検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

「詳細な記事」機能に表示される記事

特定の人物や組織の名前、またはその他幅広いトピックについて Google で検索すると、「詳細な記事」という見出しの付いた検索結果が表示されることがあります。こうした検索結果は、特定のテーマについて学んだり知識を深めたりできる、質の高いコンテンツを提供しているページです。この機能のベースとなっているのはアルゴリズムによる信号ですが、ウェブマスターの皆様にいくつかの手順を行っていただくことにより、高品質で詳細な内容のコンテンツを Google で認識しやすくなり、おすすめの記事として検索結果ページに表示できるようになります。

「詳細な記事」機能向けにサイトを最適化する

schema.org の Article マークアップ

Google では通常、ユーザーにとって最適な検索結果が表示されるように、ページに記述されているメタデータを可能な限り解釈します。その際、schema.org の Article マークアップがページに実装されていると大変役立ちます。特に、次の属性を含めることをおすすめします。

  • headline
  • alternativeHeadline
  • image(注: 該当の画像はクロールやインデックス登録に対応できる必要があります)
  • description
  • datePublished
  • articleBody

ページ指定と正規化

複数のページで構成されるコンテンツの場合、rel=next や rel=prev を使用した適切なページ指定マークアップを行うことにより、Google のアルゴリズムはそれらの記事の範囲を正しく特定できるようになります。さらに、正規化を正しく実装することも重要です。つまり、個別のページまたは「すべて表示」ページのいずれかにリンクする rel=canonical を設定します(複数のページで構成されるコンテンツの 1 ページ目にはリンクさせないでください)。詳しくは、ページ指定正規化をご覧ください。

ロゴ

ロゴは、ユーザーが一目で記事の提供元を認識できる点で大きな効果があります。ウェブサイトに使用するロゴに関するヒントを Google に提供する方法は 2 つあります。
  1. Google+ ページを作成してウェブサイトにリンクする。デフォルト画像として公式のロゴまたはアイコンを選択します。
  2. Organization マークアップを使用して組織のロゴを指定する。

ロゴについての変更が検索結果に反映されるまで時間がかかることがあります。

定期購入とペイウォール コンテンツ

サイト運営者は、ペイウォール コンテンツを構造化データで囲んで、Google がペイウォール コンテンツとクローキング行為を区別できるようにする必要があります。クローキングとは、Googlebot に配信されるコンテンツと、ユーザーに配信されるコンテンツが異なる場合を指します。

構造化データの実装に関する仕様について詳しくは、デベロッパー向けのドキュメントをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。