メール テンプレートのタグ付け

構造化データ マークアップ支援ツールの手順に沿って、次のタイプのデータを含むメールをマークアップできます。

これらのデータタイプのスキーマは schema.org コミュニティで現在審査中であり、最終的なスキーマは異なる可能性があります。Google は schema.org で改訂されるスキーマをサポートし、移行の必要がある場合は、できるだけスムーズに移行できるように努めます。
schema.org とは

schema.org は、ウェブ上でデータを記述する共通のボキャブラリを作成してウェブを改善するための、Google、Microsoft、Yahoo! による共同の取り組みです。HTML ページに schema.org のマークアップを追加すると、Google 検索を含む多くの企業やサービスがそのサイトのデータを認識できるようになります。同様に、HTML 形式のメールに schema.org のマークアップを追加すると、Gmail をはじめ他のメール サービスもデータを認識できるようになります。

どのマークアップ タイプを使用しても schema.org のボキャブラリでデータを記述できます。マークアップ支援ツールは microdata と JSON-LD の使用に対応しています。

schema.org について詳しくは、schema.org に関するよくある質問をご覧ください。

メール テンプレートをタグ付けする:

  1. マークアップ支援ツールにアクセスします。

    1. Search Console のホームページで、[その他のツール] をクリックします。
    2. [構造化データ マークアップ支援ツール] をクリックします。
    3. [メール] タブをクリックします。
  2. メールの HTML ソースを貼り付けます。その際、HTML ソースを貼り付けるように注意してください。HTML ソースとは、ウェブブラウザ上のメールを右クリックして [ソースを表示] をクリックしたときに表示される HTML タグと HTML テキストのことです。
  3. タグ付けするデータのタイプを選択します。たとえば、フライトの予約に関するメールを送信する場合は、[フライトの予約] をクリックします。
  4. [タグ付けを開始] をクリックします。
  5. タグ付けページで情報をタグ付けして、メールにどのようにデータを表示するかをマークアップ支援ツールに示します。
    1. マウスを使用して画像またはテキストを選択します。
    2. 選択すると表示されるメニューで、選択したデータのタイプをクリックします。たとえば、[名前] をクリックします。
    3. 引き続きすべての必須データと利用できる省略可能なデータのタイプを選択し、クリックします。

    役立つヒント

    • [マイ データ アイテム] では、まだタグ付けしていな各必須データ アイテムの横に [必須] と表示されます。ページで必須データが不足している場合は、不足データを追加できます。
    • 同じタイプのタグを 2 つ以上一貫したパターンで適用すると、マークアップ支援ツールはページ上のその他の同様のアイテムも自動的にタグ付けします。たとえば、日付を 2 回、名前を 2 回タグ付けした場合、マークアップ支援ツールはそのページの他の日付と名前も自動的にタグ付けします。
    • テキストや画像はそれぞれ 1 度しかタグ付けできません。たとえば、イベントの名前がイベントの URL のハイパーテキスト リンクにもなっている場合は、名前としてタグ付けするか、URL としてタグ付けするかを決める必要があります。schema.org では 1 つの要素に複数のタグを追加することが認められないので、サンプルをダウンロードした後、手動で microdata を追加できます。
    • 日時情報が複数に分かれている場合(たとえば、ページの上部に年が表示され、月と日がページの中央部に表示される場合)、個々の部分をタグ付けできます。日付のタグ付けをご覧ください。
  6. [マイ データアイテム] 列にデータを表示して、タグ付けを確認します。警告アイコン(Alert Icon)が表示された場合は、アイコンのデータをクリックします。たとえば、「Alert IconBoston」と表示された場合は「Boston」をクリックします。タグ付けを確認して、次のいずれかを行います。
    • タグ付けが正しくない場合は、データの [X] をクリックします。データをタグ付けし直します。
    • タグ付けが正しい場合は、警告アイコン(Alert Icon)をクリックして [警告を消去] を選択します。
  7. [HTML を作成] をクリックします。

[HTML を作成] をクリックすると、マークアップ支援ツールに HTML ソースが表示されます。マークアップ支援ツールによって追加されたマークアップがハイライト表示されます。

次のステップ

マークアップしたサンプルは最後にアクセスした時点から 1 か月間保存されます。そのため、サンプルをブックマークしておけば、構造化データ マークアップ支援ツールに戻って変更や追加を行えます。アクセスしていない期間が 1 か月を超えると、サンプルは削除されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。