから不正行為と見なされる可能性があります。
  • 同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。サイトのそれぞれのページに異なる具体的なタイトルを付けることが重要です。たとえば、サイトのすべてのページに「激安セール実施中」というタイトルを付けた場合、ユーザーはページを区別することができなくなります。また、一部の情報のみを変えた長いタイトル(定型文を使用したタイトル)も適切ではありません。たとえば「<バンド名> - 動画、歌詞、ポスター、アルバム、レビュー、コンサートを見る」では、タイトルから各ページの情報があまり伝わってきません。1 つの解決策としては、タイトルを大幅に変更し、ページの実際のコンテンツを反映させるという手段が考えられます。前述の例で言えば、「動画」「歌詞」などの単語を含めるのは、そのページに動画や歌詞が含まれている場合のみにします。もう 1 つの解決策として、「<バンド名>」のみを簡潔なタイトルとして使用し、メタ ディスクリプション(後述)でサイトのコンテンツの具体的な説明を記述するという手段もあります。
  • タイトルを目立たせる。ただし、簡潔になるように気を付けます。サイトのホームページのタイトルは、サイトに関する情報を追加するのに適した場所です(例: 「ExampleSocialSite、人と人が交流する場所」)。しかし、サイトの各ページのタイトルに同じテキストを表示すると、わかりづらくなってしまいます。また、クエリの検索結果に同じサイトのページが複数表示された場合、特に重複が気になります。そんなときは次の例のように、各ページタイトルの冒頭か末尾にサイト名だけを入れ、ハイフンやコロン、パイプなどでタイトルの残り部分と区切ってみてください。
    <title>ExampleSocialSite: 新しいアカウントの登録</title>
  • ページに対する検索エンジンのクロールの無効化に注意する。サイトに robots.txt プロトコルを使用すると、Google のクロールをブロックできますが、必ずしもインデックスに登録されないわけではありません。たとえば、他のサイトからリンクを介して検出されたページはインデックスに登録される可能性があります。そのページを検索結果に表示するには、なんらかのタイトルが必要になります。その際 Google はページのコンテンツにアクセスできないため、他のサイトのアンカー テキストなどページ外のコンテンツを基にタイトルを生成します(URL をインデックスに登録されないようにブロックするには、noindex ディレクティブを使用します)。

検索結果のタイトルがページの <title> タグと異なることがある理由

ある検索結果でタイトルに関する上記の問題のいずれかが検出された場合は、アンカー、ページ上のテキストなどを基に、Google がより良いと考えられるタイトルを自動的に生成することがあります。ただし、簡潔かつ具体的に作成された適切なタイトルであっても、クエリとの関連性をより明確に示すために検索結果に別のタイトルを表示することもあります。これは単に、ウェブマスターが指定した <title> タグが、クエリに関係なく常に静的で固定されているためです。

ユーザーのクエリを見てみると、指定されたタイトルよりもページ内の別のテキストを使った方が検索結果の関連性がわかりやすい場合がよくあります。この代替テキストをタイトルとして使用することによってユーザーの利便性を高め、ひいてはサイトにも効果をもたらします。ユーザーはクエリのキーワードや関連性を示す目印を探しながら検索結果を拾い読みしていきます。このとき、クエリに合ったタイトルが表示されると、ユーザーがサイトをクリックする確率が高まります。

検索結果に表示されたページのタイトルが修正されていた場合、元のタイトルが上記の問題に該当していないかをご確認ください。該当しない場合は、代替テキストがクエリにより合ったものであるかどうかをご確認ください。元のタイトルの方が適していると考えられる場合は、ウェブマスター ヘルプ フォーラムからお問い合わせください。

スニペットの生成プロセス

スニペットはページ コンテンツから自動的に生成されます。スニペットは、ページ コンテンツからそのときのユーザーの検索内容と関連性が高い部分を抜粋し、プレビュー表示するように設計されています。よって、検索ごとに表示されるスニペットが異なる可能性があります。

