ウェブサイト プロパティを追加する

Search Console アカウントにウェブサイトを追加する方法について説明します。

ウェブサイトを追加するには:

  1. Search Console のページでプロパティ選択プルダウンをクリックします。
  2. [プロパティを追加] を選択し、サイトまたはサブサイトの URL を入力して、Search Console プロパティとして作成します。プロパティの URL は最後の / 記号まで含めて、ブラウザのバーに表示されるのとまったく同じように指定します。詳しくは、下記の「どの URL を指定すればよいか」 をご覧ください。そのサイトまたはそのサイトの一部を所有していることを証明できる必要があります。
  3. 確認用のポップアップで、サイトを所有していることを証明する確認方法を選択し、ページに表示される確認手順を行います。Google がホストするサイト(Blogger や Google サイトのページなど)は自動的に確認されます。オーナー確認について詳細をご確認ください。
  4. サイトが複数のプロトコル(http:// と https://)に対応している場合、それぞれを別のプロパティとして追加する必要があります。同様に、複数のドメイン(たとえば、example.com、m.example.com、www.example.com)に対応している場合、それぞれを別のサイトとして追加する必要があります。以下の追加手順を行います。

個別に追跡するドメインやフォルダごと、およびそれらすべてを包含する最も一般的な URL ごとに別個の Search Console プロパティを作成することをおすすめします。

旅行サイトでアイルランド、フランス、スペインをそれぞれ扱うサブフォルダがある場合には、次のようなサイトを Search Console アカウントに追加することが考えられます。

  • http://www.example.com/
  • http://www.example.com/france/
  • http://www.example.com/ireland/
  • http://www.example.com/spain/

どの URL を指定すればよいか

データを取得したいドメイン、サブドメイン、またはパスブランチのそのままの URL を入力します。この URL によって、どのデータがプロパティに含まれるかが決まります。

URL 説明
http://example.com/
  • ドメインの所有権確認を使用する場合: example.com とすべてのサブドメイン(たとえば、m.example.com と www.example.com)のデータが記録されます。
  • ドメインの所有権確認以外の方法を使用する場合: サイト全体およびすべてのサブパスの http バージョンのデータが記録されます。www.example.com などのサブドメインは含まれません

すべての方法で http データのみが記録されます。https データが必要な場合は、別の https プロパティを作成する必要があります。

https://example.com/ サイトの https バージョンのデータのみが記録されます。サイトの http バージョンは含まれません。http データを記録するには、別の http プロパティを作成する必要があります。
http://example.com/foo/ www.example.com のサブパス /foo/ のデータのみが記録されます。www.example.com と www.example.com/foo/ の両方のプロパティを作成すると、親のほうには /foo/ サブパスだけでなく他のすべてのサブパスのデータも含まれます。
http://m.example.com/ m.example.com ドメインとすべてのサブパスのデータのみが記録されます。

ラテン文字以外の文字のサポート

Search Console では Internationalizing Domain Names in Applications(IDNA)をサイト URL としてサポートしています。ドメイン名は通常どおり入力するだけで、Search Console で正しく表示されます。たとえば、[プロパティを追加] ボックスに http://bücher.example.com/ と入力すると、正しく表示されます。

データの収集はいつ開始されるか

プロパティを Search Console アカウントに追加するとすぐに、そのプロパティの確認前でも、データ収集が開始されます。アカウントにそのプロパティを追加したユーザーがいる限り、確認済みの所有者がいるかどうかにかかわらず、データ収集は継続されます。ただし、データは一定期間のみ保管され、その後削除されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。