ページを 1 つだけ含むページセットの作成

ページを 1 つだけ含むページセットを作成する手順は、複数のページを含むページセットの作成とは異なります。

たとえばすべてのイベントや商品について 1 つのページに記述する場合などに、1 つのページだけを含むページ セットを作成できます。

ページを 1 つだけ含むページセットを作成する:

  1. Search Console のホームページで、確認済みのサイトをクリックします。
  2. ダッシュボードで [検索のデザイン] をクリックします。
  3. [データ ハイライター] をクリックします。
  4. ページを指定します。
    1. [ハイライト表示を開始] をクリックします。
    2. ページの URL を入力します。たとえば、「www.example.com/events/details/101112.html」と入力します。
      データ ハイライターを使用するには、1 つのページ セットにあるすべてのページが確認済みのサイトと同じドメイン内にある必要があります。たとえば、ウェブマスター ツールのホームページで www.example.com サイトをクリックしたら、データ ハイライターでは www.example.com で始まる URL が必要となります。
    3. ページから抽出するデータの種類を選択します。
    4. [このページだけをタグ付けする] をクリックします。
    5. [OK] をクリックします。
  5. 情報をタグ付けして、そのページがデータをどのように表示するかをデータ ハイライターに伝えます。
    1. タグ付けページで、マウスを使用して画像またはテキストを選択します。
    2. 選択すると表示されるメニューで、選択したデータのタイプをクリックします。たとえば、[名前] をクリックします。
    3. 引き続きすべての必須データのタイプと、省略可能なデータのうち利用できるものがあればそのタイプを選択し、クリックします。

      役立つヒント。

      • [マイ データ アイテム] では、まだタグ付けされていない各必須項目の横に [必須] と表示されます。 ページで必須データが不足している場合は、不足データを追加できます。
      • 同じ種類の 2 つ以上のタグで構成される一貫したパターンを適用している場合には、データ ハイライターはそのページの他の類似する項目を自動的にタグ付けします。たとえば、日付を 2 回、名前を 2 回タグ付けした場合、データ ハイライターはそのページの他の日付と名前を自動的にタグ付けします。
      • ハイパーテキスト リンクでもあるイベント名をタグ付けすると、データ ハイライターは自動的にそのリンクの URL をイベントの URL として使用します。イベントの URL に関する説明については、データ ハイライター - イベントをご覧ください。
      • 日時情報が複数に分かれている場合(たとえば、ページの上部に年が表示され、月と日がページの中央部に表示される場合)、個々の部分をタグ付けできます。日付のタグ付けをご覧ください。
      • 評価情報が複数に分かれている場合(たとえば、ページの中央部に実際の評価が表示され、フッターに評価の最高点が表示される場合)、個々の部分をタグ付けできます。評価のタグ付けをご覧ください。
    4. [マイ データアイテム] 列にデータを表示して、タグ付けを確認します。警告アイコン()が表示された場合は、アイコンのデータをクリックします。たとえば、「Boston」と表示された場合は「Boston」をクリックします。タグ付けを確認して、次のいずれかを行います。
      • タグ付けが正しくない場合は、データの [X] をクリックします。データのタグを付け直します。
      • タグ付けが正しい場合は、警告アイコン()自体をクリックして、[警告を消去] を選択します。
    5. [完了] をクリックします。

    データ ハイライターは自動的にそのページを公開します。Google が次回そのページをクロールするとき、ページ セットの構造化データは [構造化データ] ページに表示されます。そのデータがリッチ スニペットとして Google ナレッジグラフや他の Google サービスに表示されるまでには、時間がかかることがあります。サイトのリッチ スニペットが表示されない場合は、考えられる理由の説明をご覧ください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。