スニペットは Google により作成されますが、その候補となるコンテンツをサイト所有者から提示する主な方法が 2 つあります。リッチリザルトとメタ ディスクリプション タグです。

スニペットの表示の調整方法

スニペットの作成と検索結果へのサイトの表示をしないようにする、または、Google に対してスニペットの文字数の上限を通知することができます。nosnippet メタタグを使用すると、Google での検索結果にそのページのスニペットが表示されなくなります。また、max-snippet:[number] メタタグを使用することで、結果スニペットの最大文字数を指定できます。さらに、data-nosnippet を使用して、ページのテキスト コンテンツの一部のみをスニペットに表示しないようにすることもできます。

適切なメタ ディスクリプションを作成する

Google では、ページ上のコンテンツのみから取得できる情報よりもページの概要を正確に説明できると判断した場合、ページの <meta> ディスクリプション タグを使用して、検索結果のスニペットを生成することがあります。一般的に、メタ ディスクリプション タグはページの内容を簡潔かつわかりやすく要約したもので、ユーザーの関心を惹くものである必要があります。つまり、そのページがまさに探していたものだとユーザーに確信させる、宣伝文句のようなものです。メタ ディスクリプションの長さに制限はありません。ただし検索結果のスニペットは必要に応じて切り詰められます(デバイスの幅に合わせる場合など)。

  • サイト上のすべてのページにメタ ディスクリプションが含まれるようにする
  • それぞれのページに合った説明を作成する。検索結果に表示される個々のページについて、同じまたは類似する説明を使用してもあまり意味がありません。型どおりの説明は表示される可能性が低くなります。個々のページを正確に表す説明を記述してください。メインのホームページや他の総合ページにはサイトの説明を使用し、その他の部分には各ページの説明を使用します。すべてのページに個別の説明を作成する余裕がない場合でも、コンテンツに優先順位を付け、少なくともホームページや人気ページのような重要な URL に対しては作成するようにしましょう。
  • 明確にタグ付けしたデータをメタ ディスクリプションに含めるメタ ディスクリプションは、文章形式にする必要はありません。そのページに関するデータを含めておくだけでも効果があります。たとえば、ニュースやブログの投稿の場合は、作者、公開日、署名などを記載できます。これにより、スニペットには表示されない関連性の高い情報をユーザーに提供できます。同様に、商品ページには、価格、発売年、メーカーといった重要な情報がいたるところに散らばっていることがありますが、適切なメタ ディスクリプションには、こうしたデータがすべて含まれています。たとえば、次のメタ ディスクリプションには、書籍に関する詳細情報が記載されています。
    <meta name="Description" content="著者: A.N. Author, 挿絵: V. Gogh, 価格: 17.99 ドル, ページ数: 784">
    この例では、明確にタグ付けしたデータをカンマ区切りで列挙しています。
  • プログラムで説明を作成する。ニュース メディアソースのような一部のサイトでは、ページごとに固有の正確な説明を作成するのは簡単です。こうしたサイトの場合、各記事が手書きのため、説明を 1 文追加するくらいなら大した手間にならないからです。一方、商品の情報収集サイトのように大規模なデータベースに基づくサイトでは、説明を手作業で入力することは不可能です。このような場合、プログラムで説明を生成するほうが適しており推奨されています。それぞれのページに合ったわかりやすい説明が効果的です。ページ固有のデータは、プログラムでの作成にも適しています。メタ ディスクリプションに多数のキーワードを使用すると、ページのコンテンツをユーザーに明確に伝えることができず、通常のスニペットの代わりに表示される可能性は低くなります。
  • 質の高い説明を使用する。最後に、説明はコンテンツを正確に表したものである必要があります。メタ ディスクリプションは、ユーザーが見るページには表示されないため放置されがちですが、質の高い説明は Google の検索結果に表示されることがあり、検索トラフィックの質と量の改善に大いに役立つ可能性があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。