スパム行為のある構造化マークアップ

[手動による対策] ページにこのメッセージが表示された場合は、ページ上の一部のマークアップで、構造化データに関するガイドラインに準拠していない手法が使用されている可能性があることを示します。たとえば、ユーザーに表示されないコンテンツ、関連性がないコンテンツ、誤解を招くコンテンツがマークアップされているなどの偽装行為が行われているおそれがあります。

そのため Google では、サイトの該当箇所に手動によるスパム対策を適用いたしました。この対策は、検索結果でのサイトの表示方法に影響します。サイト全体に適用された対策は、[サイト全体の一致] の下に表示されます。サイトの一部に適用された対策は、[部分一致] の下に表示されます。

推奨される対処

  • Google の検索結果に表示されるようにするには、サイトのマークアップが Google の構造化データに関するガイドラインに準拠していることを確認してください。必要に応じて、既存のマークアップの更新やガイドラインに違反しているマークアップの削除を行う必要があります。
  • 変更が完了したら、再審査リクエストを送信してください。

サイトが構造化データに関するガイドラインに違反していないことが確認でき次第、手動による対策を解除させていただきます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。