サイトの所有権を確認する

確認について

確認とは、ユーザーが所有するサイトまたはアプリに対して実際に所有権があることを証明するプロセスです。確認したユーザーは、確認されたサイトやアプリに関する Google 検索の非公開データにアクセスできるようになり、Google 検索がサイトやアプリをクロールする方法に影響を与えることができるようになるため、Search Console での所有権の確認が必要です。

プロパティについて

Search Console でのプロパティとは、ユーザーが所有するサイトやアプリのことです。ユーザーは自分のプロパティについて、再クロールなどの操作をリクエストしたり、Google 検索の統計情報やクロールエラーなどのデータを表示したりすることができます。

確認手続きによって特定のユーザーが特定のプロパティに結びつけられます。Search Console のどのプロパティにも所有者が少なくとも 1 人必要で、複数の所有者がいる場合もあります。

ユーザーは Search Console に任意のサイトやアプリを追加できますが、その所有権を確認する(または所有者がそのユーザーに権利を付与する)まで、サイトやアプリを Search Console で使用することはできません。たとえば、ユーザーは自分の Search Console アカウントに www.wikipedia.org をプロパティとして追加できますが、Wikipedia デベロッパーがそのユーザーの所有権の証明を手伝う(または Wikipedia Search Console プロパティの所有者がユーザーをその Search Console プロパティのユーザーとして追加する)まで、そのプロパティにアクセスできません。

 

Verify ownership of your site in Google Webmaster Tools

 

ウェブサイトを確認する

  1. 新しいサイトを追加するか、Search Console ホームページで確認する既存のプロパティの横にある [プロパティの管理] > [このプロパティを確認] をクリックします。
  2. 下記の確認方法の一覧からいずれかを選択して、その手順どおり手続きします。プロパティによっては利用できない確認方法があります。Search Console の確認ページには、そのサイトで利用できるおすすめの方法が一覧に表示されます。

複数のユーザーが同じサイトを別々に指定し、同じ方法または異なる方法で確認することができます。同じ方法で確認する場合、他の所有者の確認トークンを上書きしないように注意します。

モバイルアプリを確認する

モバイルアプリの確認についての説明をご覧ください。

確認はいつまで有効か

Google は、確認が有効かどうかをその確認方法に応じた適切な方法で定期的にチェックします(たとえば、サイトに HTML タグがあるかどうかをチェックします)。確認が有効であることが確認できない場合は、一定の猶予期間の後に、そのプロパティに関する権限が期限切れになります。

ある Search Console プロパティについて、確認済みのすべての所有者の権限が期限切れになると、そのプロパティの委任された所有者(確認済みの所有者が追加した所有者)、ユーザー、協力者の全員がそのプロパティにアクセスできなくなります。

サイトのデータは、最初にそのサイトが Search Console プロパティとして追加されたときから収集されます。確認されない期間があっても、データ収集が途切れることはありません。

確認方法を変更する

確認方法を変更する必要がある場合、以下の手順で変更します。

  1. Search Console のホームページで、該当するサイトをクリックします。
  2. 歯車アイコン をクリックし、[ユーザーとプロパティ所有者] をクリックします。
  3. [プロパティ所有者の管理]、[別の方法で確認する] の順にクリックします。
  4. 新しい方法でサイトを確認します。
サブドメインとサブディレクトリの確認

サブドメインやサブディレクトリごとに別の Search Console プロパティを作成できます。データを利用しやすいグループに分割することができ、Google もよくおすすめする方法です。

あるサイトが確認されると、そのサイトのすべてのサブディレクトリも自動的に確認されます。あるドメインが確認されると、そのドメインのサブドメインだけでなく、サイトやサブサイトもすべて自動的に確認されます。

「ドメイン」と「サイト」は次のように定義されます。これは Search Console の確認のみでの定義です。

  • http://example.com/ - サイト(http:// プレフィックスがあるため)
  • example.com/ - ドメイン(プロトコル プレフィックスがないため)
  • puppies.example.com/ - example.com のサブドメイン
  • http://example.com/petstore/ - http://example.com サイトのサブディレクトリ

親ドメインおよびディレクトリのプロパティを削除しても、子ドメインおよびディレクトリはすべて確認済みのままです。

確認方法

HTML ファイルをアップロード

特別な HTML ファイルをサイトにアップロードして、そのサイトの所有権を確認できます。このファイルは特定のユーザーに関連付けられています。確認の詳細ページに記載の手順に沿って手続きします。サイトから確認ファイルを削除すると、そのサイトは未確認に戻ります。

HTML ファイルを使用して所有権を確認するには、そのサイトの確認の詳細ページで [HTML ファイルをアップロード] を選択し、表示される手順に沿って手続きします。

エラー:

確認での一般的な問題の他に、以下のようなこの方法に固有のエラーが発生することがあります。

  • 確認ファイルが見つかりませんでした。

    Search Console の [確認] ページで提供される確認ファイルをダウンロードして、変更を一切加えずにそのファイルを指定の場所にアップロードしてください。ファイルの名前またはコンテンツが、提供された HTML ファイルと一致しない場合、サイトの所有権を確認することはできません。

