データ ハイライターについて

データ ハイライターはウェブマスター ツールの 1 つで、ウェブサイトの構造化データのパターンを Google に伝えるものです。データ ハイライターを使用すると、マウスで簡単にサイトのデータ フィールドをタグ付けできます。データをタグ付けすると、Google がそのデータをより効果的に、また新しい方法で、検索結果や Google ナレッジグラフなどの他の Google サービスに表示できるようになります。

 

データ ハイライターを開く

 

たとえばサイトにイベントの一覧がある場合などに、データ ハイライターを使用してサイト上でイベントにデータ(名前、場所、日付など)をタグ付けすることができます。Google が次回そのサイトをクロールすると、イベントデータを検索結果ページのリッチ スニペットとして表示できるようになります。

複数のイベントがあるページのリッチ スニペット。

データ ハイライターは Google が最近クロールしたページにのみアクセスできます。Google が一部のページ(ログイン フォームのページなど)をクロールしていない場合、またはクロールできない場合は、これらのページにデータ ハイライターを使用することはできません。

サポートされるデータタイプ

データ ハイライターでタグ付けできるのは、サイトにある次のタイプのデータです。

ページセットを使用したページの整理

データ ハイライターにサイトのどのページにデータを含めるかを指示するには、ページセットを作成します。ページセットとは、一貫してデータ(同一のテンプレートから生成されている場合があります)を表示し、URL が単純なパターンとなるように整理されたサイト上のページの集まりです。データ ハイライターはページ セットに含まれているページのみを Google に伝えます。

データ ハイライターは、データ構造を指定する HTML マークアップを既に含んでいるページについては Google に伝えません。サイトの一部のページに既に HTML マークアップが含まれている場合でもデータ ハイライターを使用できますが、データ ハイライターが Google に伝えるのは、マークアップが含まれていないページからのみです。

サイトがさまざまな方法(音楽イベントと講演イベントに異なるテンプレートを使用するなど)でデータを整理している場合は、整理ごとにページ セットを作成することができます。

たとえば、次のページの音楽イベントと講演イベントに関する情報を含めるサイトを考えてみてください:

  1. www.example.com/events/music/pop/pop-music.html
  2. www.example.com/events/music/classical/classical-music.html
  3. www.example.com/events-speaking/europe/europe-reviews.html
  4. www.example.com/events-speaking/asia/asia-reviews.html

ページ 1 と 2 は両方とも音楽イベントを記述しており、URL が単純なパターンとなっているため、次のような 1 つのページ セットに含まれる可能性があります: www.example.com/events/music/*/*(* はそれぞれ単一の URL 要素のワイルドカードです)。

同様に、ページ 3 と 4 は両方とも講演イベントを記述しており、URL は単純なパターンとなっているため、次のような別のページ セットに含まれる可能性があります: www.example.com/events-speaking/*/*

ページ セットの変更の検出

Google がサイトのページをクロールするたびに、データ ハイライターはデータを抽出し、そのデータをリッチ スニペットに使用できるようにします。ページの情報表示方法やサイトの URL に大きな変更を加えた場合は、元のページセットを削除して、データ ハイライターにサイトの新しい構造を伝える必要があります。

準備が完了したら

データ ハイライターの使用を開始するには、ページセットを作成します。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
4890095835927514289
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
83844