検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ハッキングとハッキングされたコンテンツ

ハッキングされたコンテンツとは、サイトにセキュリティ上の脆弱性があるために、ウェブマスターの許可なくサイト上に置かれたコンテンツのことです。Google では、ユーザーを保護し、検索結果の信頼性を維持するため、ハッキングされたコンテンツが検索結果に含まれないようにすべく最善を尽くしています。ハッキングされたコンテンツによって、有用でない検索結果がユーザーに表示されるだけでなく、ユーザーのパソコンに悪意のあるコンテンツがインストールされるおそれもあります。サイトのセキュリティを維持し、ハッキングされたコンテンツを見つけたときは直ちにクリーンアップすることをおすすめします。

不正なハッキングの例としては、次のようなものが挙げられます:

  • コンテンツの挿入
    ウェブサイトへのアクセス権を手に入れたハッカーが、サイト上の既存ページに悪意のあるコンテンツを挿入しようとすることがあります。コンテンツの挿入は多くの場合、悪意のある JavaScript をサイトに直接、または iFrame に挿入するという形で行われます。

  • コンテンツの追加
    ときには、セキュリティ上の欠陥によって、ハッカーがサイトにスパム コンテンツや悪意のあるコンテンツを含む新しいページを追加できるようになっていることがあります。このようなページは多くの場合、検索エンジンを操作することを意図しています。サイトの既存ページにはハッキングされた形跡が見られなくとも、このような新たに作成されたページによって、サイトにアクセスしたユーザーや検索結果におけるサイトのランキングに悪影響が及ぶおそれがあります。

  • 隠しコンテンツ
    ハッカーがサイト上の既存ページをひそかに操作しようとすることもあります。ハッカーの目的は、検索エンジンには認識されるものの、ウェブマスターやユーザーが見つけることは難しいようなコンテンツをサイトに追加することです。このようなコンテンツの追加は、CSS や HTML を使用してページに隠しリンクや隠しテキストを追加する手法や、クローキングのようにより複雑な変更を加える手法で行われます。

  • リダイレクト
    ハッカーは、有害なページやスパム ページにユーザーをリダイレクトする悪質なコードをウェブサイトに挿入することがあります。この種のリダイレクトは、リファラー、ユーザーエージェント、デバイスによって挙動が異なる場合があります。たとえば、Google 検索結果で URL をクリックすると、不審なページにリダイレクトされる可能性がありますが、同じ URL にブラウザから直接アクセスした場合はリダイレクトされません。

不正なハッキングに対抗する最も効果的な方法は、まずハッキングをさせないことです。ハッキングされたコンテンツの予防やクリーンアップに役立つ記事もご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。