  • 確認ファイルのコンテンツが正しくありません。

    Search Console では、確認ファイルのファイル名やコンテンツが、[確認] ページで提供されるファイルと同じであるかどうかを確認します。ファイルの名前またはコンテンツが、提供された HTML ファイルと一致しない場合、サイトの所有権を確認することはできません。Search Console の [確認] ページで提供される確認ファイルをダウンロードして、変更を一切加えずにそのファイルを指定の場所にアップロードしてください。

  • 確認ファイルが空です。

    Search Console では、確認ファイルのファイル名やコンテンツが、[確認] ページで提供されるファイルと同じであるかどうかを確認します。ファイルの名前またはコンテンツが、提供された HTML ファイルと一致しない場合、サイトの所有権を確認することはできません。Search Console の [確認] ページで提供される確認ファイルをダウンロードして、変更を一切加えずにそのファイルを指定の場所にアップロードしてください。

  • 確認ファイルから 200(OK)ではなく XXX の HTTP ステータス コードが返されました。

    サーバーから HTML 確認ファイルについて 200(OK)以外の HTTP ステータス コードが返された場合、Search Console では、そのファイルのファイル名やコンテンツが適切であることを確認できません。HTTP ステータス コードについて詳細をご確認ください。

  • ダウンロード リクエストのリダイレクト回数が多すぎます。

    サイトへのトラフィックを別のサイトにリダイレクトしている場合は、代わりにメタタグによる確認を行うことをおすすめします。

  • 確認ファイルによって、許可されていない場所にリダイレクトされます。

    Googlebot は、確認ファイルによるリダイレクトに従いません。サイトへのすべてのトラフィックを別のサイトにリダイレクトしている場合は、メタタグによる確認を行うことをおすすめします。同一サイト内でのリダイレクト(たとえば http://example.com/ から http://www.example.com/ へのリダイレクト)は可能です。

ドメイン名プロバイダ

ご利用のドメイン名プロバイダを経由してサイトを確認できます。この方法では、ご利用のドメイン名プロバイダ(GoDaddy.com、networksolutions.com など)にログインできることや、新しい TXT レコードまたは CNAME レコードを追加できる必要があります。

そのサイトの確認の詳細ページで [ドメイン名プロバイダ] を選択し、表示される手順に沿って手続きします。ご利用のドメイン レジストラに応じて、次のいずれかの方法が提示されます。

  • Search Console で直接確認する。一部のドメイン レジストラでは、Search Console から直接、サイトを確認できます。これはサイトを確認する最も簡単な方法です。現在、GoDaddy や eNom などでのみご利用いただけます。
  • DNS TXT レコードまたは CNAME レコードを追加する。ご利用のレジストラが確認ツールに対応していない場合は、DNS レコードを追加することによりサイトを確認できます。確認ツールで追加手順が提供され、またこの手順はご利用のレジストラ固有のものとなります。デフォルトでは、DNS TXT レコードを追加する手順が表示されます。この方法が利用できない場合は、CNAME レコードの追加手順が表示されます。

エラー:

確認での一般的な問題の他に、以下のようなこの方法に固有のエラーが発生することがあります。

  • DNS で検出されません

    確認用の TXT レコードが見つかりませんでした。

  • 確認用の TXT レコードのコンテンツが正しくありません。

    Search Console では、DNS レコードが、[確認] ページで提供されるレコードの詳細情報と一致するかどうかを確認します。一致しない場合、サイトの所有権を確認できません。

  • DNS の TXT レコードが正しくありません

    確認用の DNS レコードの TXT が正しくありません。見つかった TXT を表示します。

  • DNS 解決でのパーマネント エラー

    確認用の DNS レコードのルックアップでパーマネント エラーが発生しました。

  • DNS 解決エラー

    確認用の DNS レコードのルックアップでエラーが発生しました。

HTML タグ

特定のページの HTML に <meta> タグを追加すると、サイトの所有権を確認できます。メタタグが正しい位置に挿入されているかどうかが確認されます。タグを検出できない場合は、発生したエラーに関する情報が表示されます。このタグは特定のユーザーに関連付けられています。

HTML タグを使用して所有権を確認するには、そのサイトの確認の詳細ページで [HTML タグ] を選択し、表示される手順に沿って手続きします。

エラー:

確認での一般的な問題の他に、以下のようなこの方法に固有のエラーが発生することがあります。

  • ホームページで確認メタタグが見つかりませんでした。 確認メタタグは、ページの <HEAD> セクション内に挿入してください。

    このエラーが表示された場合は、次の点を確認してください。

    • 正しいページに確認メタタグが挿入されているかどうか。 メタタグはサイトのホームページに配置します。これは、サイト(例: http://www.example.com/)がリクエストされたときにサーバーが返すページです。このページの名前は通常、index.html または index.htm ですが、サーバーの設定によっては別の名前が付けられていることもあります。
    • ページの正しい位置に確認メタタグが挿入されているかどうか。 メタタグはページの HEAD セクションに配置します。正しい配置例を次に示します。
      <HTML>
      <HEAD>
      <TITLE>タイトル</TITLE>
      <meta name="google-site-verification" content="String_we_ask_for">
      </HEAD>
      <BODY>
      
    • ページの編集にウェブエディタや WYSIWYG エディタを使用する場合は必ず、「HTML の編集」オプションを選択するか、ページのソースコードを編集してください。
  • メタタグが正しくありません。

    確認メタタグを検出しましたが、コンテンツが適切ではありませんでした。エラーを防ぐには、Search Console の [確認] ページで提供されるメタタグをコピーして貼り付けてください。

  • ホームページから 200(OK)ではなく XXX の HTTP ステータス コードが返されました。

    サーバーからホームページについて 200(OK)以外の HTTP ステータス コードが返された場合、Search Console では、そのホームページに含まれているメタタグが適切であることを確認できません。HTTP ステータス コードについて詳細をご確認ください。

Google アナリティクス トラッキング コード

Google アナリティクスを使用してサイトのトラフィックをトラッキングする場合は、サイトに関連付けられた Google アナリティクス トラッキング コードを使用してサイトを確認できます。この操作を行うには、該当ページでトラッキング コードが使用されているウェブ プロパティの「編集」権限が必要になります。また、トラッキング コードで新しい非同期スニペットを使用している必要があります。

Google アナリティクスを使用して所有権を確認するには、そのサイトの確認の詳細ページで [Google アナリティクス] を選択し、表示される手順に沿って手続きします。

Google アナリティクス コードをコピーするには:
  • トラッキング コードをページの <head> セクション(<body> セクションではありません)に追加します。コードを追加しないと、確認手続きが正しく完了しません。
  • コードは変更を加えずそのまま使用します。変更してしまうと、確認手続きが正しく完了しません。

Google アナリティクス トラッキング コードはサイトの所有権を確認する目的にのみ使用されます。Google アナリティクスのデータにはアクセスしません。

注: 確認にトラッキング コードを使用する場合、その Google アナリティクス アカウントの他の管理者も Search Console でサイトのデータにアクセスできます。

Google タグマネージャ コンテナ スニペット

Google タグマネージャのアカウントがあれば、Google タグマネージャ コンテナのスニペット コードを使用してサイトの所有権を確認できます。

Google タグマネージャを使用して所有権を確認するには、そのサイトの確認の詳細ページで [Google タグマネージャ] を選択し、表示される手順に沿って手続きします。

タグマネージャのコードをコピーするには:
  • Google タグマネージャで [表示、編集、管理] のアカウント レベル権限が必要です。
  • タグマネージャのコードは、ページの <body> 開始タグのすぐ後に配置してください。そうしないと、確認手続きが正しく完了しません。
  • <body> タグとタグマネージャのコードの間に、データレイヤー(または HTML コメント以外)を挿入することはできません。許可されていないものを挿入すると、確認手続きが正しく完了しません。
  • コードは変更を加えずそのまま使用します。変更してしまうと、確認手続きが正しく完了しません。
Google サイト

Google サイトで作成した新しいページは、Search Console アカウントに自動的に表示され、確認されます。Search Console のホームページにサイトが自動的に表示されない場合は、[サイトを追加] をクリックします。サイトが自動的に確認されます。

古いサイトや、カスタム ドメイン URL を持つサイトは、HTML タグによる方法で確認する必要があります。

Google サイトでは、Search Console と同じ Google アカウントを使用してサイトを作成する必要があります。

Blogger

Blogger で作成した新しいブログは、Search Console アカウントに自動的に追加され、確認されます。Search Console のホームページに自動的に表示されないブログを、プロパティとして追加すると、自動的に確認されます。

古いブログは自動的には確認されないため、HTML タグによる方法で確認する必要があります。

ブログと Search Console の両方で同じ Google アカウントを使用する必要があります。

一般的な確認エラー

各方法に固有の確認エラーの他に、ほとんどの確認方法で起こり得る次のような確認エラーがあります。

  • サーバーへの接続がタイムアウトしました。

    サーバーがタイムアウトしたためファイルを確認できませんでした。サーバーが停止しているか、ビジー状態で応答が遅くなっていることが原因と考えられます。サーバーが応答しているかどうかを確認し、もう一度お試しください。

  • サイトのドメイン名のルックアップでエラーが発生しました。

    確認ファイルにアクセスしようとしましたが、DNS エラーによりドメインにアクセスできませんでした。サーバーが停止しているか、ドメインの DNS ルーティングに問題があることが原因と考えられます。ドメイン名が正しく解決されるかどうかを確認し、もう一度お試しください。

  • ダウンロード リクエストのリダイレクト回数が多すぎます。

    URL に無限ループなどの問題がないかどうか確認してください。

  • サーバーから無効なレスポンスが返されました。

    サイトでパスワード認証が必要か、別の原因で Google からサイトにアクセスできない場合に発生するエラーです。

  • サーバーに接続できませんでした。

    サーバーがダウンしていないこと、ドメイン名が正しく解決されていることを確認し、もう一度お試しください。

  • 内部エラーが発生しました。

    この問題が解決しないままの場合は、ウェブマスター セントラル プロダクト フォーラムで最新情報をご確認ください。

 

この記事は役に立ちましたか?